結婚相手との出会い方ランキング
新たな出会いのきっかけにマッチングアプリも!

結婚をしていない人、彼氏彼女がいない人が口を揃えていう「出会いがない」の一言。

本当に出会いはないものなのか? 結婚している夫婦はどこで出会ったのか? そんな素朴な疑問を徹底解明していきます。

 

<目次>

1.交際相手と結婚相手との出会い方の第1位は……

 ①交際相手との出会いのきっかけランキング

 ②結婚相手との出会いのきっかけランキング

2.出会い方に変化が起きた2021年

3.まだ出会えていない独身者必見!今からでもできること

 ①マッチングアプリを登録する

 ②友人・兄弟姉妹に紹介してもらう

 ③職場や仕事

 ④学校の繋がりから探す

 ⑤結婚相談所に入会する

4.結婚したい人が意識すべき4つのこと

5.出会い方は100組の夫婦がいたら100通り

 

1.交際相手と結婚相手との出会い方の第1位は……

2015年「第15回出生動向基本調査」で発表された交際相手・夫婦の出会い方をランキングすると、下記の結果になりました。

 

【交際相手との出会いのきっかけランキング】

第1位 学校

男性:27.8%

女性:23.7%

 

第2位 友人・兄弟姉妹を通じて

男性:20.7%

女性:20.9%

 

第3位 職場や仕事

男性:18.5%

女性:21.5%

 

第4位 サークル・クラブ・習い事

男性:6.3%

女性:7.2%

 

第5位 アルバイト

男性:5.4%

女性:6.7%

 

上位3つの学校、友人・兄弟姉妹を通じて、職場や仕事が、実に7割を占めています。

 

【結婚相手との出会いのきっかけランキング】

第1位 友人・兄弟姉妹を通じて

30.9%

 

第2位 職場や仕事

28.1%

 

第3位 学校

11.7%

 

第4位 街中や旅先

5.7%

 

第5位 サークル・クラブ・習い事

4.9%

 

結婚のきっかけとなると、友人、兄弟姉妹を通してと職場・仕事が3割ずつという結果に。

 

2.出会い方に変化が起きた2021年

ただし、上記のランキングは2015年度のもの。コロナ禍を経て、人々の出会いの方法も変わってきています。「2021年マッチングサービス・アプリの利用実態調査」によると、恋人探しに利用する場所というテーマで調査したところ、コロナ前は「職場や学校」が40.1%、「友達の紹介」が39.6%だった数字がコロナ後は「マッチングサービス・アプリ」が42.6%、「職場や学校」が29.4%という結果に。

外出自粛で結婚相談所の会員数が増加したり、オンライン婚活という言葉も生まれましたが、マッチングアプリで出会って結婚する夫婦の数も、今後増えていくのは目に見えています。

 

3.まだ出会えていない独身者必見!今からでもできること

先ほどのランキングを踏まえて、まだ「出会えていない」と嘆くあなたが結婚相手と出会うために、明日からできることを紹介します。

 

マッチングアプリを登録する

急速に会員数を増やし続けるマッチングアプリは今や出会いの鉄板。年齢が上がるほど、抵抗がある人も多いマッチングアプリですが、手軽に始められるアプリは他の婚活手段と平行して利用する人も多いもの。ただし、利用者の中には結婚を目的としていない人もいます。

 

友人・兄弟姉妹に紹介してもらう

アプリに比べるとアナログな方法ですが、身近な人からの紹介はやっぱり信頼度ナンバーワン。あなたのことをよく知っている人だからこそ、客観的に見てピッタリな人を紹介してくれるはず。ただ、お互いの時間がムダにならないように最低限の条件を伝えておくとよいでしょう。

 

職場や仕事

よく言われることですが、すでに出会っている人の中に未来の結婚相手がいるかもしれません。まずは異性として意識してみて、いい人がいれば、いきなりふたりきりで会おうとするのではなく、何人かで誘って関係を深めていきましょう。

 

学校の繋がりから探す

今まであまり顔を出していなかったとしたら同窓会や同級生との集まりに参加してみましょう。お互い学生時代を知っているけれど、大人になってからのことを知らない人とは、共通の話題があるので新鮮な話ができるでしょう。

 

