婚活・結婚相談なら結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

LINE・メッセージで、女性とのラブラブ度を加速させる方法

LINE・メッセージで、女性とのラブラブ度を加速させる方法

女ゴコロをつかむ、男の恋活マナー 3points【第20回】

 

メールに変わり、LINEやFacebookメッセージといった、スタンプやと短いメッセージでのコミュニケーションが主流になりました。恋愛に欠かせないこれらのツール、どんなことを心がければ、女性と仲良くやりとりできるでしょうか。

 

◆駆け引きは逆効果! 返信のタイミングにとらわれる男は、モテない

 

世間には、ありとあらゆる恋愛テクニックのセオリーがあふれています。

 

LINE・メッセージの返信をするタイミングについても、様々な主張があります。

 

「相手に気をもたせるために、すぐに返信せず時間を置く」

「既読にしたらすぐ返信し、相手を不安にさせない」

 

このように、真逆のアドバイスが横行しているのも現実で、いったいどうすればよいのか、迷ってしまうのではないでしょうか。

 

ひとつ言えることは「恋愛に駆け引きは不要」ということです。好きになった女性と真剣に付き合いたいのなら、駆け引きを考えるのは、今すぐやめましょう。あなたは、駆け引きで相手の気持ちをコントロールするような女性が好きですか? おそらく、答えはNOですよね。逆の立場でも、同じことです。
 
返信は、自分が返事をしたいと思うタイミングで、または、返事できるタイミングですればよいのです。

 

遅くなってしまうようなら、フォローの言葉を添えましょう。

 

「今、飲み会の最中だから、あとで返事をするね。」

「移動中だったので、なかなか返事ができなくてごめんね。」

 

こうした言葉があると、女性は安心するのです。

 

●スタンプ選びは、自分のキャラクターに合わせるとGOOD!

 

かわいいものや、おもしろいもの、たくさんの種類があるスタンプは、その選び方にも個性が現れますね。せっかくなら、自分の個性やキャラクターを生かしたスタンプを選んでみてはいかがでしょうか。

 

例えば、こんな選び方です
 
 
【1】ギャップのあるスタンプ
 
男らしい男性が、かわいい系のスタンプを使うなど。
 
【2】自分と似ているスタンプ

 

顔が似ているものや、雰囲気が似ているものなど。
 
【3】仕事をイメージさせるスタンプ

 

職業がシェフなら、コックさんのスタンプを選ぶなど。

 

 

◆女性がイラつく、スタンプ使いのNGとは

 

スタンプは楽しいコミュニケーションツールですが、文章が無い分、誤解を招くことも。陥りやすい、NGポイントをお伝えします。
 
【1】メッセージのない連続スタンプ

 

女性が「おはよう。今日も一日がんばろうね。」というようにメッセージを送っているにもかかわらず、スタンプだけの連続返信。これでは、味気ないですね。
 
忙しくてメッセージを返す時間がない場合ならともかく、連続でスタンプを送る余裕があるなら、せめてひとこと添えてあげましょう。
 
【2】思いのこもったメッセージにスタンプだけで返信する

 

例えば、ケンカのあと。女性が「昨日はごめんね。わたしが言いすぎました。仲直りしたいです。」というメッセージに対し、男性からは「Sorry」というスタンプだけの返信。気持ちが伝わらなくもないですが、これは失礼。本気で謝っているのかしら?と思ってしまいます。思いのこもったメッセージには、相手の真剣度に合わせた返信をしましょうね。
 
【3】こわい系のスタンプ
例えば、ドクロ・血のでているもの・青ざめた顔・ホラー漫画風のもの・リアルな昆虫など、シュールすぎるスタンプを、女性は好みません。わざわざ、こういったものを選んで送るのは、やめましょうね。

連載 女ゴコロをつかむ「男の恋活マナー」3point

関連する投稿

ライタープロフィール

樋口智香子

ひぐち ちかこ

マナーコンサルタント。魅力が伝わる「愛されマナー術」主宰。
資生堂ビューティコンサルタントを10年間務め、5万人以上を接客。美しい振る舞いを徹底的に身につけた後、キッザニア東京へ転職。ていねいな接客が内外から賞賛される。
接客マナー、ビジネスマナーなどの講師のディプロマを取得後、フリーのマナーコンサルタントに。「すぐに実践できる」、「役に立つ」と定評のあるマナー講座を法人・個人に行っている。

恋サプリ新着記事一覧
  • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

  • 恋愛力の強みと弱みを数値化

  • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

  • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

恋サプリの処方箋 一覧
恋サプリライター一覧