付き合いたい相手と理想の結婚相手の違いとは?

「付き合うのはいいけど、結婚相手としてはちょっと……」男女ともによく聞くフレーズです。実際の問題として、恋愛と結婚は大きく違うため、交際相手と結婚相手はまったく違う要素が求められます。その違いとは、結婚したいと思わせる人がどんな人なのか、結婚相談所のマリッジコンサルタントへの取材をもとに、特徴を紹介していきます。

 

<目次>

1.付き合いたい相手になりたい?or結婚したい相手になりたい?

2.付き合う人に求めること

3.結婚する人に求めること

4.ズバリ解明!結婚したいと思われるのはこんな人

 ①柔軟性がある人

 ②ポジティブな人

 ③謙虚な姿勢を持っている人

 

1.付き合いたい相手になりたい?or結婚したい相手になりたい?

女性誌の特集にありがちな「付き合いたい芸能人ランキング」や「結婚したい芸能人ランキング」の顔ぶれが違うように、付き合いたい相手と結婚したい相手とでは、条件がそれぞれ変わるもの。恋愛は瞬間瞬間が楽しければいいとされますが、結婚となると長い時間をともにするため、内面を重要視する人が多くなります。

見た目に自信がない人でも、婚活市場ではもてはやされることは大いにあるので、違いを知って婚活を有利に進めていきましょう。

 

2.付き合う人に求めること

2016年に23歳から39歳の未婚男女600名を対象に行われた調査によると、結婚したい異性、付き合いたい異性に求めることは下記のようなランキングになったそう。

 

【男性が付き合いたい女性に求めること】

1位 美人・かわいい

2位 性格が優しい、穏やか

3位 価値観が合う

4位 会話が弾む

5位 スタイルが良い

6位 性格がかわいい・甘え上手

7位 金銭感覚が合う

8位 料理上手

9位 色っぽい

10位 性格がしっかりしている

 

 

【女性が付き合いたい男性に求めること】

1位 性格が優しい・穏やか

2位 価値観が合う

3位 性格が誠実・まじめ

4位 かっこいい

5位 包容力がある

6位 性格が面白い

7位 金銭感覚が合う

8位 背が高い

9位 多趣味・物知り

10位 スタイルが良い 

 

男女によって順位はそれぞれ違いますが、ともに「美人・かわいい」「かっこいい」など、見た目が重要視されていることが読み取れます。付き合う相手や恋愛に求めているものを大きくまとめると、この3つが大事とされているようです。

 

①ドキドキさせてくれる

恋愛の醍醐味といえば、相手が自分のことをどう思っているだろう?という高揚感。相手の言動ひとつで一喜一憂してしまうのは、その人のことが好きだから。そんな刺激が感情を揺さぶります。

②自分好みの見た目

男女ともに「美人」「かっこいい」「スタイルが良い」という条件を挙げる人が多いように、交際相手には自分好みの見た目を求めていると言えるでしょう。自分の好きな見た目だったら、多少のことを許せる人がいるように、見た目が好みかどうかがドキドキにもつながっていきます。

③他人からの評価

付き合っている相手によって自分の価値が決まると思っている人がいるように、肩書きや見た目、その人と付き合っていることが自慢になるような相手と付き合いたい人もいます。芸能人と付き合っていることを仄めかす「匂わせ」も、そのひとつです。

 

3.結婚する人に求めること

では、次に同じ調査で結婚相手に求めることランキングを見てみましょう。

 

【男性が結婚したい女性に求めること】

1位 価値観が合う

2位 性格が優しい、穏やか

3位 金銭感覚が合う

4位 料理上手

5位 美人・かわいい

6位 家事が得意*

7位 性格がしっかりしている

8位 会話が弾む

9位 性格がかわいい・甘え上手

10位 包容力がある*

 

 

【女性が結婚したい男性に求めること】

1位 価値観が合う

2位 性格が優しい、穏やか

3位 性格が誠実・まじめ

4位 金銭感覚が合う

5位 包容力がある

6位 高収入*

7位 性格がしっかりしている*

8位 子供が好き*

9位 家事が得意*

10位 性格が面白い

 