結婚相談所に入会する

真剣に結婚したいと考えている人と効率的に出会いたい方は、結婚相談所を利用することも手です。結婚相談所では独身証明書や身分証の提出、また収入証明の提出が義務付けられているので、身元のたしかな方と出会えるメリットもあります。

 

4.結婚したい人が意識すべき4つのこと

その1.自然な出会いなどないと肝に銘じる

自分から何も行動をしていない人に限って「いい人がいない」「出会いがない」と口にします。まずは積極的に出会いの場所へ出向くこと。よく「自然な出会い」と言いますが、自然な出会いなどありません。今までの日常生活で出会いがなかったなら積極的に行動しなければ、結婚相手は見つからないのです。まずは一歩を踏み出すのみ。

 

その2.いい人には積極的にアプローチする

人は誰しも傷つきたくないので、受け身になってしまいがち。だからといって、相手からのアプローチを待っていてはいけません。自分がいいと思った人には、積極的にアプローチをしましょう。自分から連絡したり、デートに誘って関係性を深めていきましょう。異性とやりとりする習慣をつけると、普段着るものや見た目を意識的に考えるようになるはずです。

 

その3.お相手のいいところを見つける

出会いの場で気をつけるべきことは、相手のいいところに目を向けること。減点方式でいくと、些細なことが気になってしまい、関係生が発展しにくいものです。すべてが完璧な人はいません。また婚活は自分が選んでいると同時に、自分も選ばれる立場であることを忘れてはいけません。結婚相談所ツヴァイのコンサルタントに結婚できない人の傾向を聞くと、必ず入っているのが「理想が高すぎる」こと。妥協するというと聞こえが悪いですが、ものはなんでも考えよう。身近にいる人のいいところを探してみるなど、日ごろから相手の長所を探してみるようにしましょう。

 

その4.どんな人と出会いたいかノートに書き出す

自分の理想の結婚相手をすぐに言えますか? 「やさしい人」「面白い人」「一緒にいて落ち着く人」いろいろな条件があると思いますが、本当に自分が大事にしたいことはなんなのか一度考えてみましょう。それを口に出すことで、不思議と縁が広がっていくはず。

 

5.出会い方は100組の夫婦がいたら100通り

結婚相手の出会い方について紹介してきましたが、言ってしまえば出会い方は人それぞれ。100組の夫婦がいたら、ひと組ずつに結婚までのストーリーがあるように、同じように見えても厳密にいえば違うはず。ランキングには挙がらないようなドラマチックな出会い方をする人もいるでしょう。大事なのは、出会いのために行動をするかどうかです。

そのためには、期限を設けて30歳までに結婚したい、35歳までは仕事をバリバリやる。など、目標を定めていくこともいいでしょう。短期集中で、年内に○人とデートをするなど、具体的な数字を決めてやるとモチベーションもアップするはず。婚活は、自分と向き合うなかなか根気のいる作業なので、あまり気負わず楽しむ気持ちで取り組むとよいでしょう。自分ひとりでは抱えきれない、客観的なアドバイスが欲しいという人には結婚相談所がオススメ。まずは無料でできるマッチング無料体験をやってみるのもいいでしょう。理想の結婚相手に出会って、幸せを掴み取りましょう。

 

マッチング対象者数9万人
日本最大級の結婚相談所ツヴァイ

ツヴァイは創業38年。
これまで多くのご成婚を育んできました。
会員数が多いこそからできるデータマッチング型のご紹介と、アドバイザーがお見合いのご調整からご成婚までサポートする仲人型のご紹介で、あなたの幸せなご結婚をお手伝いします。
  
※2021年4月時点ツヴァイ会員と日本結婚相談所連盟の会員合計

  • 日本最大級9万人が活動中。
  • アドバイザーがお見合いのご調整からご成婚までサポート。
  • お見合い調整やお気持ちの橋渡しもおまかせ。
  • 全国50店舗のネットワーク。
  • 会員限定のパーティーも充実。

結婚相手と出会うなら、
結婚相談所ツヴァイでの活動をご検討ください。

ツヴァイでは年間5,427名の方を
成婚へ導いています(※)

※2018年3月〜2019年2月の1年間に交際・婚約・結婚を理由に退会届を当社に提出されたお客さま(会員同士・会員外)