婚活・結婚相談ならイオングループの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

ダメ男好き女性必読!女を成長させる?ダメ男との恋とは

ダメ男好き女性必読!女を成長させる?ダメ男との恋とは

その恋、なんとかしましょう〈男も知りたい男の本音〉【第2回】

世の中にはどういうわけかダメ男に惹かれる女性がいます。ダメ男との恋や結婚が女性にもたらすものについて考えてみました。

 

「できる女」の彼女が結婚したイケメン夫の正体は!?

 

あるとき、A子の結婚披露パーティーにお呼ばれしたことがある。A子は清楚な美人だけど酒が入ると豪傑になり、ミュージシャンだというイケメンの新郎に腕をからめて「幸せになるぞー!」と乾杯の音頭をとっていた。ゆかいな思い出だ。

 

 

だが数ヶ月がたつと、はやくも「A子をあの男と別れさせようと思ってんのよ」と親友のBが息巻いていた。Bによると、

「ミュージシャンとかいってろくに音楽活動もしない」

「バイトのほかは毎日だらだらしているだけ」

「借金も二百万くらいあって、結婚前にA子がかわりに返してあげた」

「いいのは顔だけで、あとはとんでもないダメ男」

とのこと。

それから数ヶ月後、A子は離婚した。目の前のダメ男にすっかり愛想をつかしたのである。当たり前だ。しかし、BはまだA子のことを心配していた。

「A子はお金も稼いでいるしいい女なんだけど、好きになる相手がダメ男ばかりなんだよねえ」

Bによると、仕事のできる恋愛体質の女性ほど「ダメ男好き」なのだという。

 

 

なぜか女を引き寄せるダメ男の魅力とは?

 

ここでいう「ダメ男」とは、以下のような特徴を備えた男たちのことだ。

※()内は「ダメ男好き女子」の目にどう映るか

 

①見てくれはいい(イケメンでカッコいい)

②女子が憧れるような「夢」を持っている(思わず応援したくなる)

③「口だけ番長」で言葉に責任がない(キュンとするような甘い言葉)

④甘ったれの女好き(かわいい)

⑤寂しがり屋で浮気性(「この人はわたしじゃなきゃダメ」という母性本能をかきたててくれる)

⑥経済力がない(支えてあげたくなる)

 

 

結婚相手としてはどう考えても推奨物件ではない。それどころか恋愛の対象としてもおすすめできない。同じ男として、悪いやつとまでは言わないが、こうなってはならないというお手本である。ついでに言うと、自分の好きなコがこんな男にハマってしまったらたまったものではない。せつなくて泣く。

 

 

ところが、男目線で見てもまことに遺憾ながらダメ男には「女を引き寄せる魅力」があるのだ。

なにしろまず雰囲気がいい。「夢」がたとえば音楽だとしたら、米津玄師や福山雅治に化ける可能性が(きわめて薄いが)ある。二人でいるときはとにかく優しい。イケメンで優しいときたら、たとえお金がなくても胸がときめくだろう。苦労がともなうぶん、ときめきも大きいかもしれない。

ふりまわされた挙句、いつか別れが来ても、「あの人の胸に一生残る女」になりたいと思う女性は多いようだ。

 

 

しかし、Bは「甘いね」とバッサリだった。

「こういうダメ男は女にすがっていないと生きていけないんだよ。いまの女と別れたら、すぐ次の女と同じことをするんだよ。前の女なんかすぐに忘れるよ!」

 

 

はたしてダメ男とつきあって女性側にメリットはあるのか?

 

どうでしょう。女性のみなさん、それでもダメ男とつきあいますか?え、もうつきあっている?うーん、どうしましょうか。

 

 

だが、ダメ男との恋もまったくの無駄というわけではない。

ダメ男とのハラハラドキドキの恋愛はときめきに満ちていて、「わたし、いま恋している!」という実感を与えてくれるとしたら、ダメ男以上の相手はちょっとほかにいない。

最終的に破局が待っていたとしても、しなくていい苦労を体験することで自分が大人になるという一面は確実にあるし、結果、そこには人間的に「いい女」に成長した自分がいるはずだ。なによりこれを糧に男性を見る目も養うことができる。そんなあなたを次に待つのは幸せな結婚だ(とねがいます)。

ちなみに前述の友人A子ちゃんは、いまは別の男性と一緒になり幸せに暮らしている。

 

 

正直なところ、けっしておすすめしないダメ男との恋。でも恋は人にすすめられてするものではなく落ちるものだ。ならば落ちるにまかせて、人生に一度くらいダメ男を好きになってみるのも悪くはないかもしれない。なにより社会的には弱者のダメ男たちは、実はあなたのようなできる女性にすがるしかない、ある意味かわいくていたいけな生き物なのだから。

とはいえ、ダメ男はやっぱりダメ。結婚する相手ではないのです。ただ、恋をするなら自身の成長の糧として活用できる相手かもしれない。これはきっと経験しなくちゃわからないこと。それがわかっただけでも次の出会いや、そこで出会う男性に感謝できるようになるはずなのです。

 

イラスト/FJ

連載 その恋、なんとかしましょう【男も知りたい男の本音】

関連する投稿

ライタープロフィール

仲野ワタリ

仲野ワタリ

仲野ワタリ
作家/東京都出身
児童向け小説から大人向け小説、コミックのノベライズまで、なんでも書いています。実生活では家事と育児と仕事に追われる一児のパパ。
「恋サプリ」読者のみなさんの「男ともだち」になった気分で、恋や結婚(とその後に待っていることなど)について、いろいろ書いてみたいと思います。
著書に『名探偵!?ニャンロック・ホームズ』シリーズ、『猫手長屋事件簿』シリーズ、『幕末五七五!』、『ゲストハウス八百万へようこそ』、『妹は幽霊ですが、なにか?』、『小説 エンジェル・ハート ~消えた心臓~』など。

恋サプリ新着記事一覧
  • イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

  • 恋愛力の強みと弱みを数値化

  • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

  • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

恋サプリの処方箋 一覧
恋サプリライター一覧