婚活・結婚相談なら結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

好きではない男性からの通話お誘いLINEでのNGワード3つ

好きではない男性からの通話お誘いLINEでのNGワード3つ

好かれるLINE、引かれるLINE【第9回】

LINEでは、さまざまな人とメッセージだけでなく通話をすることもできます。仕事関係の人や友人とも連絡を取り合えるツールなので、通話でトークが弾んで同僚や友人から恋愛に発展することも。

でも、それほど好きではなかった人から通話のお誘いをひんぱんに受けたら、どう対応したらいいでしょうか。

 

 

外出しづらい時期は、通話が恋を育てる大切な時間

 

悪天候などでなかなか外出しづらいときは、メッセージよりも通話を好む人が少なくありません。人と会えない寂しさで、メッセージよりも、誰かの声を聞き会話するという行為を求めてしまうのかもしれません。前からいいなと思っていた彼から「通話していい?」などと言われたら、ちょっとときめいてしまいますよね。

 

でも、特に恋愛感情を抱いていない人から、通話の誘いを受けた時には、戸惑ってしまうこともあるでしょう。何を話したらいいかわからないと感じるかもしれません。通話に誘ってきた相手がこちらに好意を抱いているように感じる時は、なおさら、どんな風に対応したらいいか困ってしまうでしょう。そんな時に、あまり送るべきではないNGワードがあります。

 

「また、今度」「落ちついたら」は期待させてしまう言葉

 

個人的な通話をすることにためらいがある相手には、やんわりそのお誘いをお断りしたいところです。でも、どんな風に伝えればいいのかわからず、とりあえずその場をごまかそうと「また、今度」「また、落ちついたら」などとメッセージするのはおすすめできません。相手に「彼女は次があると思っている」と誤解を与えてしまうのです。

 

「また」という言葉は、相手には、次があるという期待を抱かせてしまいます。今後もお話しする気持ちがない時は、次に引き延ばすようなことを匂わせるべきではありません。相手から繰り返し誘いの連絡が来てしまうからです。はっきりと「通話は遠慮させてください」と伝えたほうがいいでしょう。「家族がいるので通話は無理なんです」などと理由もつけて、通話できないということをわかってもらいましょう。

 

「残念です」は、気があると勘違いされてしまいます

 

さらに「とても残念ですが、今日はもう寝てしまうので」などと「残念」という言葉を付け加えてしまうケースがあります。相手に「彼女は僕と話せなかったことを残念がっている」と受け取られてしまうのです。同様に「お誘いとても嬉しいのですが、これから出かけるところなんです」という伝えかたも「彼女は僕の誘いをとても喜んでい!」と誤解されてしまう危険があります。

 

恋愛感情がない相手に対して、気をもたせるような言葉を使うことは、相手を期待させてしまうので、おすすめできません。さりげなく、だけどきっぱりと、こちらには気持ちがないという意思表示をする必要があるのです。例えば同僚だったら「また会社でお願いします」、友達だったら「またみんなで集まりましょう」などと、2人きりではない環境での付き合いを希望していることを伝えておくのもいいでしょう。

 

「その日はダメなんです」は「他の日ならOK」と受け取られます

 

また、日時を限定して断ることも、リスクがあります。「その日はダメ」と伝えてしまうと「じゃあ、他の日ならいいんですね」と受け取られてしまうことがあるからです。そして「次の日はどうですか?」と再度誘われる人もいます。「何日なら空いてますか?」と日時を具体的に聞いてこられることもあるそうです。

 

本当は全部の日でNGである場合、その日はダメ、と、まるでその日だけがダメであるかのように言うべきではありません。あなたと2人でお話することはありません、ということをもう少し踏み込んで伝えるべきなのです。やはり正直に「ちょっと通話は難しいです」と言ったほうがいい場合もあるでしょう。

 

誘われた時のこじれない断りかた

 

自分には気がないということを伝えなくてはならない時は、相手がなるべく傷つかないように配慮する必要があります。「あなたと恋愛するつもりはありません」などとはっきりすぎるほどはっきり言ってしまったら、逆上されかねません。では、どのようにやんわり伝えるべきなのでしょう。それは、恋愛以外のことにクッションになってもらうことです。

 

「今は仕事が忙しいから仕事に集中したい」「資格試験を取るための勉強が忙しく、恋愛する余裕がない」などと、恋愛以外のことを理由にすると、相手を怒らせることなく、恋愛の誘いを断ることがあります。気のない相手から誘われたときは、恋愛できない、ということをできるだけ早めに伝えることで、人間関係がこじれにくくなるはずです。

連載 好かれるLINE、引かれるLINE

関連する投稿

ライタープロフィール

内藤みか

ないとう みか

作家/脚本家/イケメン評論家。山梨県出身。
『イケメンと恋ができる38のルール』(ベストセラーズ)、『年下オトコ×年上オンナ』(ゴマブックス)など著書80冊以上。
ラジオドラマ脚本『婚活バスは、ふるさとへ』(YBS)で文化庁芸術祭優秀賞&日本民間放送連盟賞優秀賞。
舞台脚本『男おいらん』はマンガ化や小説化も。イケメン電子写真集『Japanese Hot Guys』ではカメラも。
「内藤みかのイケメンブログ」

http://ameblo.jp/micanaitoh/

恋サプリ新着記事一覧
  • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

  • 恋愛力の強みと弱みを数値化

  • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

  • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

恋サプリの処方箋 一覧
恋サプリライター一覧