婚活・結婚相談なら結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

婚活パーティで視線が集中! 淑女の優雅な立ち居振る舞い

婚活パーティで視線が集中! 淑女の優雅な立ち居振る舞い

気品あふれる「淑女」になれる花嫁教室【第3回】

パーティ会場など多くの人が集まる場で、なぜか人目をひく、とても魅力的な女性がいますね。外見に大きな特徴がなくても目立つ人は、立ち姿、座り方、物にふれる所作など、立ち居振る舞いが美しいのです。

■女優のように美しく見える、淑女の立ち方

立ち居振る舞い全ての基盤となるのが、基本の立ち姿勢です。アカデミー賞受賞式に集う女優たちが、カメラを前にしゃんと立つ姿には、まばゆいばかりのオーラがありますね。多くの人が集う婚活パーティで一目置かれるよう、女優オーラを出せる立ち方をおさえておきましょう。

 

「内側重心」というキーワードを覚えてください。

まっすぐ立ち、重心を体の中央にもってきます。足の裏は、小指のある外側ではなく、親指と人さし指のあるつま先側と、かかとの内側の3分の1に体重をのせるイメージです。ふくらはぎと太ももも、重心を内側に寄せてください。膝と膝をつけるようにするとよいでしょう。(つかない人はつけるイメージで)

 

下腹部から、アンダーバストまでを引き上げます。おなかを後ろにひっこめるのではなく、引き上げるようにします。すると自然に胸が開きますので、そのままデコルテまでしっかり開きましょう。女性はデコルテからもオーラが出るといわれています。肩甲骨を寄せるようにすると、キレイです。

あごの位置は、上げすぎず下げすぎず。あごと首の間にこぶしひとつ分のスペース、とイメージするとよいでしょう。目線を落とさず、しっかりと前を向けば、女優立ちの完成です。

■見目麗しい淑女の、エレガントな座り方

座った後の姿勢はもちろんのこと、椅子に座る、椅子から立ち上がるといった、動きのある所作にも優雅さをプラスします。

正式なマナーに基づけば、椅子の左側から出入りします。左側に立てない状況もありますので、知識として覚えておきましょう。

椅子の前に立ち、上体と床を垂直にするイメージで、脚力をつかって、まっすぐ腰を下ろします。お尻をつき出すと不格好ですので、気をつけてください。背中に天使の羽をイメージし、その羽をつぶさないように座りましょう。

立つときも、背すじを伸ばし、脚力だけで立ち上がります。腰で弾みをつけると、猫背になりやすいので、気をつけましょう。片足を後ろにひくと、バランスがとれます。

 

腰を下ろしたときに、体の位置を後ろにずらしたいこともありますね。このとき、お尻を前後してずるずる移動するのは、やめましょう。片手を椅子のへりにつけ、手でサポートしながら動きましょう。

 

椅子にかけたら「背すじを伸ばす」「背もたれに寄りかからない」「両膝をつける」という、3つのポイントを意識してください。両足を、膝の位置よりもやや前に出しておくと、脚が長く見えます。

■指先から、セクシーオーラを出す方法

淑女は、手の所作がとても美しいです。何気ない所作が、はんなりとして、色っぽい。その秘密は、指先にあります。指先に色気を宿す、とっておきの方法をご紹介します。

 

・グラスを持つときは

シャンパングラスなどを片手にお話しする婚活パーティもありますね。ドリンクをすすめられ、トレーなどからグラスを持ち上げるときは、人さし指から小指までの4本の指を閉じます。ガシッとわしづかみにせず、指の腹から第二関節くらいまでをつかって持ち上げるようにします。大切なものにふれるように、優しく持ち上げてください。

持ったまま話を聞く場合は、グラスのステム部分を持ち、ひじを曲げ、胸の高さのあたりでグラスをキープしましょう。

 

・話を聞くときは

何も持たない状態で話を聞くときには、手が相手に見えていたほうがGOOD。立っている場合は、だらりと腕を下に下げず、胸のあたりで、指先だけを自然に組むと女らしく見えます。座ったまま話を聞くときには、手のひらを上にして、自然にテーブルの上で重ねておきましょう。テーブルがない場合は、両手を重ねて、太ももの上、体に一番近い位置に置きましょう。

また、人は、興味のある話にはついつい前のめりになってしまうものです。やや体を前に傾けて話を聞くと「あなたのお話に、とても興味があるわ」という、男性へのアピールになります。

 

・物を拾うときは

ハンカチなど、うっかり物を落としてしまったときも慌てずに。色っぽいしぐさを見せるチャンスです。物を拾うときには、まず落とした物の真横に立ちます。そして、膝をきれいに折り曲げるようにしてしゃがみます。このとき、拾う手と反対側の手で、スカートの膝のあたりをそっと押さえるとエレガントです。拾い上げるときには、指先をそろえて、物をつまむようにして持ち上げます。男性が落としてしまったものを、このような所作でさっと拾ってあげられたら、素敵ですね。

■パーティ会場に入る前に実践! 美人オーラのまとい方

婚活パーティに参加する前は、期待と共に緊張感も高まりますよね。会場に入る前に、心を整え、美人オーラをまとう方法をご紹介します。

 

所作の美しい人は、呼吸が整っています。心がゆったりと落ちついているので、立ち居振る舞いにも「ゆとり」があるのです。会場入り前、ドキドキした胸を落ちつかせるために、御化粧室などで深呼吸をしましょう。まず、鼻から大きく息を吸います。このときに目を閉じて、ピンク色の光をイメージするのがポイント。ピンク色のやわらかい光を吸いこみ、その光が体のすみずみまでゆきわたり、あなたを内面から輝かせる様子を、頭に描いてください。

息を吐くときは、体の中にある不要なもの(例えば、ストレスや余分な緊張感)を、外に出しきるイメージをしましょう。何度か繰り返すと、呼吸が整い、緊張感がやわらぎます。

心がリラックスしたら、表情にも美人オーラをまといましょう。

目を思いっきり、ぎゅーっとつむったら、勢いよくパッと開きます。さらに、頬骨のあたりをよくマッサージ。仕上げに、鏡に向かってニコッと微笑んでみましょう。このとき自分に「今日も、可愛い。今日も、キレイね」って、声かけをしてあげましょう。心の中で言ってあげてもOKです。

 

人前に出るときは、セルフイメージを上げることが、何より大切。脳は、自分の言葉を素直に受けとり、イメージどおりの指令を体に送ります。良い指令をたくさんだせるよう、「私って素敵!」「私ってモテモテ!」と、セルフイメージを上げ、パーティのマドンナになってくださいね。

2015.04.21(火)掲載

連載 気品あふれる「淑女」になれる花嫁教室

関連する投稿

ライタープロフィール

樋口 智香子

樋口智香子

ひぐち ちかこ

マナーコンサルタント。魅力が伝わる「愛されマナー術」主宰。
資生堂ビューティコンサルタントを10年間務め、5万人以上を接客。美しい振る舞いを徹底的に身につけた後、キッザニア東京へ転職。ていねいな接客が内外から賞賛される。
接客マナー、ビジネスマナーなどの講師のディプロマを取得後、フリーのマナーコンサルタントに。「すぐに実践できる」、「役に立つ」と定評のあるマナー講座を法人・個人に行っている。

恋サプリ新着記事一覧
  • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

  • 恋愛力の強みと弱みを数値化

  • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

  • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

恋サプリの処方箋 一覧
恋サプリライター一覧