婚活・結婚相談なら結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

婚活パーティーで初対面の人へのスマートな誘い方、カップルになる可能性を高める方法

婚活パーティーで初対面の人へのスマートな誘い方、カップルになる可能性を高める方法

女性から誘う方法♡出会いや最初で男が女に臨むもの【第11回】

 

婚活パーティーがどのような形式なのかにもよりますが、一般的な『回転ずし&フリータイム』という形を想定してアドバイスいたします。

 

何人か目星をつけて、的を絞る!

まず、第7回の『二人になるタイミングを作り出す』もご参考にしてください

回転ずし(1対1の自己紹介タイムが3~5分でグルグル回ってくる)形式の時に、ある程度(3~4人)の目星を付けておく必要があります。

 

3~5分では無理!と思うかもしれませんが、人間は恋愛感情が「有か無しかは3秒で決まる」と言われています。なので、好きとか凄く良い感じという人がいなくても『有り』であれば、「あとで5分だけ2人でお話しする時間頂けますか?」と言ってください。

 

数字を大事にする!

婚活パーティーの場合、フリータイムと言っても時間がかなり限られていますので『5分』程度を提案する方が二人きりで話せる時間を確保できる可能性が高まります。 また、あなた自身も、何人かに二人で話す時間の提案をしていると思うので、『5分』程度が有効でしょう。先にも述べましたが回転ずし自己紹介をしている時に3人程度に絞っておくことが必要です。

 

そして、フリータイムで二人きりで話して、もし意気投合しても5分に留めておいてください。これが相手を誘導するテクニックです。焦らすことが大切!!相手もあなたのことが良いと思っていれば、もっと話したいと思うので、更にその先の約束を取り付けることが可能です。

※フリータイムで5分(仮に3人と5分ずつ話したとする。)で、更に一人に絞りましょう。その一人に対して更に後でもう一度2人きりで話す時間5~10分(フリータイムの時間による。)の提案をする。

 

そして、時間を置いて1人に絞った相手と二人きりで話す時間を作れれば、ほぼほぼカップル成立するでしょう。

 

1回の時間を長くするより、短い時間で回数を増やす!

大切なのは、一回の時間を長くするよりも、短い時間で回数を増やすことなのです。

これは信頼関係を構築するテクニックで、人は一回の長時間を共にするよりも、短い時間でも接見回数を増やした方が信頼関係を構築しやすいと言われています。

 

例えば婚活パーティーのような1回の場(同じ日)であっても、一度相手の視界から消えて、また現れるというだけで、接見回数は増えます。なので、お手洗いに行って戻ってくる…というだけでも、接見回数は増やすことが出来るのです。

 

婚活パーティーという限られた時間の中でも、間を挟んで接見回数を多くとった方が有利に働くでしょう!

 

逆に、良いなと思った人の近くをウロウロしたり、特定の人だけにへばり付いていたりしては、逆効果です! それよりも意中の相手を見つけたならば、他の人とも親し気に話している自分を相手に見せつけた方が効果的です。

 

男の独占欲を刺激する

男性には多かれ少なかれ、女性より独占欲があります。

さっき僕と仲良く話していたのに、他の男とも親し気に話している姿を見ると、相手のもう一度話したい欲を駆り立てることにも繋がります。

こういった男性心理を逆手にとって行動することがカギです!

ぜひ試してみて下さい!

 

 

連載 女性から誘う方法♡出会いや最初で男が女に臨むもの

関連する投稿

ライタープロフィール

高橋そうすけ

たかはし そうすけ

婚活マスター、心理カウンセラー
全国各地の婚活パーティーや婚活ツアーなどで講演を行う。心理学、脳科学、生理生態学の理論をもとに、人間の深層心理や男女の考え方の違いを紐解き、婚活を成功に導く実践的な方法を伝授。「あと一歩踏み出せない」「想いを届けきれない」男女を後押しし、恋のキューピットになっている。
著書『愛され女子50+ハートのルール』(すばる舎)など。

恋サプリ新着記事一覧
  • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

  • 恋愛力の強みと弱みを数値化

  • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

  • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

恋サプリの処方箋 一覧
恋サプリライター一覧