結婚相談所・婚活するならツヴァイ

彼の「共感力」がわかる! 心理分析

彼の「共感力」がわかる! 心理分析

気になる彼のホンネがわかる! 恋の心理分析【第24回】

 

次の質問を彼にしてください。

 

《問題》

 

意中の彼女が、あなたに「失恋した」と相談をしてきました。

あなたなら、どう対応する? 次の【A】~【E】の中から、1つ選んでください。

 

【A】問題解決策を提案する

 

【B】鉄板のギャグで気分を変えさせてあげる

 

【C】なぐさめて自分の彼女にしようとする

 

【D】ただひたすら話を聞いてあげる

 

【E】自分も同じような体験をしたと話す

 

それでは、結果をチェック!

 

■「共感力」があるのは【D】を選んだ彼!

 

【D】の「ただひたすら話を聞いてあげる」を選んだ彼は、共感力を持っています。

あなたが悩んだときに、きちんと話を聞いて、気持ちをわかってくれるでしょう。

 

【D】以外の答えを選んだ男性は、共感力が低いかもしれません。

実は、共感力を持っている男性は稀なのです。

男性はそもそも尊敬されたい生き物です。「さすが!」「すごい!」とか、「知らなかった~。〇〇君、もの知りだね」などと、ほめてもらいたいと思っています。

では、【D】以外の答えについて、説明していきます。

 

■【A】「問題解決策を提案する」を選んだ彼は…

 

彼には、共感力よりも問題解決能力があります。そして、彼は、アドバイスすることで「〇〇くんのおかげで助かった」と尊敬されたいと思っています。しかし、実際あなたが彼に悩み相談をしたとき、話を聞くより冷静にアドバイスをされてしまうと、物足りなく感じるかもしれません。

 

■【B】「鉄板のギャグで気分を変えさせようとする」を選んだ彼は…

 

落ち込んだ相手を元気づけようと鉄板ギャグをする彼は、やさしい人です。でも、話題をすり替えようとするクセがあるかもしれません。もしもあなたが彼に深刻な悩みを相談したとき、ギャグで返されると腹が立ってしまうかもしれません。

 

■【C】「なぐさめて自分の彼女にしようとする」を選んだ彼は…

 

なぐさめて話を親身に聞いてあげるのは、「自分の彼女にしてしまおう」という目的達成のためです。本当に共感しているとは言えません。

 

【E】「自分も同じような体験をしたと話す」を選んだ彼は…

 

彼は、特に自己顕示欲が強いタイプかもしれません。相手の話を自分の話にすり替えるクセがあります。例えば、ケンカをしたとき、いかに自分が間違っていないか、自分が正しいかを力説します。相手の気持ちを理解しようとする共感力は弱いかもしれません。

連載 恋活

関連する投稿

    ライタープロフィール

    高橋そうすけ

    たかはし そうすけ

    婚活マスター、心理カウンセラー
    全国各地の婚活パーティーや婚活ツアーなどで講演を行う。心理学、脳科学、生理生態学の理論をもとに、人間の深層心理や男女の考え方の違いを紐解き、婚活を成功に導く実践的な方法を伝授。「あと一歩踏み出せない」「想いを届けきれない」男女を後押しし、恋のキューピットになっている。
    著書『愛され女子50+ハートのルール』(すばる舎)など。

    恋サプリ新着記事一覧
    • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

    • 恋愛力の強みと弱みを数値化

    • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

    • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

    恋サプリの処方箋 一覧
    恋サプリライター一覧