婚活・結婚相談なら結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

男性がドキドキ! 淑女には、ミステリアスな色気がある

男性がドキドキ! 淑女には、ミステリアスな色気がある

気品あふれる「淑女」になれる花嫁教室【第6回】

男性を惹きつける女性の特徴に「謎めいていて、ミステリアスである」というものがあります。どこか色っぽい雰囲気が、男心をくすぐるのでしょう。男性は、ミステリアスな女性のどこに惹かれるのでしょうか。

■男性を惹きつける女性の「上質な色気」とは

「モテる女性には、色気がある」と言いますが、みなさんの考える「色気」とは、どのようなものでしょうか。

 

「色気のある女性」というと、胸の大きな女性のセクシーな姿を思い浮かべる方も多いと思いますが、「色気」は必ずしも、性的な魅力だけを表すものではありません。言葉そのものをひもとくと、「愛嬌」「風情」「おもしろみ」という意味もあるのです。相手への思いやり、優しさ、ユーモア、風情を大切にする女性こそ、本当の意味で「色気のある女性」なのです。

 

上質な色気のある女性には「相手をそっと受け入れる、上品な隙」があります。

女らしさを強調しようと、胸の谷間を見せ、甘えた声を出しているだけでは、遊び相手で終わってしまいます。かといって、女性としての魅力をまったく意識せず、凛としているだけでは、男性は近寄りがたいのです。

もしあなたが、新たな恋をしたいと思っているなら、男性をそっと受け入れる「上品な隙」を持ちましょう。微笑みをたやさず、話しかけやすい雰囲気の女性でいることです。男性は、とても繊細。いいなと思う女性を、お食事に誘うのにも、実は勇気がいるのです。あなたが、いつも優しく、声をかけやすい雰囲気の女性でいれば、お誘いも増えるはず。お誘いを受けたときにも「二人でお食事!? デートだわ!」と、必要以上に気負わないことです。その場を楽しむつもりで、お出かけしてはいかがでしょうか。

■男性に「もっと知りたい!」と思わせる、秘密のひきだしを持つ

「秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず、となり。」

 

これは、室町時代の能楽師、世阿弥が書いた能楽の理論書「風姿花伝」の中の一節です。解釈には諸説ありますが、「いいところ(花)は、少し隠しておく方が、観客を感動させられる。もっと見たいと思わせる。」というのが、おおよその意味です。

 

これは、恋愛に置きかえても同じ。はじめから、自分のことを全て開けっぴろげにせず、少しずつ見せていくのがいいのかもしれませんね。

 

とはいえ、そんなことを意識して男性と過ごすのは、疲れます。姑息なテクニックでどうにかしようとすると、どこか「作為」が伝わってしまうものです。そこで私がおすすめしたいのは、品格のある淑女ならではの「奥ゆかしさ」を持つことです。

 

「奥ゆかしい」という言葉。あまり日常的には使われていませんが、「上品で慎み深く、心惹かれるさま」という、美しい日本語です。
この「慎み深い」という点に、フォーカスをあてましょう。男性とお話しするとき、まずは聞き役にまわると良いでしょう。最初から、自分のことばかりをぺらぺらと話さないことです。

 

特に「過去の恋愛」については、取り扱いに注意です。これは私の経験ですが、かつて元同僚との食事の席で、過去に同じ職場の男性と秘密の恋をしていたことを、相手の名前を出して、武勇伝のように話していた女性がいました。昔の話であるとはいえ「何て、品がないのでしょう。」と思ってしまったことを、否めません。

 

それこそ、「秘すれば花」です。過去の恋愛話は、はじめのうちは、聞かれたら軽く答える程度で十分。「もっと仲良くなったら、お話しますね。」などというかわし方も、粋ですね。

■一人の時間を大切にできる女性が、モテてしまう理由

男性は、女性の「謎めいた部分」に惹かれます。

太古の昔、狩りをして暮らしてきたDNAを持つ男性には「獲得すること」「征服すること」へのこだわりがあります。つかみどころのない、謎めいた女性を、つい追いかけたくなってしまうようです。

 

恋愛したいときこそ、一人の時間を大切にしてはいかがでしょうか。

大人の女性ともなれば、つねに人と群れているようなことはないはずですが、一人の時間の過ごし方にも、品格を。ただなんとなく過ごすのではなく、学びの時間にあてたり、美術館に行ったり、一流ホテルのラウンジで読書、なんていう過ごし方も素敵ですね。

好きなことを楽しむ時間は、心がワクワク、あるいは、ゆったりとリラックスします。心の状態は、外見に表れます。資生堂の研究で、肌の機能をととのえる免疫細胞と、脳につながる神経細胞がつながっていることが解明されました。つまり、「ワクワク」や「ゆったり」が、あなたをキレイにするのです。「彼女、最近キレイになったけれど、何をしているのだろう?」と、男性の心をかき立ててしまうはず。

また、一人の時間を持つことで、魅力的な話ができるようになります。好きなことにうちこんでいると、どんどんその分野に詳しくなりますね。そうすると、そのことについて、しっかり語れるようになるのです。

 

好きなことについて語っているとき、人は、目が輝き、頬が紅潮し、表情がキラキラします。求められていないのに、ぺらぺらと話し続けるのはよくありませんが、もし男性が興味を持ってくれたなら、ぜひ、あなたがどんな時間を過ごし、何を得ているのか、お話ししてみてください。

 

自分の時間を大切にできると、相手の時間も尊重できるようになります。おつき合いがスタートした後、彼が一人の時間を過ごしているときも、「私と過ごしてくれないのは、愛されていないから?」と勘ぐったり、束縛しようとしたりすることが無くなります。「私も、自分の時間を楽しむから、あなたもどうぞ。」と、余裕のある女でいることができるのです。

連載 気品あふれる「淑女」になれる花嫁教室

関連する投稿

ライタープロフィール

樋口智香子

ひぐち ちかこ

マナーコンサルタント。魅力が伝わる「愛されマナー術」主宰。
資生堂ビューティコンサルタントを10年間務め、5万人以上を接客。美しい振る舞いを徹底的に身につけた後、キッザニア東京へ転職。ていねいな接客が内外から賞賛される。
接客マナー、ビジネスマナーなどの講師のディプロマを取得後、フリーのマナーコンサルタントに。「すぐに実践できる」、「役に立つ」と定評のあるマナー講座を法人・個人に行っている。

恋サプリ新着記事一覧
  • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

  • 恋愛力の強みと弱みを数値化

  • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

  • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

恋サプリの処方箋 一覧
恋サプリライター一覧