男性が結婚相手に求めるものは、「付き合いたい女性」では1位だった「美人・かわいい」が5位に成り下り、2位だった「価値観が合う」という意見が1位に。新しく「家事が得意」という項目が追加されています。

 

女性にいたっては見た目の条件は10位以下の圏外となり、新しく「高収入」や「子供が好き」「家事が得意」など、現実的な言葉が並んでいます。恋愛相手に求めるものに対して結婚相手に望むものは、こちらの3つと言えるでしょう。

 

①落ち着いて暮らせる安心感

付き合う相手には刺激を求めているのに対して、結婚という人生におけるパートナーとして求めるのは、対照的な癒しや安心感。恋愛であればモテる異性は自分のステータスにもなりましたが、結婚となると不倫など逆にトラブルを招きかねないマイナスな要素となってしまうことも。

②共通の価値観

付き合いたい異性に求めるものでも男女ともに順位が高かった「価値観が合う」ことも、結婚生活を営む上で大事な要素。金銭感覚やこんな家庭を持ちたいという家族像など、感覚が近ければ近いほど、衝突を避けられ穏やかに過ごせるでしょう。

③生活力

「思考が現実的」と言われる女性ならではの項目がずらりと並んだ6位から9位。家事や子供が好きかどうか、そして収入は生活する上で重要なものなので、ランキングに入ってくるのも納得です。共働きの夫婦が増加している現在、家事や育児に積極的かどうか、仕事や遊びばかりで家庭を顧みない人より、家庭を大切にする人が求められているのです。

女性の「付き合いたい男性」、「結婚したい男性」の上位3つが「価値観が合う」、「性格が優しい、穏やか」、「性格が誠実・まじめ」という結果からも読み取れるように、基本的に女性は、「付き合う人」イコール「結婚したい人」と考えているといえそうです。

 

出典:アニヴェルセル株式会社 https://www.anniversaire.co.jp/

 

 

4.ズバリ解明!結婚したいと思われるのはこんな人

付き合いたい相手と結婚相手は似て非なるもの。では、実際どんな人が結婚したいと思われているのでしょうか。

 

柔軟性がある人

自分のこだわりを持つのはもちろん大事ですが、婚活において理想が高すぎるのはマッチングする確率を下げてしまいます。どうしても譲れないポイントは大事にしつつ、柔軟性がある人のほうが、みんなから結婚したいと思ってもらえるでしょう。

 

ポジティブな人

人のいいところを探すのが得意な人は、結婚したいと思ってもらえるポイントが高いです。結婚生活はいいことばかりではありません。そんなときに支え合う家族はなんでも前向きに捉えてくれるほうが頼もしいでしょう。逆に「いや、でも」となんでも否定から入ったり、ネガティブな考え方から抜け出せない人は一緒にいても疲れてしまうし、障害を一緒に乗り越えるイメージを持てません。

 

謙虚な姿勢を持っている人

婚活は、自分も選ばれる立場にいることを忘れてしまいがち。自分の理想を並べるのはいいですが、その人からも「結婚したい」と選ばれて初めて成立するのが結婚です。自分の要望ばかり押し付けず、謙虚な姿勢をもち、内面を磨いていこうとする人とは、結婚してからの生活も想像がしやすいはず。

 

このように、結婚したいと思われる人は、ひとことでいうと「性格のいい人」。日々の生活で感情的になったりせず、精神が安定しており、相手に対して聞く耳を持っている人。誠実で自分のことだけを愛してくれる。これらは見た目など、変えようと思っても簡単には変えられないことではなく、どれも自分の心構え次第で変えられるものです。

 

今までまったくモテてこなかった人でも、婚活市場では引け目を感じる必要はありません。逆にモテてきた人ほど、今までのようにはいかないので苦戦をするかもしれません。しかし、難しく考えずに「こんな人と一緒にいたら幸せだろうな」と思えるような人に自分がなることから始めましょう。今さら性格を変えるなんて無理……と不貞腐れずに、1歩を踏み出すことで、行動は変わっていくはずです。

 

希望条件のマッチング結果を
入会前に見てみませんか?

他のエピソードを読む

オンラインでの体験もOK

マッチング無料体験を予約する