結婚相談所・婚活するならツヴァイ

結婚できない男の「口グセ」あるある3つ

結婚できない男の「口グセ」あるある3つ

結婚できない男あるある【第10回】

こんにちは。婚活セミナー講師の大橋清朗(おおはしきよはる)です。

見た目も悪くないし会話もできるのに、なぜか結婚できない男は、性格が悪くみられるというのがあるかもしれません。

相手の性格は、行動や言動で徐々にわかってきます。その性格が悪いかどうかは個々で判断することであり、人によって印象は違うかもしれませんが、多くの女性から嫌われる性格だと、結婚できない男になってしまいます。

友達作りではなく、結婚相手を探している婚活では、特に女性は男性のことを細かくチェックしています。このチェックは減点方式になっており、その女性が考えるマイナス点があれば、容赦なく減点されます。

見た目だけでなく、相手との会話でも判断し、その男性とまた会うかどうかを決めます。男性がどんな話をしているかだけでなく、その発した言葉のひとつひとつにも注意が払われているのです。

 

例えば、女性との日常会話でこんなことがありませんか。

男性「○○さん、今日は可愛いね!」

女性「今日は!?」

その女性は、「今日も可愛い」と言ってほしかったのです。「今日は」ということは、昨日までは可愛くなかったという意味でとらえます。

男性としては、こんな細かいことをいちいち気にかけていられませんが、女性はこのような細かいところまで感じとれるのです。

 

このような女性の特性を理解している男性は、女性とのコミュニケーションをスムーズにできます。一方、会話ができるのに「結婚できない男」は何も考えず、思っていることはそのまま言います。その話の中に女性が嫌う言葉があり、男性の性格の悪さを表して「口グセ」になっていたら、おもいっきり減点されます。

今回は結婚できない男のそのような「口グセ」についてお伝えします。

 

■「でもさぁ」「そうじゃなくて」

 

女性との会話で大事なポイントとして「共感」があります。相手の話をよく聴き、その話に共感できるかどうかです。

会話はできるがうまくいっていない男性の特徴は、この共感ができていないケースが多いです。自己主張の意識が強く、まず相手の話が聞けない。聞いていても受け流している。そして、相手の話に突っ込むタイミングができれば、すかさず「でもさぁ」、「そうじゃなくて」という言葉を発し、相手の話を否定する。その後は自分の考えを話して、相手と張り合うような展開になります。

たとえその男性の考えの方が正しかったとしても、女性はその男性とは仲良くなろうとは思えず、ただの性格が悪い男になります。

 

共感は、まず相手の考えを受け入れて相手を理解するコミュニケーションの過程です。これができず、否定する言葉が口グセになっていると、これからも初対面の女性と仲良くすることができずに、結婚できない男のままになるのでしょう。

 

女性を否定する気がなくても、自分の考えを伝えたいために、何気なく否定する言葉を発することがあるかもしれません。婚活の出会いは結婚相手を探しているので、自分のことを知ってもらいたいという気持ちが強いとこのような展開になることもありますので、注意が必要です。

 

■「君って、○○だよね~」「女って、○○でしょ」

 

今度は相手をこういう人だと決めつける言葉です。

相手との付き合いが長いとすでに人間関係ができているので、自分では気づかない自分のことを見てくれている、気づいてくれていると相手は思うかもしれません。しかし、このような言葉が口グセになっている結婚できない男は、まだ初対面に近いのに、相手をこうだと決めつけてきます。自分はすぐに相手のことがわかると言わんばかりです。

 

「あんたに私の何がわかるの」

「あんたに私のことを決めてほしくない」

 

初対面の女性との会話の中で、「君って、○○だよね~」「女って、○○でしょ」は、最悪ランクの言ってはいけない言葉ではないでしょうか。たとえイケメンで条件も良い男性が言ったとしても、いきなりこのような言葉を受けたらほとんどの女性は拒否するでしょう。いわゆる「残念なイケメン」になります。

こんな言葉が口グセになっているなんて、最高ランクの結婚できない男ですね。

 

■「ダメ」「グズ」「バカ」

 

最後は、ストレートに相手を否定する言葉です。この言葉を初対面で発することは普通の人ならしません。このケースは、友達関係や恋人関係の男女の会話でおこります。

 

この言葉を発する男性も最初は優しかったかもしれません。だんだんと関係が近づくにつれて会話の中にこのような言葉が少しずつでてきます。そしてついに相手を否定する性格により、このような言葉を出すことが日常化していくのです。

 

あとは、このような関係を相手女性がどう受け取るかです。すでに恋愛感情が生まれているなら、この言葉は自分を叱ってくれる優しさと受け取る女性もいます。この先、DVなどが待っているかもしれないのに、結婚まで至るケースです。ケンカなどが頻繁な関係ならこのような言葉がさらに関係を悪化させて、ついには別れるケースもあります。

 

これらの口グセは本人の性格にもとづくものであり、これまでの人生で形成された性格はもう大きくは変わらないので、直すことは難しいでしょう。

こんな言葉を発していても結婚できる男もいれば結婚できない男もいます。結婚は、相手次第でありタイミングでもあるからです。でも今回お伝えした口グセが日常化していると、やはり結婚できない可能性は大きいです。

連載 結婚できない男あるある

関連する投稿

    ライタープロフィール

    大橋 清朗

    おおはし きよはる

    婚活セミナー講師。NPO法人花婿学校代表。
    一般社団法人日本婚活コミュニケーション協会代表理事。
    全国各地で婚活セミナーを行い、コミュニケーション力アップ、婚活戦略などを提案。中立的な立場で未婚者や独身者の婚活をサポートしている。著書は、『また会いたくなる人 婚活のためのモテ講座』(講談社)、『「婚活」の会話にはツボがある! 男のための話し方トレーニング』(青春出版社)など。
    『花婿学校』

    http://www.hanamuko.com/index.html

    恋サプリ新着記事一覧
    • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

    • 恋愛力の強みと弱みを数値化

    • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

    • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

    恋サプリの処方箋 一覧
    恋サプリライター一覧