結婚相談所・婚活するならツヴァイ

「結婚が決まったら彼とのケンカが多くなった」亮子さんのケース

「結婚が決まったら彼とのケンカが多くなった」亮子さんのケース

結婚できる人・できない人の「運命の分かれ道」【第20回】

結婚が決まって幸せいっぱい! のはずが、「結婚式の準備」のことで彼とケンカばかり……。どうやって、ピンチを乗り越えたの?

■「結婚まで秒読み」のはずなのにトラブル発生!

付き合いはじめて2年の彼がいる亮子さん(34歳・仮名)。子どもを持つことを考えたら、そろそろ結婚の準備に入った方がいいとお互いの考えがまとまり、両親にあいさつをしに行くことになりました。まさに、結婚まで秒読みの段階にいる2人。それなのに、亮子さんと彼は、何やら最近、ケンカが絶えないとのこと。

 

あまりケンカをしなかったカップルが、結婚を決めたとたんにケンカが多くなるのは、よくあることです。それは一体なぜでしょう?

 

「結婚は、恋愛の延長線上にある」と考えるカップルが多くいます。しかし、結婚は「恋愛+生活」です。お互いを愛し合う気持ちに、生活という要素が加わります。

 

それまで何十年も違う生活環境で育ってきた2人が、一緒に生活しはじめるわけです。同棲をしているカップルなら、相手との価値観の違いに驚き、うんざりした経験もあるのではないでしょうか。

 

違った価値観を持って生活をしてきた2人が、「2人の新たな価値観を作り上げていく」のが結婚というスタートラインなのです。恋人として付き合っていたときに見過ごせたことが、結婚相手となると見過ごせなくなってきます。

 

亮子さんは、結婚が決まってから、結婚式などの様々なことを彼と話し合う必要が出てきました。それにも関わらず、彼は仕事で帰りが遅いうえに出張が多く、決めたいことがなかなか決まらないので、亮子さんは不満を持っていました。さらに、彼と会う日は結婚式について話し合う時間を取っているのに、なぜか彼は乗り気でないようで……。

亮子さんは、「彼は本当に自分と結婚したいと思っているの?」と、不安になっていました。

■「結婚式の準備」を通して2人の価値観を作り出す

先ほども述べましたが、結婚とは「それぞれ違う価値観で生きてきた2人が、新たに2人の価値観を作り出しながら生活をしていく」ことです。どういう家庭を作りたいのか? どんな家族を目指すのか? 2人で幾度も意見を交わしながら、何十年という期間を共に過ごせる関係を作り上げるのです。

 

結婚が決まると、「結婚式」の目先の準備に追われているカップルがたくさんいます。実は、この結婚式の準備から、「2人だけの価値観を作り出す」行為がはじまっているのです。

 

私は、亮子さんに

「どうして結婚式をするのでしょう?」

と聞いてみました。

 

すると、亮子さんからは、

「結婚式は、たくさんの人に自分たちが結婚することを知ってもらって、お祝いしてもらうためにするのではないでしょうか」

と返ってきました。

 

そして私は、

「それが正解・不正解ということではなく、彼も同じ気持ちでいるのかを確認してください」

とお伝えしました。

■2人で「結婚式をする理由」を共有した

亮子さんは彼に

「どうして結婚式をするの?」

と聞いてみました。

 

彼の口から出た答えは、

「自分たちがお世話になった人たちに、お礼をするため」

でした。

 

彼にとっての結婚式は、どんな引き出物か? お花はどうするのか? 席順は? などの細かいことはさほど重要ではありませんでした。「結婚式は、お世話になった大切な人たちにお礼をきちんと伝える場にしたい」という想いがあったのです。

 

これを聞いた亮子さんは、自分と彼は「結婚式」ひとつとっても見ているところが違うということ、自分はお祝いしてもらうことばかり考えていたことに気づきました。そして、彼の気持ちに寄り添おうと思ったのだそうです。

 

そして、亮子さんは、彼に次のように伝えました。

「私は、結婚式の準備を進めたいと焦って、あなたの気持ちをちゃんと聞こうとしなかった。ごめんなさい。私も来てくださる皆さんに感謝の気持ちを伝える結婚式にしたいと思うから、一緒に考えて欲しいの」

すると、彼は、とてもうれしそうな表情をしたのだそう。

 

その後、彼は仕事で忙しくても、メールや電話でこまめに結婚式のことを話し合ってくれるようになったそうです。

2人の結婚式はもう間もなく行われます。きっと心が温かくなる素敵な式になることでしょう。

■おわりに

私は、多くの方から恋愛や結婚についての相談を受けます。

そこでわかったのは、「結婚できる人・できない人の違いは、視点の違い」だということ。

 

ほんの少し視点を変えるだけで、相手との関わり方を変えてみるだけで、信じられないくらい現状が良い方向に変わった人を、私は何人も見てきました。

 

ですから、もしも今、結婚に対して焦りや不安を抱えているのであれば、このコラムで綴ってきた20人のエピソードを読み返し、自分の現状に当てはめ、視点を変えて行動してみてください。きっと何かが変わっていくはずです。

 

私が運営する「ライフデザインアカデミー」では、「結婚を学ぶ」方法を提供しています。このコラムで紹介したほとんどの方が、結婚前に結婚を学ぼうと取り組み、自分が望む成果をつかみました。

 

このコラムでご紹介した20人の女性のエピソードが、あなたの幸せな未来のヒントになることを願っています。

連載 結婚できる人・できない人の「運命の分かれ道」

関連する投稿

    ライタープロフィール

    吉村みか

    よしむら みか

    一般社団法人家族大学 学長。
    実家は教会、父親は牧師という環境に育ち、結婚する多くのカップルが「婚前教育」を受けた上で幸せな結婚生活のスタートをきる現場に立ち会ってきた。その経験を生かし、婚活世代の女性に向けた「女学(じょがく)」セミナーを開催。
    また、『クラブチャティオ』では「婚活ジェンヌ」の愛称で親しまれている。著書に『MY GIFT かっこいい大人になる!』(丸善出版)。

    恋サプリ新着記事一覧
    • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

    • 恋愛力の強みと弱みを数値化

    • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

    • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

    恋サプリの処方箋 一覧
    恋サプリライター一覧