結婚相談所・婚活するならツヴァイ

男のFacebookにおけるNG行動【コメント編】

男のFacebookにおけるNG行動【コメント編】

女ゴコロをつかむ、男の恋活マナー 3points【第18回】

 

Facebookは、恋愛にも便利なツール。気になる女性の投稿は、ついつい気になって見てしまいますね。いいねやコメントで、距離を縮めたいものですが、なかには、女性に嫌われる行動をしている人も。あなたは、大丈夫ですか?

 

◆「頼りがい」をアピール!? コメントでお説教をする

 
男性は女性に比べ、「自分の力を認めてもらいたい」という承認欲求が強い生物です。コメント欄でも、「俺はすごいんだぜアピール」をしたいのか、アドバイスやお説教をはじめている男性をお見受けします。

 

例えば、このようなやりとりです。
 
女性の投稿文:(パンケーキの写真とともに)「今朝は、パンケーキを焼きました。母のお手製いちごジャムをたっぷりのせて、至福の朝ごはん!」
 
お説教コメント:「朝から甘いものを食べると、血糖値が急激に上昇して、疲れやすくなるよ。ほどほどにしたほうがいいね。」

 

女性の投稿に対し、求めていないアドバイス。

もしこれで、女性からの「わぁ、いろいろ知っていてすごい!」「アドバイスをしてくれてうれしい!」という尊敬を得られると思っていたら、とんでもない勘違いです。例え正論でも、うっとうしいだけです。

 

 

◆「親しさ」をアピール!? 馴れ馴れしいコメントをする

 

「わざわざコメント欄に書かなくていいのに……」というような、空気の読めない、馴れ馴れしいコメントをしている男性をお見受けします。特に、当人にしかわからないようなコメントは、時に、女性に恥をかかせてしまいます。
 
例えば、こんなやりとりです。
 
女性の投稿文:(飲み会の写真とともに)「昨夜は、同じプロジェクトチームのメンバーとの飲み会でした。ワインでほろ酔い、楽しかった~!」
 
馴れ馴れしいコメント:「お疲れ様。昨日はずいぶん飲んでたね。帰りは千鳥足だったので心配だったよ。ちゃんと帰れたかな?」
 
たいして親しくもない男性から、こんなコメントがついたら、女性は、即削除したくなります。
 
 

◆「存在感」をアピール!? 知らない男性からの褒めコメント

 
知らない男性からの「おキレイですねー」という突然の褒めコメント。

 

女性としては「いきなり褒められてもなぁ。そもそも、あなた、誰?」と困惑するばかりです。
 
男性としては、とりあえず褒めることから始めて、つながるきっかけを作りたいというところでしょうが、これは裏目に出てしまいます。
 
というのも、見ず知らずの男性に容姿を褒められても、それほど心には響かないもの。むしろ、いきなり容姿を褒められてしまうと、「この人、変な人なのかしら?」と、警戒してしまうのが女性の本音です。
 
残念ながら、知らない男性からの突然のコメントを、無条件に歓迎できる女性はいません。

 

基本、コメントをするのは、実際にリアルで会ったことのある女性だけにしておきましょう。

 
女性が喜ぶコメントをするために、男性に心がけていただきたいことは、たったひとつ。
 
それは「コメントはギフトである」という意識です。
 
誰かにプレゼントを買うとき「何を選べば、喜ぶだろう?」と、相手の立場になって考えますよね。それと、まったく同じです。「どんなコメントをすれば、相手が喜ぶだろう?」と考えれば、おのずと、おかしなコメントはしなくなるはずです。
 
「コメントはギフト」

 

書きこみをする前に、このフレーズを思いだしてくださいね。

連載 女ゴコロをつかむ「男の恋活マナー」3point

関連する投稿

    ライタープロフィール

    樋口智香子

    ひぐち ちかこ

    マナーコンサルタント。魅力が伝わる「愛されマナー術」主宰。
    資生堂ビューティコンサルタントを10年間務め、5万人以上を接客。美しい振る舞いを徹底的に身につけた後、キッザニア東京へ転職。ていねいな接客が内外から賞賛される。
    接客マナー、ビジネスマナーなどの講師のディプロマを取得後、フリーのマナーコンサルタントに。「すぐに実践できる」、「役に立つ」と定評のあるマナー講座を法人・個人に行っている。

    恋サプリ新着記事一覧
    • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

    • 恋愛力の強みと弱みを数値化

    • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

    • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

    恋サプリの処方箋 一覧
    恋サプリライター一覧