婚活・結婚相談ならイオングループの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

恋と人生の教科書「源氏物語」が導く紫式部ゆかりの聖地

恋と人生の教科書「源氏物語」が導く紫式部ゆかりの聖地

理想の恋と人生が掴める 厳選「聖地・パワースポット」【第7回】

和泉式部と共に彰子に仕えた紫式部は、世界最古の長編小説「源氏物語」の作者。登場人物の立ち居振る舞い、性格、愛し方や愛され方を学び、ゆかりの聖地を参拝すると、理想の恋と人生を掴む力に恵まれます。

■源氏物語は、意中の人から求められ、愛されるあなたを作る

日本文学の最高傑作と名高く、30ヶ国語以上で翻訳されている源氏物語は、恋と人生の教科書として、愛し方・愛され方・生き方や生きる道を示してくれる名作。主人公 光源氏に愛された女性たちは、それぞれ、光源氏をどうすれば魅了できるか思慮を重ね、彼が求めている女性や役割を演じました。愛する人や気になる人が求めているものを察知し、提供できる存在であることは、必要とされ、かけがえのない人になる秘訣。

 

物語や登場人物の生き方に心を重ねることで、あなたがどんな恋愛を求め、どんな生き方をしたいのか、再認識できるでしょう。

■光源氏に学ぶ、自分らしくよりよく生きる3つの方法

光源氏は、ヒロインであり最愛の妻、紫の上が少女の頃一目惚れし、理想の女性に育てあげようと見初め、身内を亡くした孤独な彼女を引き取り、育てました。その際、光源氏が紫の上に贈った恋文の和歌は「面影は 身をも離れず 山桜 心の限り とめて来しかど」。

 

訳:あなたを忘れることができず、心をあなたのそばに置いてきました。コノハナサクヤヒメのように美しく、なにものにも負けない強さと気高さを感じるあなたを愛で、寄り添い生きたいと思っています。

 

・年齢や立場、環境などの隔てをこえ、欲しいものは欲しいと狙いを定め、求めること

・欲望に忠実に、ときに強引にみえる行動をとること

・自分の本能、心に正直になれる人を大事にすること

 

光源氏が実行したこの3つは、あなたをよりよい生き方へと導く方法です。われがまま、わがままに生きるを実践しましょう。

■共感する登場人物とゆかりの地が、恋と人生の縁を結ぶ

源氏物語の主な登場人物、光源氏と光源氏が愛した女性の特徴は下記です。あなたや、あなたの愛する人と重なる、共感する人物を慕いましょう。ゆかりの場所は、自分自身を振り返る力を授けてくれます。

 

光源氏:廬山寺

憧れと失った幸せを追い求める。生涯、1番欲するものは掴めない。心から求めるものが人生に欠如した状態で生きることを強いられる。心の影や闇を飼いならす。他者や環境の影響を受けやすい。愛されることに飢え、人が求める愛の何倍もの愛情を示されてはじめて満たされる。失った物を補う存在を求める。心の底から人を愛することができない。真実の愛を知らない。

 

桐壺:京都御所

諸行無常を軸に生きる。命の喜びを味わうことができる。終わりのない世界に恋いこがれる。ずっと、絶対、永遠、必ず、不変、100%という言葉を信じない、使わない。1つとして完璧なものはないと悟っている。辛抱強い。

 

藤壷:雲林院

母性がある。人のために苦労を背負うことができる。一枚上手。木でなく森をみて行動をする。戦略的。頑固。嗜みが深い。一歩先をよむ。追いつけない存在。愛しているからこそ愛さない愛し方をする。

 

葵の上:上賀茂神社

感情表現が下手。不器用。甘えることができない。素直になれない。誇りを捨てることができない。涙をみせない。相手を好きでも待つ姿勢。顔に考えを表さない。人に弱みをさらけだすことを躊躇する。愛し方を学ぶ機会、愛していることを伝える術に恵まれない。ファッションセンスがある。

 

