婚活・結婚相談ならイオングループの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

彼に嫌われたくないから「あるコト」をやらないでいると、心がすれ違ってしまいます

彼に嫌われたくないから「あるコト」をやらないでいると、心がすれ違ってしまいます

恋の「ひと工夫」でだれよりも早く彼をゲット!【第14回】

 

彼との幸せな関係を続けていくために「不可欠なこと」

 

女性がよくやりがちなふるまいの1つに、「私の気持ちをわかってくれない」「なんでわからないの?」と心の中がモヤモヤしたり、たまってくるとイライラして自分で怒っているだけで、「どうしてほしいのか?」を具体的に相手に伝えられないということがあります。

ところが男性は「察する」のが苦手ですし、そもそも「察してほしい」というのがムリなお願いなのです。

 

 

恋愛でよい関係を作るためには、「私は、どうしてもらいたいのか?」「どうされたら嬉しいのか?悲しいのか?」を伝える続ける工夫が欠かせません。

多くの人が、このことを知識としては分かっています。でも、いざとなると、<こんなことを言ったら、彼に嫌われるかもしれない……>と怖くなり、自己主張できなくなってしまう人がいます。

しかし、長期的に考えてみると、自己主張しないことの方が2人の関係を壊していくことが多いのです。

彼と幸せな関係を続けていくために絶対に不可欠なこと、それは、「具体的に分かりやすく自分が思うことを伝えること」です。

あなたは自分の思いをしっかり伝えられていますか?

 

 

男女の恋愛シーンでありがちな「すれ違いのエピソード」

 

ここで、30代の女性、Mさんが「自己主張しないとダメ!」と強烈に感じたエピソードを紹介しますね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Mさんは、ある日、デート中に体調が悪くなりました。

 

「具合が悪い」と伝えたのに、彼はそっけない態度のまま・・。Mさんは、本当は、彼に「大丈夫?」「薬を買ってこようか?」と優しい言葉でいたわってほしかったので、彼のふるまいに混乱してしまいました。頭の中で、いろいろな想いがグルグルとめぐります。

「優しくしてくれない・・ということは、私のことが好きじゃないのかな?」

「それとも、気分がかなり悪いってことが伝わっていないだけ?」

「もしかして、彼は冷たい人なのかも?」

 

Mさんは、「彼が、自分が期待するような態度をとってくれなかったこと」で、必要以上に不安になってしまいました。いったんは、「今ココロの中にある不満を口に出さないで、このままやり過ごそうか?」と思ったMさん。でも、勇気を出して、こんな風に自分の気持ちを伝えました。

 

「私は、体調が悪いときには、大丈夫?って優しい言葉をかけてもらいたいんだけど。○○君は、私のことを心配していないの?」と。

そうすると、彼から「思いもよらなかった返事」がかえってきました。

「Mちゃんの体調は心配だよ。ただ、俺の場合は、具合が悪いときは、何も言わないでほおっておいてほしいから。Mちゃんもそうなのかと思って、わざと何も声をかけなかったんだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

このエピソードから分かるのは、Mさんが「勇気を出して、彼に自分の気持ちを伝えた」ことによって、実は、「何も言わずにほおっておいたことが、彼なりの思いやりのカタチだった」と判明したのです!

 

 

相手のふるまいに強く不満を感じたときに「やるべきこと」

 

 

上記のエピソードで、もしMさんが、彼のふるまいに不満を抱いたまま、何も言わずにやり過ごしてしまったら、その後の2人の関係はどうなっていたのでしょうか?

 

Mさんは、「彼なりの思いやりのカタチ」に気づかないままです。そして、彼も、「Mさんが実は不満を抱いていたこと」を知らないままにお付き合いが続いていきます。

 

仮に、またMさんの体調が悪くなっても、彼は何もしないでしょう。そして、彼のその態度を見て、再びMさんは大きな不満を抱くことになる。

 

このエピソードのポイントは、2人とも相手のことを思いやっているのに、「それぞれが考える思いやりのカタチ」が違っているので、誤解が生じているだけなのです。

 

男女がお付き合いを続けていくと、このような「些細なすれ違いや誤解」が積み重なっていき、修復できないほどのケンカや別れにつながることがあります。

 

だからこそ、それを避けるために、普段から「彼が冷たいな・・」など相手のふるまいに強く不満を感じたときに、「私は、○○されると悲しい」とか「○○してくれたら嬉しい」と具体的に自己主張をしていった方が絶対にいいのです。

 

 

2人のハッピーは「具体的に自己主張すること」で育んでいく

 

 

彼が、あなたを大切な存在だと思ってくれていれば、きっと「あなたの希望を叶えてあげよう、変わろう」と努力してくれるはずです。

 

そう。2人のハッピーは、共に作り上げていくもの。

「2人が、具体的に自己主張をしていくこと」によってこそ、「お互いが相手に望んでいること、やってもらいたいこと」がモレなく伝わっていき、心地よい恋愛関係を育むことができるのです。

 

 

きょうの工夫ポイント!

 

★男性は「察する」のが苦手なので、わかってくれるという過剰な期待はしない

★「私は○○されたら嬉しい」「○○されたら悲しい」と伝えたいことをわかりやすく具体的に!

連載 恋の「ひと工夫」でだれよりも早く彼をゲット

関連する投稿

ライタープロフィール

星るりか

星るりか

星るりかです。2017年に愛する人と突然の離婚。
深い絶望感に苦しみながらも、「女としての人生をあきらめたくない!」という強い想いで、恋の出会いを求めました。現在は、年上の恋人と2人暮らし。英語講師を経て、幸恋トレーナーとしても活動中。下記のサイトで、幸せな恋へつながるマインドや恋愛コミュニケーションをアドバイスしています。

http://恋愛.website/

恋サプリ新着記事一覧

  • イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

  • 恋愛力の強みと弱みを数値化

  • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

  • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

恋サプリの処方箋 一覧

恋サプリライター一覧