婚活・結婚相談なら結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

彼と「アモーレ」な関係になるためには? 長友選手に学ぶ愛情表現

彼と「アモーレ」な関係になるためには? 長友選手に学ぶ愛情表現

内藤みかの恋活NEWSウォッチ【第39回】

 

サッカー日本代表の長友佑都選手の「アモーレ」発言が話題になっています。「アモーレ」とは愛しい人、という意味のイタリア語。メディアの前で言いきった衝撃や言葉の新しさもあり「アモーレ」は一躍流行語となっています。この発言により、恋愛感情を言葉ではっきり伝えることの大切さも見えてきました。

 

■堂々と好きだと言うこと

 

異性との交際が噂された際、多くの有名人は認めるとしても「大切な存在」「いいお付き合いをさせていただいています」などと、オブラートにくるんだ物の言いかたをするのがほとんどです。男女関係をはっきり直接的に言わないところが日本人らしい奥ゆかしさだと、今までは思われていたのです。

 

けれども長友選手は、あまりにもさらっと噂になった女性のことを「僕のアモーレです」と言い切りました。大勢の人が見るテレビ取材でそう言い切るカッコよさに、世間もしびれました。彼がそれほどまでに恋人を愛している思いが、伝わってきたからです。誰に知られてもかまわないくらい好きで結婚も考えているのだな、と。その堂々とした姿は本当に堂々としていて、日本人の恋愛意識に変化をうながすほどの刺激剤となりました。アモーレと言われた女優の平愛梨さんも、とても嬉しかったはずです。実際、取材で彼女も「ティアモ(愛しています)」と同じくイタリア語で彼のことを語りました。

 

■情熱の国・イタリア

 

なぜイタリア語だったかというと、長友選手はいま、イタリアセリエAでプレイしているから、日常的にイタリア語が出てくるのでしょう。イタリア人といえば、男性が女性をほめちぎることでも知られています。イタリア人男性は、結婚してからも妻に「綺麗だよ」と日々、囁き続けるのだとか。そんな情熱を、長友選手もイタリアで過ごすうちに身につけていたのかもしれませんね。

 

サッカーというスポーツが流行することで、私たち日本人の感覚や行動にも大きな変化をもたらしてきたと思います。ゴールを決めたあとに雄々しいポーズなど思い思いの行動で喜びを爆発させ、グラウンドを走り回ってアピールすること、観客席もウェーブを作るなどのアクションで派手に応援することなどで、今までよりも感情をさらけだし、心を開きやすくなってきたと思われます。こうした動きが恋愛関係にも現れたのが、今回の「アモーレ」発言だったのでしょう。

 

■日本人も愛情を言葉に

 

「私の彼は、全然好きだと言ってくれない」

「私のことなんて、もうどうでもいいのかもしれない」

そんな風に嘆く日本女性が少なくありません。聞くと、彼氏が愛情を言葉に出してくれないので、不安になっているのです。言わなくても伝わるだろう、などと照れ隠しに言う日本人男性が大勢いますが、やはり女性ははっきりと言葉にしてくれることで安心をするので、言ってもらいたいですよね。ではどうしたら照れるようなセリフをさらっと言えるようになるのでしょう。

 

わざわざイタリアへ行かなくても、彼氏が愛の言葉を囁くようになる方法はあります。それは、まず自分(女性)のほうから、愛を囁くようになればいいのです。最初は照れて言ってくれなかった彼も、だんだん女性からの愛情表現に慣れてくると、自然と口にするようになっていきます。誰だって好きな人に褒められたり好きだよと言われたらうれしいものです。なのでまず、自分から相手に愛情を伝えていくといいでしょう。

 

■未来につながる愛情表現

 

「彼が愛してると言ってくれない」と嘆いている女性に聞くと、大抵自分自身も彼への愛情表現をしていないのです。「そういうのは男のほうからするものでしょ?」と、自分では何もしない場合、愛情のキャッチボールができないのですから、男性も何もしなくなってしまうのです。まずは自分自身が素直に感情を口にすれば、次第に彼も心を開いていくことでしょう。

 

最近、長友選手は健康商品を扱う会社を始めました。将来、サッカー選手でなくなった時のキャリアを考えてのことだそうです。前向きに未来を考えるようになった理由のひとつに、アモーレの存在や彼女との今後の人生計画もあったと思われます。愛する人の存在は、人を良い方向に変えていきます。そんな「アモーレ」目指して、少しずつ気持ちを言葉にしていきましょう。

連載 内藤みかの恋活NEWSウォッチ

関連する投稿

ライタープロフィール

内藤みか

ないとう みか

作家/脚本家/イケメン評論家。山梨県出身。
『イケメンと恋ができる38のルール』(ベストセラーズ)、『年下オトコ×年上オンナ』(ゴマブックス)など著書80冊以上。
ラジオドラマ脚本『婚活バスは、ふるさとへ』(YBS)で文化庁芸術祭優秀賞&日本民間放送連盟賞優秀賞。
舞台脚本『男おいらん』はマンガ化や小説化も。イケメン電子写真集『Japanese Hot Guys』ではカメラも。
「内藤みかのイケメンブログ」

http://ameblo.jp/micanaitoh/

恋サプリ新着記事一覧
  • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

  • 恋愛力の強みと弱みを数値化

  • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

  • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

恋サプリの処方箋 一覧
恋サプリライター一覧