婚活・結婚相談ならイオングループの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

「おごってもらう」のが当たり前ではダメ? 男性が彼女にしたい女性の「金銭感覚

「おごってもらう」のが当たり前ではダメ? 男性が彼女にしたい女性の「金銭感覚

20代女子のための彼氏のつくり方【第26回】

 

結婚につながる恋愛では「金銭感覚」が重要なポイントです。

男性は「お金を大切に使える女性」を結婚相手に選びたいと思っています。あなた自身もムダ使いばかりする男性と結婚したくないですよね。

今回は、より魅力的な女性になるための「金銭感覚」についてお伝えします。

 

■「お金の使い方」で価値観がわかる

 

多くの女性が、「高い年収」の結婚相手を望みます。経済が不安定な現代では、結婚相手に経済力を求めるのは、自然なことなのかもしれません。ですが、男性は、女性が「年収で人を判断している」と感じると、がっかりしてしまうのです。

 

年収よりも「使い方」が重要です。例えば、年収700万円台の人であっても、好き勝手にお金を使い、手元にほとんど残っていない人もいます。年収300万円台で、ムダを抑えて貯金し、上手にお金を使っている人もいるのです。

 

相手が「いくら稼いでいるか?」ではなく、「どんなことにお金を多く使っているのか?」という視点で、向き合ってみましょう。「スポーツ」「旅行」など趣味やレジャーにお金をたくさん使う人もいれば、「資格取得」などスキルアップにお金をかけている人もいます。

お金の使い方の価値観が合う人とは、付き合ったときに長続きしやすいでしょう。

 

 

■おごってもらったら必ず感謝をする

 

例えば、一緒にごはんを食べに行って、男性が食事代を払ってくれたとき。「おごってもらうのは当たり前」という態度で、財布も出さずお礼も言わないなんていうのは一番NGです。

逆に、男性がおごってくれようとしているのに、「デート代は割り勘が基本」という態度でお金を出してしまうと、せっかくの好意が無駄になってしまうことがあります。

 

男性がご馳走してくれたら「ありがとうございます」と、お礼を言うことが大切です。そして、次に会う機会があったら、ジャマにならない程度の贈り物(お菓子など)を「先日、ご馳走になったお礼です」と手渡すと、よりていねいです。

 

長く付き合っていても、彼にご馳走してもらったら、きちんとお礼を言える女性でいましょう。

 

■デート代にメリハリをつける

 

「デートは、毎回おしゃれなお店に連れて行って欲しい」という態度では、男性に「お金がかかる女性」という印象を持たれます。

 

例えば、2回外食をしたなら、次はお弁当を買って家で食べたり、家で映画鑑賞デートを提案して、パパッと簡単な料理を作ってみたり。デートに使うお金にメリハリをつけると、彼はあなたの金銭感覚に安心します。そして、「彼女と結婚したら、自分の稼いだお金を大事に使ってくれるだろう」と思います。

 

さらに、モノを大事にするのもポイントです。新しいモノをどんどん買って、すぐに飽きて捨てていると、彼から「浪費グセのある女性」だと思われます。買い物をするときは、なるべく「長く使い続けられるモノ」を選びましょう

 

結婚につながる恋愛をしたいのなら、賢い金銭感覚を身につけ、男性に「彼女とずっと一緒にいたい!」と思ってもらえる女性をめざしてください。

連載 20代女子のための彼氏のつくり方

関連する投稿

ライタープロフィール

吉村 みか

吉村みか

よしむら みか

一般社団法人家族大学 学長。
実家は教会、父親は牧師という環境に育ち、結婚する多くのカップルが「婚前教育」を受けた上で幸せな結婚生活のスタートをきる現場に立ち会ってきた。その経験を生かし、婚活世代の女性に向けた「女学(じょがく)」セミナーを開催。
また、『クラブチャティオ』では「婚活ジェンヌ」の愛称で親しまれている。著書に『MY GIFT かっこいい大人になる!』(丸善出版)。

恋サプリ新着記事一覧

  • イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

  • 理想の相手と出会うために
    まずは、自分の恋愛傾向を知ることから。

恋サプリの処方箋 一覧

恋サプリライター一覧