六条御息所:野宮神社

上品。高貴。奥ゆかしい。情が深い。孤独。自制心が強い。気品が高い。凛としている。クールにみえるが熱い人。安売りしない。気が利いた受け答えをする。教養がある。繊細。愛するより愛されることを重視する。感情を押し殺す。念が強い。物事をつきつめて考える。異性が気後れするほど知的。

 

夕顔:清水寺

無邪気。いじらしい。包容力。朗らか。儚げ。おとなしい。詮索を嫌う。多くを求めない。足るを知る。苦しい恋の経験者。計算高い。安らぎを与える。甘えさせてくれる。寂しそうな人に冷たくできない。猫をかぶるのが上手。

 

若紫(紫の上):大雲寺

桜のように淡く、美しく、気高い。いつまでも若々しい。明るく温かい人柄。勘がいい。人懐っこい。誰もが憧れる存在。おちゃめ。愚痴や悪口をこぼさない。自分自身を見失わない。甘え方が上手。

 

末摘花:京都御苑

恋愛感情なしでもそばにいることができる。幸が薄い。思い込むと譲らない。世間知らず。人を信じて疑わない。古風。人への気遣いが足りない。ひきこもり。器量が悪い。臆病。鈍感。先祖や過去を大事にする。

 

朧月夜:東三条殿跡

欲望に忠実。遊び好き。快活。利発。頭の回転が早い。主導権は異性に委ねる。華やか。鮮やか。心を惑わせる術をもつ。あっけらかんとしている。飄々とした態度。行動が素早い。危険を顧みない。

 

明石の君:住吉大社

慎ましい。田舎育ち。幸運に恵まれる。立場をわきまえ、驕ることは決してない。真面目。我慢強い。考えが深い。年長者の意見を大事にする。郷に入れば郷に従えを理解し実践する。縁の下の力持ち。

 

玉鬘:鏡神社

男性をたてる。むやみやたらに自己主張をしない。協調性がある。なにものにも流されない強さを持つ。自立心がある。運命に流されない。周囲の力でなく自分の力で生きようとする。人の失敗や過ちを許すことができる。

 

女三ノ宮:許波多神社

自己成長欲が少ない。思いつきのまま言葉を表現する。されるがままを好む。考え方や価値観が幼い。マイペース。異性が怖い。失敗をひきずる。課題や問題から逃げる。他力本願。

■源氏物語ゆかりの偉人・紫式部の生き方と言葉をライフデザインに生かす

紫式部は、「相生ひ」「逢ふ:逢瀬」「生い:老い」をテーマに、自身の生き方を重ね、源氏物語に想いを綴りました。共に成長すること、愛しあい肌を重ねること、生老病死。この3つに問題意識を抱き、求め、学ぶ姿勢をもちましょう。

 

「相生ひ」の名がつく「相生の松」は長寿・良縁・末永い愛を誓う聖樹で、この1つ「武隈の松」(宮城県)は、光源氏がイワナガヒメの加護を求めた愛の和歌に詠まれています。武隈の松は、あなたとあなたの必要なものとの縁を結び、永遠のように続く幸せな時間を与えてくれるでしょう。

 

また、紫式部のお墓(京都府)は、末永く愛される人になり、知恵・想像力・閃きを受け取れる聖地。お参りし、魅力的な人になりましょう。

 

連載 理想の恋と人生が掴める 厳選「聖地・パワースポット」

関連する投稿

ライタープロフィール

大濵 彩花

大濵彩花

ORDERMADE LIFE DESIGN 代表。松山大学・経営学部卒業後、トレンダーズ(株)女性起業塾 起業・キャリアプランナーとして女性の生き方・働き方を支援。経営陣選出 全社表彰制度MVP・新人MVP受賞。その後、慶応大学院 政策・メディア研究科 社会イノベータコースで学び、独立。古典・神道・伝統を温故知新に啓蒙する活動(クールジャパン事業採択)を展開。生き方、仕事、恋愛などのカウンセリングも行っている。

恋サプリ新着記事一覧

  • イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

  • 理想の相手と出会うために
    まずは、自分の恋愛傾向を知ることから。

恋サプリの処方箋 一覧

恋サプリライター一覧