婚活・結婚相談ならイオングループの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

ガーン! 初めてできた大好きな彼にフラれる! わたしの何がいけなかったの!?

ガーン! 初めてできた大好きな彼にフラれる! わたしの何がいけなかったの!?

出会いから結婚まで シーン別「恋」の会話力UPアドバイス【シーン7】

 

ここ最近、彼が仕事で忙しくてなかなか会えない。しかも、前回のデートの約束は、前日に急にキャンセルになっちゃって、とっても寂しい気分……。

でも、次の土曜日のデートこそ、ゆっくり会えるはず。

彼が大好きだから、ワクワクして楽しみにしていたところ、彼から電話がかかってきた。

 

■今回の会話シーンは…彼とケンカをして別れを切り出された

 

まいは最近忙しい彼、かつや君とのデートを楽しみにしていたけれど、今回もキャンセルされてしまった模様。

さらに、気持ちがうまく伝えられず、売り言葉に買い言葉、最悪な事態に……!

 

◆かつや「土曜日なんだけど、予定変更してほしいんだ」

◇まい「うそ、また!? この前もそうだったよ」

◆かつや「急な仕事が入っちゃったんだよ」

◇まい「そうやって仕事仕事って。いつもわたしのこと後回しにする」

◆かつや「だって仕方ないじゃん。トラブルがあったみたいで、オレの担当の案件だから……」

◇まい「もういいよ。この話やめよう!」

◆かつや「なんだよ、結局オレのこと分かろうとしてくれないんじゃん」

◇まい「かつやくんだってわたしのこと分かろうとしてくれないじゃない」

◆かつや「……オレたち、うまくいかないな。……別れよっか」

◇まい「え、そんな」

 

 

■恋の会話力UPアドバイス

 

●なぜ「フラれたのか?」

 

男女の話のやり取りでは、よく「そんなつもりでいってなかった」だけど、相手の受け取り方次第で、結果「ケンカしてしまう」「別れる」状態になることが少なくありません。

今回のまいさんの例も、それです。

誰だって楽しみにしていたデートをいきなり「変更してほしい」なんて言われたら、腹が立ちますよね。でも、感情にかられると彼のことが考えられなくなるのです。

ここは深呼吸でもして気持ちを落ち着かせ、次の二つのことを考えてみてください。

【1】彼はどのような人か

【2】男性の心理

 

 

●まず、彼を理解する

 

よくあることですが、「好きな人」ができると、わたしのことをわかってほしい、わたしの気持ちを伝えたという思いが強まります。

でも、それは順序が逆。先に彼のことを知ることです。つまり、

「自分の気持ちをわかってほしければ、先に相手を理解しようと努めること」です。

彼について、

・「どんな仕事をしているか」

・「その仕事はどんな特徴があるのか」

・「性格・人格・ものの考え方」

・「出身地や趣味について」

・「家族構成」

など、彼との会話を通して、さり気なく確かめておけば少しずつ理解もできますよね。

そうすれば、彼からの突然の「土曜日なんだけど」という変更の電話にも、

「うそ、また?!」

くらいにとどめ、彼の担当業務を思い浮かべられます。そうすれば、

「楽しみにしてたのに。何かあったの?」

と、相手に話を向けられますね。すると、彼の応え方も変わり、

「そうなんだよ。納品の関係で急な仕事が入っちゃって、ごめんね」

彼からも「申し訳ない」との思いを口にしやすくなります。

 

 

●「いつも、わたしを後回し」はNG

 

〈仕事のせいにしてわたしのことなんか、二の次三の次なんだから!〉では、相手を責めるセリフになってしまいます。

好きな人との付き合いで〈自分の思うままに〉では、相手には相手の都合や事情があるので、必ずぶつかり、言い合いになります。その挙句、

「なんだよ、結局俺のことを……」

「かつや君だってわたしのことを……」

と、攻め合いとなり、

「オレたち、上手くいかないな……別れようか」

と、思いもよらない結末を招くのです。

彼の「仕入れ担当の仕事」は、トラブルがよくあることと理解していれば、

「なにかもめごとでもあったの?」

「そうなんだ。で、その調整で土曜日も出なくちゃならなくて」

「仕方ないね……分かった」

彼も、きっとトラブルを望んでいたわけではないだろうし、遊びに行きたいと思います。相手を理解しようとしていれば、まゆさんの気持ちも、彼に伝わるでしょう。

 

 

●男性の心を理解する

 

男性は付き合うと決めた相手には、約束を守ろうとするものなのです。

事情ができて、約束が守れないと分かると、

「後ろめたい」

気持ちにかられ、女性の想像以上に負担に感じます。

そこで、うまくそんな自分の気持ちを説明できずにいるのです。

口先だけの男性でない限り、多くの男性は負い目を感じる存在です。

「え? またなの。信じられない!」

だから、などと責め立てるのは、いかにもまずい「やり方」です。

「なにかあったの?」

と、穏やかな口調で向き合い、相手の事情を理解しようと努めて下さい。

男性は「自分のことをわかってくれる女性」に、強く惹かれるものです。

連載 出会いから結婚まで シーン別「恋」の会話力UPアドバイス

関連する投稿

ライタープロフィール

福田 健

福田健

ふくだ だけし

株式会社話し方研究所 会長。
1961年中央大学法学部卒業後、大和運輸(現・ヤマト運輸)入社。1967年、言論科学研究所理事を経て、1983年に話し方研究所を設立。社団法人話し方能力向上協会 代表理事。
従来のコミュニケーションの取り方が通用しなくなりつつある現代、年齢や価値観の相違がある人などとのコミュニケーションの取り方について研究している。
著書に、『女性は「話し方」で9割変わる』 (経済界)など多数。

恋サプリ新着記事一覧

  • イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

  • 理想の相手と出会うために
    まずは、自分の恋愛傾向を知ることから。

恋サプリの処方箋 一覧

恋サプリライター一覧