婚活・結婚相談なら結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

結婚前から知っておきたい! 妊娠した後のさまざまな事前準備

結婚前から知っておきたい! 妊娠した後のさまざまな事前準備

内藤みかの恋活NEWSウォッチ【第25回】

 

「私、40歳で出産するって決めてるんだ。でも相手はまだいない。39歳までには見つけなくちゃ」

そんな風に言う女性が最近増えています。子どもを産む年齢を先に目標設定してしまうのです。しかし多くの女性が計画しているのは出産年齢だけ。妊娠したら、そして出産後にどのようなことが待ち受けているかを把握しておくと、いざという時に慌てずに済むかもしれません。

 

■妊娠と出産準備

 

妊娠すると、結婚前のカップルの場合、自然と入籍の話になることが多いです。つまりはおめでた婚(できちゃった婚)となり、婚姻届けの提出や、慌てて結婚式を挙げたり親戚への挨拶など、体調が不安定な中、あちこち出かけなくてはならないので肉体的にはかなり大変です。厚労省の「人口動態統計(2014年)」によると、おめでた婚とされる夫婦(結婚10ヶ月未満に出産)は24.7%。実に4組に1組が結婚と出産準備が同時に発生しているようです。

 

妊婦になると、女性の体に変化があらわれます。つわり、お腹が大きくなるなど、経験したことがないことだらけで体調管理に手一杯かもしれません。けれど男性は我が身のことではないので、どうしたらいいかわからずオロオロするだけのことが多く、この時点でケンカが発生するカップルも少なくありません。この頃は、両親学級などを開催する自治体や産院も多いので、早いうちから男性側にも知識を持ってもらうことが必要です。

 

■出産と里帰り

 

出産は命がけで挑む大切なイベント。どこで産むのかは、実際に見学などしてよく考えて決めたほうがいいでしょう。今は選択肢が広がっているので、水中出産、無痛分娩など、出産スタイルもいろいろな種類があります。納得いく産院で、納得のいくお産をしたいのであれば、産院は予約制のところもあるので、早めに行動するにこしたことはありません。また、マタニティヨガやマタニティスイミングをするのか、仕事を妊娠何ヶ月目まで続けるのか、仕事は続けるのか、しばらく専業主婦になるのか……実は、夫婦で考えて決めていかなくてはならないことは、驚くほどたくさんあるのです。

 

里帰り出産し、実家で子育てのスタートを切るか、今の住まいの近くで出産し、夫やヘルパーさんの助けを借りて子育てを始めるかも迷うところです。そして里帰り中、こっそり浮気を楽しむ夫も一部にいるようです。夫が浮気をしそうかどうかも大事なチェックポイントなのです。

 

■保活とママ友

 

そして、仕事を持つ女性にとって大切なのは、産後の職場復帰をいつにするかということ。復帰スケジュールに合わせ、保育園探し(保活)も始めなくてはならないのです。地域によっては、生まれる前に保育園の予約をしておかなくてはならないほどの激戦で、いくつもの園を見学してまわらなければなりません。帰宅が遅くなったり、熱を出したりした時のためのシッターさんも探しておく必要があります。公立に入れない場合は民間保育園に託さざるをえません。その場合、保育料が高額となり、給料のほとんどが保育料とシッター代に消えたというケースもあるようです。

 

そんなにお金がかかるのなら働く意味が見出せない、と専業主婦を選ぶ人もいれば、どんなにお金がかかっても働きたいから、と仕事を続ける人もいます。けれど育児に手がかかる数年を過ぎ、小学校に入学すれば、保育料はかからなくなります。この数年を乗り切れるかどうかがカギですが、2人目が生まれるのであれば、さらにもうひとり分の費用や手間を覚悟しなくてはなりません。

 

■妊活する前に

 

育児は、出産前からは想像もしていなかったほどのさまざまな手続きに満ちていて、そのたびに夫と話し合いをして乗り切っていくことになります。時には理不尽だったり思い通りにならなかったりで、つらくなることもあるかもしれません。中には離婚をして、シングルマザーとして子育てをしていかなくてはならないケースもあるでしょう。けれど、さまざまな苦労も、子どもの笑顔があるからこそ、乗り越えていけるものなのです。そして大変さを乗り越えた時には、夫婦や親子の絆がより一層深くなっていることでしょう。

 

2013年にドコモ・ヘルスケアが妊活意向のある35歳の女性に調査したデータでは「2020年の東京オリンピックは自分の子どもと観戦したい」と答えた人は64.4%もいました。今妊娠したらいつ頃出産し、いつ頃から保育園に預け……などと、彼とふたりで何年か先の人生計画を考えてみるのも、立派な妊活だと思います。

連載 内藤みかの恋活NEWSウォッチ

関連する投稿

ライタープロフィール

内藤みか

ないとう みか

作家/脚本家/イケメン評論家。山梨県出身。
『イケメンと恋ができる38のルール』(ベストセラーズ)、『年下オトコ×年上オンナ』(ゴマブックス)など著書80冊以上。
ラジオドラマ脚本『婚活バスは、ふるさとへ』(YBS)で文化庁芸術祭優秀賞&日本民間放送連盟賞優秀賞。
舞台脚本『男おいらん』はマンガ化や小説化も。イケメン電子写真集『Japanese Hot Guys』ではカメラも。
「内藤みかのイケメンブログ」

http://ameblo.jp/micanaitoh/

恋サプリ新着記事一覧
  • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

  • 恋愛力の強みと弱みを数値化

  • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

  • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

恋サプリの処方箋 一覧
恋サプリライター一覧