結婚相談所・婚活するならツヴァイ

「断り方で脈アリ・脈ナシを見極める」メソッド

「断り方で脈アリ・脈ナシを見極める」メソッド

婚活マスター直伝! 男を虜にするヒミツの恋愛メソッド【第12回】

前回は、デートの上手な誘い方についてお伝えしました。

でも、もしも誘いを断られてしまったら、彼のことをあきらめたほうがいいの?

断り方によっては、まだ脈がある場合があります!

■デートの誘いを断られても、再チャレンジするべき?

再チャレンジするかどうかの見極めポイントは、彼の「言い訳」です。

相手が、本当に用事があって断ったのであれば、再チャレンジする価値はあります。

しかし、ウソをついて断ったのであれば、見込みなしと考えたほうがよいでしょう。

 

言い訳かどうか見極めるには、相手の目線の動きに注目してください!

右上を見ながら断ってきたら、ウソをついている可能性があります。

人は経験してないこと、事実ではないことをイメージするときには、右上に視線が向きます。つまり、無い用事を作ってイメージしているときです。逆に経験があることや、事実をイメージする時は左上を見ます。注意点として、実際に未来にある用事なのだけど、まだ経験してない事柄だった場合も右上を向いてしまいますので、見極める方法としての確率は低いです。

 

ですので、次の方法も合わせて見極めてください。

それは会話内容の「すり替え」をしているかどうかです。デートに誘う話をしていたのに、いつの間にか違う話になってしまっている場合や、あいまいな断り文句を使ってくる場合です。

たとえば、「う~ん、ちょっと忙しいんだよね~。ところでさ……」という切り返しパターンや「今月はちょっとね~。今度ね」といった、今度っていつだよっ! というパターンです。

 

細かいことを言えば、次のような断り方で、脈アリかナシかをはかれます。

「ちょっと予定が立たない」→可能性は無いと思ったほうがよいです。

「今月は難しい」→可能性は無いとは言えませんが低いです。

「今週は難しい」→再チャレンジする価値はあります。

「今日は難しい・その日は難しい」→再チャレンジしてみましょう! まだ可能性大です!

■「誘う」ではなく「誘われる」思考に切り替える

基本的に、女性をデートに誘えない男性は、たいした男ではないと考えてください。

それでも誘いたいのであれば、『自分の思考を変える試み』をして、かもし出す雰囲気や態度を変え、相手を焦らせる方向に持っていくようにします

 

だから、「どのくらいの頻度で誘えばいいのか?」と悩むのではなく、「どのくらいの頻度で誘いをOKすればいいのか?」という逆の考え方を持つようにします

考え方を変えたくらいで、誘われるようにはならない! と思うかもしれませんが、それは違います。人と人の関係は表面に出ている言葉よりも、心の状態によって無意識に出ている態度や雰囲気のほうが、はるかに相手に対する影響度合いが高いのです!

 

つまり、「どのくらいの頻度で誘えばいいのか?」というのは彼の下手に出ています。こういう考え方をしていると、相手に合わせなければ……と気を使い過ぎている割には、迷惑な誘い方をしてしまったり、嫌われるのではないか? という不安を抱えてしまったりします。すると彼に対し、卑屈な態度として表れます。

また、「どのくらいの頻度で誘えばいいのか」と思えば思うほど、焦ってしまいます。焦りは冷静な判断力を失うので禁物です!

考え方を「どのくらいの頻度で彼からの誘いをOKするか?」とすることで、余裕が生まれます。考えや気持ちに余裕ができると、態度や言葉の端々にそれは表れ、逆に相手の男性を焦らせることができます!

 

では、どうすれば、考え方を変えることができるのか?

大切なのは、思考の癖付けです。

「デートに誘いたい!」と思ったら、すかさず「忙しくてデートどころではない」と考えてください。実際に忙しくても、忙しくなくてもいいです。とにかく「忙しくてデートどころではない」と考えます。はじめは気持ちがついていきませんが、この考え方が癖になり、本当に忙しくてデートどころではない状況になることもあります。

すると、考えていることが良い状況を生み、彼からアプローチしてくるようになります。 人は、こう生きたいと考えたように生きる努力をしないと、過去に生きてきたように考えてしまいます。まず自身の考え方を変えていきましょう。

■さりげなく、行きたい場所を伝えてもOK!

思考を変えてもダメな場合のために、プラスアルファのテクニックをご紹介しておきましょう。

それは、通常の会話の中にこっそり織り込む話題がポイントです。

たとえば、行きたい場所・したいこと・食べたい料理、などの話を織り込めばいいのです。「私、海が好きなんだ~」

「△△△ランドの○○なところが良いんだよね~」

「焼き肉大好き!」

といった具合です。

もし相手の趣味などを知っていれば、「サーフィンってしたことないからしてみた~い!」などなど。

このとき、「連れていってほしい!」と言ってしまったら、それはこっちから誘っていることになるので注意してください。普通の会話の中で、自分の好きな物事、相手の好きな物事の話をすればいいだけです。相手から「じゃあ今度一緒に行こうか?」が引き出せれば大成功!

 

それでも誘ってこない男は、そうとう鈍感か、あなたをデートに誘う気がないということです。では、脈ナシの場合は論外として、そうとう鈍感な男の場合はどうすればいいか! そんな男、蹴飛ばしてやりなさい! ……というわけにもいかないですよね~。

でもちょっと強気に、帰り道や立ち話をしているとき「これってデート?」、少し間を空けて「……じゃないよね~……」という感じで伝えます。ほとんどこっちから誘っているようなものですが、ギリギリのラインでしょう。

 

それでも相手の男性は気づかず、さらにまだあなたもあきらめきれないのであれば、もう率直に「どうしてデートに誘ってくれないの!?」と言ってください。

「女の私から誘えっていうの!?」「それがどれだけ勇気を必要とするかわかる?」「女から誘われるのを待っているなんて最低~!!」と罵ってください。その男性が男としての魂を、まだかすかにでも持っていれば、翌日何らかのアプローチがあると思います!

 

 

12回にわたってお伝えした、恋愛メソッドはいかがでしたか?

知っているのといないのとでは「恋愛力」に大きな差が出ます。

恋に悩むことがあったら、ときどき読み返してみてくださいね。

連載 婚活マスター直伝!男を虜にするヒミツの恋愛メソッド

関連する投稿

    ライタープロフィール

    高橋そうすけ

    たかはし そうすけ

    婚活マスター、心理カウンセラー
    全国各地の婚活パーティーや婚活ツアーなどで講演を行う。心理学、脳科学、生理生態学の理論をもとに、人間の深層心理や男女の考え方の違いを紐解き、婚活を成功に導く実践的な方法を伝授。「あと一歩踏み出せない」「想いを届けきれない」男女を後押しし、恋のキューピットになっている。
    著書『愛され女子50+ハートのルール』(すばる舎)など。

    恋サプリ新着記事一覧
    • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

    • 恋愛力の強みと弱みを数値化

    • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

    • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

    恋サプリの処方箋 一覧
    恋サプリライター一覧