婚活・結婚相談なら結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

人間関係を築く上で存在する「壁」の取り扱い方法

人間関係を築く上で存在する「壁」の取り扱い方法

かわいさ余って恋敵多し!? アラフォー「婚活」備忘録【第2回】

「自分は内気で人づき合いが苦手」と思い続け、人に対して“見えない壁”を作ってしまっていた10年間……。そこから逆転し、「人が好き」でモテ体質に変わることができたテクニックを記していきます。

◆オトナの恋愛には、幸せの価値観がある

幸せの定義は人それぞれ十人十色。

人に「楽しいときはどんなとき?」と質問すると「おいしいものの食べ歩き」だったり、「海外旅行」、「ショッピング」など、さまざまな答えが返ってきます。

一方で、パートナーを求めているのに決まったパートナーがいない方に対して、「幸せを感じるときはどんなとき?」と質問するとパッと答えが出てこない方が多いように感じます。

 

日々の幸せは遠い彼方にあるわけではなく意外と身近なところにあるもの。

自分の身近な幸せとパートナーが求める幸せの価値観が近いことは、幸せを分け合うことがたやすく、夫婦喧嘩を未然に防いで未来の家庭を永続的に平和へ導くことになるのではないでしょうか?

 

しかしながら、独身ライフを存分にエンジョイ出来ていないと、価値観そのものが育ちきらないうちに、未成熟の状態でパートナーハンティング期を迎えることになるかもしれません。

20代前半、個性と価値観が確立する前に結婚して、パートナーと一緒に人格形成をするもよし。人格形成を終えた頃に完成度の高い状態で婚活期を迎えるもよし。ライフプランに沿った実行計画を準備していけるといいですね。

◆「人が好き」になると、好感度がアップする

唐突ですが、質問です。

「あなたは人が好きですか?」

「YES!」「No」「どちらでもない」「よくわからない」おのおのの答えは、あなたの心の隅に置いておきながら、この先を読んでください。

 

まず「YES!」とお答えの方の中には、社交的にふるまうことが出来る方が多く含まれていることでしょう。

多趣味なため、アクティブに活動し、良好な友人関係を持ち、人間関係は継続する。ノリが良くマメで、実はちょっぴりさびしがりやかもしませんね。

 

私は、まさに人が大好きな「YES!」のタイプ。

営業やPRなどの仕事を通じて、人と積極的に社交をしてきました。プライベートも仕事の一部でしたので、公私ともにたくさんの方々と交流を持つ生活をしてきました。

名刺の発注をする際には、常に100枚単位を2箱オーダーしてストックを切らさないように心がけたものです。

 

そんな私ですが、幼少期から人好きで社交好きだったわけではありません。

両親、家族以外で日常的に接触する人々との交流を持ちはじめる頃。つまり自ら人間関係を形成することを覚える時期に、苦手な女の子のグループがあり、彼女たちから仲間外れにされるなど、ちょっとしたいじめにあったことで、引っ込み思案になってしまったのです。だから、自分が内気で社交が苦手だと10年間ほど自覚していた頃があります。

人が好きだからこそ、人からどう思われているかを察し、自分を守るために見えない壁を作っていたのかもしれません。

子どもの頃のホロ苦い経験によって私が得たものは、人間関係を築く上で存在する「壁」の取り扱い方法です。それは、自分とそれ以外の思考の異なる人物=他人との関わり方について考えるきっかけとなりました。

 

そして、自分が心を開いていないのに「相手から関心を持ってもらいたい」と求めるのではなく、自分から相手に積極的に心を開いていこうという気持ちに切り替えました。

心を通わせて親近感を得るために、他人との距離を縮める工夫をすることを覚えていったのです。

初対面でお互いに心の隔たりがある場合は、「壁」の塀を低くし、心の「ドア」を開閉することで人づき合いをコントロールするワザを習得してきたわけです。

 

職場環境や、友人関係などの構築の際、男女問わない人間関係においては「壁」や「垣根」など人々が持つ境目となる境界線をどう取り払うか?

恋する相手の心の「ドア」を開けてパーソナルスペースに入らせてもらうにはどうしたらよいか?

自分なりの研究をして、実践でトレーニングを積んできた結果、気づいたらモテ体質になっていました。

モテとは、好感度と魅力の総合力です。「モテテク」という言葉が示すとおり、コツをつかめば誰でも実践できるワザなのです。

簡単に効果が出ると断言はできませんが、新しい恋をはじめる際に、ぜひ試していただきたい実践テクをご紹介いたしましょう。

 

「人が好きではない」と思っている人は、人から関心を持ってもらえないから、人が好きではなくなってしまっているのかもしれません。人と関わることに苦手意識がある方も、モテテクを実践してみたら、人を好きになれるかも!?

◆SかMか? 2つのタイプ別モテテク

あなたの特性をより活かせるように、2種類のタイプに分けて、初対面のときに使える「モテ会話テク」をご紹介したいと思います。

 

まずは質問です。あなたはどちらのタイプに当てはまりますか?

【1】最初に自ら事を起こしてコントロールしたいS系統

【2】待って、あるがままを受け入れるM系統

 

それでは、選んだタイプ別に、モテテクをご紹介します。

 

【1】S系統の方におすすめの3つのモテテクは……

・会話中は、体を相手側に傾け、ときおり手を動かして身振り手振りを用いて相手の注意を引く。

・会話の途中、相手と共通の事柄が見つかった瞬間に目を見てスマイルする。

・自分の内面に関わることを相手がきちんと理解し、認めてくれたとわかったときに、握手を求める。そして相手が握手に応じた場合は、ほどよく気持ちをこめて手を握る。

 

【2】M系統の方におすすめの3つのモテテクは……

・会話中、相手が呼吸するために間をとるタイミングで、言葉の継ぎ目にコクリと軽くうなずき、同意した様を演出する。

・相手の会話の内容ときおり反復する。「へえ~○○なんだね。」「○○○について知らなかった」など自分の言葉を若干足して語尾は上げるとより良い。

・会話につまったらできる限り疑問文を返し、相手に話題の主導権を握らせるようにパスを投げる。

 

男女ともに初対面のときからすぐに使えるモテ会話テクです。会話が続いて楽しい時間を演出し、相手に関心があることを示す、繰り返して使えるワザです。

関心を寄せて心を開いている様子を演出することで、共有した時間の満足度を高めていきましょう。

好感度をUPさせて、「また会いたい」と思わせる人になることができるはずです。

人に不快感を与えないように気を配ること、教養や特技を身に着けることを繰り返しているうちに魅力が増してくることでしょう。

 

次回は、恋愛相談をたくさん受けてきた経験もとにした婚活備忘録を書いていきます。

連載 かわいさ余って恋敵多し!?アラフォー「婚活」備忘録

関連する投稿

ライタープロフィール

堀切由美子

ほりきり ゆみこ
1975年生まれ。仙台市在住のアラフォー主婦。
学生時代は、ファッション誌の読者モデルとして活躍し、日本テレビ『恋のから騒ぎ』(11期生)にも出演。
30代後半からの婚活で運命のパートナーと出会い、2014年1月に結婚。現在は、アメブロ『Ameba GGゴールドメンバー』、『Ameba Meister ブロガー』として、日々の出来事をブログでつづっている。
『グラニータのブログ ~堀切由美子のファッション・ビューティー・パーティー メモ~』

http://ameblo.jp/guranita

恋サプリ新着記事一覧
  • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

  • 恋愛力の強みと弱みを数値化

  • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

  • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

恋サプリの処方箋 一覧
恋サプリライター一覧