結婚相談所・婚活するならツヴァイ

彼の「恋の冷めやすさ」がわかる! 心理分析

彼の「恋の冷めやすさ」がわかる! 心理分析

気になる彼のホンネがわかる! 恋の心理分析【第14回】

 

《質問》

まず、下記の8項目の映画やドラマのジャンルを彼に提示します。

そして、ハラハラ、ドキドキする順に書き出してもらいましょう。

次に、最も好きなジャンルを1つ選び、〇をつけてもらいます。

 

A アットホームドラマ

 

B ヒューマンドラマ

 

C コメディー

 

D 恋愛もの

 

E アクション

 

F SF

 

G サスペンス

 

H ホラー

 

それでは、結果をチェック!

 

■回答と解説

 

回答を先に述べます。

彼が最も好きなジャンルとして〇をつけたものが、ハラハラ、ドキドキする順で上位にあればあるほど、恋が冷めやすい傾向があります。

 

まず、「恋の冷めやすさ」について。

大前提として冷めやすい人というのは、非常に熱しやすいともいえます。

つまり、恋に落ちやすいタイプです。

そして、恋愛に熱しているときには脳内の恋愛ホルモン(PEA)が分泌されています。この恋愛ホルモンは、どんなときに分泌されるかというと、恋愛しているときだけではなく、恐怖などでハラハラドキドキを感じているときにも分泌されるのです。

つまり、ハラハラドキドキする映画やドラマが好きなほど、PEAが分泌されたときの感覚を求めている傾向にあります。

しかし、すぐにその感覚は消え去るので、また新たな刺激を求めることになります。

映画やドラマであれば、次の刺激、また次の刺激と求めても問題ありませんが、この脳内ホルモンは恋愛中も分泌されるので、恋愛でも同じように新たな刺激を求めてしまうことになります。

 

さらに、冒頭で「大前提として冷めやすい人は熱しやすい」と言いましたが、それはなぜなのか、分かりやすく例えて説明します。

例えば、ペットボトルに500mlの飲みものが入っているとします。

少しずつ飲めば、なくなるのもゆっくりですが、一気に飲んでしまえば、あっという間になくなりますよね。熱しやすい人は、一気に飲んでしまうタイプなのです。

また、人間の自律神経(交感神経・副交感神経)は、一方が極端に働くと、もう一方が働いてバランスを取ろうとします。極端に恋愛に熱しやすい人は、極端に冷めやすいことが自律神経の働きからもわかります。

 

連載 恋活

関連する投稿

    ライタープロフィール

    高橋そうすけ

    たかはし そうすけ

    婚活マスター、心理カウンセラー
    全国各地の婚活パーティーや婚活ツアーなどで講演を行う。心理学、脳科学、生理生態学の理論をもとに、人間の深層心理や男女の考え方の違いを紐解き、婚活を成功に導く実践的な方法を伝授。「あと一歩踏み出せない」「想いを届けきれない」男女を後押しし、恋のキューピットになっている。
    著書『愛され女子50+ハートのルール』(すばる舎)など。

    恋サプリ新着記事一覧
    • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

    • 恋愛力の強みと弱みを数値化

    • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

    • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

    恋サプリの処方箋 一覧
    恋サプリライター一覧