婚活・結婚相談ならイオングループの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

デートでスカートを履かない女性は、有罪ですか?【恋サプリの恋愛裁判】

デートでスカートを履かない女性は、有罪ですか?【恋サプリの恋愛裁判】

2019.01.07(月) 更新

恋サプリの【恋愛裁判】第2回

パンツスタイルを好む女性は言います「好きな服を着たいだけ」と。男が好むからという理由でスカートを履くのは、媚びているみたいで嫌だという女性が、デートでご馳走してもらったり、エスコートしてもらうことを望むのは、有罪でしょうか?

 

男性が女性のスカート姿を好む理由

男も女も、異性に求めるのは、「自分にないもの」。女性が、自分より身長が高く、肩幅が広い男性を好むように、男性は、女性の胸やお尻の丸み、柔らかそうな太ももに、自然と目がいくものです。子育て中の女友達は、幼稚園に通う息子と二人で出かける時には、いつも素カードを履くのだとか。なぜなら、ママがスカートを履いているだけで、息子はとても喜んでくれるから。この事例からも「スカートが好き」というのは、生まれた時から、男性の遺伝子にインプットされていることがわかります。

 

スカートを履かない女の正体

最近は、スカートを履かない女性が急増しています。理由は「女性ばかりの職場で、男性の目を気にする必要がない」「動きやすい」「冷え防止」など、人それぞれですが、パンツスタイルを好む女性は、①日本人には難易度が高いデニムを格好良く履きこなすことで、スタイルの良さを強調したいタイプと、②体型に自信がない為、ロングヘアで女性らしさを強調し、肌の露出を最小限にすることで、男性の視線が身体に向かうのを避けたいタイプに二極化します。

 

胸が小さい女性が、男性の視線を脚に向ける為に、ミニスカートを履くのが、常套手段であるように、殆どの女性が、服装選びでは「コンプレックスをカバーしてくれる」ことを最優先し、次に「自分の魅力を引き立てる」装いを選ぶものです。但し、忘れてはいけないのは、女性と男性では、理想とする「女性の体型」が違うということ。余分な贅肉のない細くて長い脚が女性の願いでありますが、男性は棒のような脚よりも、ムチっとした太腿を好む人も多く、女性のファッションは「誰の目を意識するか」によって、その都度、変える必要があるのです。

 

デートファッションは誰の為?

レストランでの食事デートは、上半身勝負なので、服装のメインはトップスと考えがちです。しかし、下半身はテーブルの下に隠れている為、パンツスタイルやヒールのないペタンコ靴でも構わないというのは大間違い。話に夢中になっている時は、相手の顔を見つめていることが多く、服装には目がいかないものですが、料理を注文をするタイミングや、お手洗いに立つ時等は、瞬時に全身がチェックされていると覚悟しましょう。

 

そもそも、デートでの装いは誰の為でしょうか?もちろん、美しく見せることが目的ですが、それは自分からではなく、お相手の男性に評価されて初めて成功といえます。デートをしてみて「この男性は、(彼氏や結婚相手として)微妙に違うなあ」と感じたとしても、男性には「自分にはもったいない素敵な女性だ」と思われ、強く求められれば、それは自信となって、女性を更に美しく輝かせます。その繰り返しで、恋愛上級者になった暁には、デート相手だけではなく、お店のスタッフや、他のテーブルにいる男性からも、注目を浴びる装いを目指していく。そこまでいけば、もうあなたは、微妙な男性から誘われることのない上級の女になったという証であります。

 

【判決】

初デートの服装は、相手の気持ちを最優先し、スカートスタイルで臨むことが、デート成功の秘訣。

連載 恋サプリの「恋愛裁判」

関連する投稿

ライタープロフィール

田口いづみ

田口いづみ

恋愛コンサルタント
婚活パーティーや、1対1のお見合い婚活でのカウンセリングの他、独身男女の婚活エージェントとして活躍中。
自分に釣り合うレベルで妥協せず、少しだけ上を見て努力する恋愛こそが幸せを招くというモットーの下、厳しくも愛情溢れる恋愛アドバイスが人気。
会員制・ハイクラス婚活サロン「タイザノット」代表。
タイザノット公式ブログにて、婚活情報発信中。

http://tietheknot.style/

恋サプリ新着記事一覧

  • イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

  • 理想の相手と出会うために
    まずは、自分の恋愛傾向を知ることから。

恋サプリの処方箋 一覧

恋サプリライター一覧