婚活・結婚相談ならイオングループの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

【婚活パーティでタイプの彼を見つけた!】会話を盛り上げるための上手な質問の方法は?

【婚活パーティでタイプの彼を見つけた!】会話を盛り上げるための上手な質問の方法は?

出会いから結婚まで シーン別「恋」の会話力UPアドバイス【シーン2】

 

婚活パーティに行くようになって3回目。

だんだん場にも慣れてきたし、少し余裕をもって男性を見られるようになってきたかな、と思いはじめていたところ……とうとう、わたしのタイプの人、ガッチリしていて穏やかそうな雰囲気の彼、見つけちゃった!!

なんとか彼の「また逢いたい女性」になりたいな。

気が合うな、また逢いたいな、と思ってもらうには、どんなことを話せばいいんだろう。

 

■今回の会話シーンは…「カップリングパーティのフリータイム」

 

カップリングパーティのフリータイムの時間。

まいは「タイプの彼」に接近して、がんばって話しかけています。

 

◇まい「佐伯さんの出身はどちらなんですか?」

◆男性「すぐ近くなんですけど、埼玉なんです」

◇まい「埼玉のどのあたりなんですか?」

◆男性「所沢です。なんにもないところです(笑)

◇まい「そんな、近くって、帰りやすくていいですね!」

◆男性「そうですか?」

◇まい「わたしは実家が遠いから、うらやましいです」

◆男性「たしかに近くて、お正月は楽ですね。それと意外とおいしい野菜とか採れるんですよ」

◇まい「え、ご実家で作っているんですか?」

◆男性「はい。あ、まいさんはどちらの出身なんですか?」

  

■恋の会話力UPアドバイス

 

質問の目的を考えてみる

 

「なぜ質問するか?」と問われたら、

答えとして出てくるのは、

「相手のことが知りたいから」

が、最も多いですね。

婚活パーティに参加して、「タイプの彼」に出逢えたとして、まず〈彼ってどんな人?〉と、彼について知りたくなるのは当然でしょう。

そこで質問して、あれこれと聞きだしたくなります。

つまり、質問の目的は「相手のことを知るため」となります。

 

まい「佐伯さんの出身はどちらなんですか?」

男性「すぐ近くなんですけど、埼玉なんです」

 

このときまいさんが、

「わたしは静岡出身なんですけど、浜松市に実家があって遠いんです」

と、自分のことを喋りだしてしまったらどうでしょう。

これは「話を持っていってしまった」ことになりかねません。

質問して相手が話し出したら、その話に乗っていくことです。

その点、まいさんは、

「すぐ近くって、どのあたりですか」

と、彼の埼玉の話を引き継いでいるのはいいですね。男性からの、

「所沢です」

という答えが出てきたら

「あ、所沢ですか」

「ええ、なんにもないところです」

ここでも、まいさんは、

「でも、近くって帰りやすくていいですね」

と、彼の話に乗って、さり気なくプラス方向に向けています。とってもいいですね。

「そうですか」

「わたしは実家が静岡県の浜松で遠いですから、羨ましいです」

と話を持っていけば、自然に自分の出身地も紹介することもできますよね。

 

 

●質問上手は聞き上手

 

相手のことが知りたいのは、相手に対する興味・関心があるからでしょう。

それも、強い関心があるからこそ、質問をして話を聞き出そうとするわけです。

だとすれば、相手が質問に答えて話しだしたら、その話を熱心に聞くこと。

例を挙げてみましょう。

まい「お酒はよく飲まれるんですか」

男性「ああ、この前、ビールのお代わりをしてましたからね」

まい「おいしそうに召し上がってましたよ」

男性「ぼくはどっちかっていうと付き合いで飲むほうで、アルコールが好きかとなると、どうもそうでもないんです」

まい「そうですか、でも、この前はすごくおいしそうに飲んで見えましたよ」

男性「最初の一杯だけですよ。ぼくは、何日でも飲まずにいられるんです。実を言うと、なにより甘いものが好きなんですよ」

まい「え、そうなんですか!?」

 

せっかく質問したのですから、相手が持ち出した話にのっていきましょう。

たとえ、自分がアルコールが苦手でもすぐに、

「わたし、お酒はダメなんです」

なんて言ったら、相手の男性をガッカリさせるだけです。

質問上手とは、単に質問すればいいのではなく、相手の話をよく聞くこと、すなわち、相手に話してもらうのが上手な人のことなのです。

 

 

●質問上手になる4つのコツ

 

上手に質問するコツを4つにまとめます。

 

1.自己紹介をして、

・出身地

・趣味・好きなもの

・仕事の様子

などを質問する

 

2.聞き上手になって、相手の話にのっていく

3.相手の答えに関連した質問をする

4.質問は具体的にする

 

 

●具体的な質問とは?

 

前述した「4」の「具体的に質問する」について、補足しましょう。

「出張が多い仕事とお聞きしましたが、今週は出張されたんですか」

「ええ、山形へ行きました」

「山形はどうでしたか」

この質問は漠然としていて、相手も答えにくいでしょう。

「どうって、仕事ですから、別に」

で、終わってしまいます。もっと具体的に

「山形の、どのあたりに?」

「米沢です」

「今ごろの米沢は、雪ですか?」

「例年だと、雪が積もっているんですけどね。今年はまだ雪は降っていませんでした」

具体的に質問すると、答えも具体的になり、会話も楽しくなります。

 

 

●質問されたい人になる

 

上手に質問すると、会話が弾んできます。相手の男性も、まいさんの質問を歓迎して、〈この人との会話は楽しい〉と、思うようになります。

そして、彼が〈気が合うな〉〈また、会いたいな〉と、思ってくれます。

まいさん、相手に寄りそった質問をして「質問されたい人」になってくださいね。

 

連載 出会いから結婚まで シーン別「恋」の会話力UPアドバイス

関連する投稿

ライタープロフィール

福田 健

福田健

ふくだ だけし

株式会社話し方研究所 会長。
1961年中央大学法学部卒業後、大和運輸(現・ヤマト運輸)入社。1967年、言論科学研究所理事を経て、1983年に話し方研究所を設立。社団法人話し方能力向上協会 代表理事。
従来のコミュニケーションの取り方が通用しなくなりつつある現代、年齢や価値観の相違がある人などとのコミュニケーションの取り方について研究している。
著書に、『女性は「話し方」で9割変わる』 (経済界)など多数。

恋サプリ新着記事一覧

  • イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

  • 理想の相手と出会うために
    まずは、自分の恋愛傾向を知ることから。

恋サプリの処方箋 一覧

恋サプリライター一覧