婚活・結婚相談なら結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

婚活パーティーが変化した!慣れないマスクが悲劇を生む?出会いに繋げる3つのポイント

婚活パーティーが変化した!慣れないマスクが悲劇を生む?出会いに繋げる3つのポイント

アラフォー婚活カウントダウン【第6回】

婚活もオンライン化が進んでいますが、本音を言えば直接会ってお話がしたいし、相手の本質や結婚に前向きか肌感覚で確認したいところ。

最近の婚活事情を調べてみるとオンラインが流行する一方で、主であった婚活パーティーやお見合いなどが、時代に合わせた変化を遂げていることがわかりました。そこで今回、新たな出会いを求めて婚活パーティーへ参加。運命の出会いに繋げる3つポイントをお伝えします。

 

 

婚活業界の変化

 

休業要請が解除となり、婚活パーティーやイベントが再開していますが、感染への不安から参加に躊躇する人も多いはずです。各企業は「安心・安全」を徹底し力を入れているようです。

今回参加したイベントでは以前より開催規模を少人数制とし、密にならないように半個室に横並びで距離を取って座り、男女の間には飛沫防止のアクリルパネルが設置されていました。

パーティーの参加前後には手指消毒や受付の際には熱の有無や体調確認、またパーティー中のマスクの使用が義務付けられていました。

 

 

慣れない環境が悲劇を生む!

 

マスクをしながらのトークタイムには落とし穴が待っていました。

 

・相手の男性の顔がよくわからない

終始マスクをしている為、お顔全体の把握ができません。好みのタイプなのか?歯並びはどうか?最低限のエチケットとして鼻毛は出ていないか?などチェックができません!第一印象を決める1つの表情が除外されてしまい、他の部分から情報を収集するしかありませんでした。

 

・声が聞き取りにくい

マスク越しのために、声の小さい方やこもってしまう方は、特に声が聞こえにくかったです。一斉にトークタイムに入る為、他者の声にかき消されてしまいます。またアクリルパネルや適度の距離がジャマをして、さらに聞こえにくい状況に!失礼ながら何度か聞き返すことになってしまいました。

 

・感情が読み取りにくい

顔の半分以上がマスクで覆われている為、感情が読み取りにくかったです。会話は続いていたとしても、楽しいと感じているのかどうか?好意的に思っているかなど確認することが非常に難しく感じました。

 

 

マスクリスクを逆手に取って自己アピールへ

 

数人の男性と話す中で、このままではせっかくの出会いが水の泡になると感じ、マイナス環境を逆手に取って自己アピールにつなげる方法をトライしました。

男性の反応は一気に変わり、ファーストインプレッションでは全員から「いいね」をいただくことに成功しました!

 

①はじめましてとありがとうスマイル

終始マスクの使用とのことでしたが、話さなければ飛沫感染リスクはほぼ0。

そこで男性が私のいる席に着いてこちらを確認したタイミングでマスクを取り、笑顔で微笑みました。すると全ての男性が同じように、マスクを取ってお顔を見せてくれました。第一印象チェックもできますし、笑顔には緊張をやわらげる効果もある為、トーク開始からスムースに会話が弾みました。

 

 

そして最後にだめ押し!トーク終了の合図とともに「ありがとうございました」と挨拶し、またマスクを取って男性に微笑むのです。

初頭効果(最初に与えられた情報が後の情報に影響を及ぼす現象)と親近効果(最後に与えられた情報が前の情報に影響を及ぼす心理効果)のダブル効果で印象付けを行いました。

 

②声のトーンを上げ、自分のペースに引き寄せる

人は誰かと話す時に、相手の声の調子やボリュームに合わせようとすると言われています。特に声の小さい人の方が相手の影響を受けやすい傾向があるのです。

 

 

そこで、私の声をやや大きくし、また抑揚をつけ、明るく楽しい会話を進めました。すると相手の男性も次第に声が大きくなり、聞こえます?なんて確認してくれる方もいましたね。初対面ではありましたが、笑ってしまうこともあり、この人と一緒にいると楽しい!を実感するキッカケ作りができました。

 

③全身で感情を表現する

人間の五感による知覚割合は、視覚が8割以上と言われています。ですから言葉だけで何かを伝えようとしても伝わりません。そこで言葉とジャスチャーと相槌などを巧みに使い、全身で感情を表現してみました。いつもより大きくうなづいたり、すごいと感じたことには拍手をしたり、嬉しいことや楽しいことには小さなバンザイをしたりしました。また座る姿勢にも気をつけて、斜め45度の角度で相手の方向を向き、マスクで隠れる口元も常にスマイルをキープ。

すると目には表情が宿り、視線の先にいる男性を見つめれば、照れてしまう方や今日来てよかった!とその場で交際を希望する方まで現れました。

 

 

変化で得たプラスとは

以前より1度に出会える人数は減り、感染への不安はありますが、全てがマイナスに転じてしまったかというとそうではありません。

人数が少なくなったことでトークタイムの時間が延長され、より相手を知ることができるのではないかと思います。また男女ともに誰かと一緒にいたいという気持ちが強くなっていることが、カップル成立率の上昇にも繋がっているとも思います。こんな状況の中でも活動している人は、今まで以上に真剣な出会いを求めている人が多く、結婚を希望するアラフォー女性には良いタイミングなんじゃないかなと思いました。

私のパーティー結果は第一印象の男性とカップルとなり、結婚に向けてお付き合いがスタートしそうです。

 

連載 アラフォー婚活カウントダウン

関連する投稿

ライタープロフィール

田川あさみ

田川あさみ

結婚を前提にお付き合いしていた彼と半年前に破局。
38歳アラフォー女に泣いている時間はない!と本格的に婚活をスタート。
目指すゴールは40歳までに第一子出産♪
逆算すると次の誕生日までに滑り込み婚を叶えなければ……。
今まであんがいモテ人生(だったかな?)だからこそ、ガチ婚活に大苦戦。
アラフォー婚活の現状を赤裸々に綴ります。

恋サプリ新着記事一覧
  • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

  • 恋愛力の強みと弱みを数値化

  • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

  • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

恋サプリの処方箋 一覧
恋サプリライター一覧