結婚相談所で10歳年上の男性と結婚するケースはあるの?

「歳の差婚」という言葉があるように、結婚相談所で歳の差がある2人が結婚するケースももちろんあります。では、10歳年上の男性と女性が結婚することはあるのでしょうか?


《目次》

  1. 1.成婚者の年齢差
    • 男性の場合
    • 女性の場合
  2. 2.活動している方の希望
  3. 3.10歳年上の男性と年下女性が結婚するケースはあるのか?
  4. 4.どうしても10歳年下の女性と結婚したいなら
    • ポイント1 写真でどれだけ若く見せられるか
    • ポイント2 女性の関心があることに興味を持つ
    • ポイント3 同世代にない魅力を見せる
  5. 5.まとめ

1.成婚者の年齢差

実際10歳年上の男性と結婚したケースはあるのか? 長年会員に寄り添って婚活をサポートしているカウンセラーに実際のケースを教えてもらいました。また、成婚者の平均的な年齢差についても紹介します。まず2023年に日本結婚相談所連盟から発表された「成婚白書」による、成婚者の平均的な年齢差は下記の通りです。

男性の場合

20-24歳 −3.5歳

25-29歳 0歳

30-34歳 +2歳

35-39歳 +3歳

40-44歳 +5歳

45-49歳 +6歳

50-54歳 +6歳

55-59歳 +6歳

60歳以上 +5.5歳

女性の場合

20-24歳 -6.5歳

25-29歳 -4歳

30-34歳 -3歳

35-39歳 -3歳

40-44歳 -3歳

45-49歳 -4歳

50-54歳 -3歳

55-59歳 -2歳

60歳以上 -3歳



これらは2022年にIBJネットワーク内の結婚相談所で成婚した11,269名の成婚者データで、全世代の平均年齢差は、男性が3.3歳差、女性が3.5歳差という結果になっており、男性は3歳下の女性と、女性は3歳年上の男性と結婚していることがわかります。

2.活動している方の希望

成婚された方の年齢差は「3歳差」が多いことを紹介しました。では、成婚者に限らず、実際に結婚相談で活動されている方はどうでしょう。活動している男性で10歳年下の女性と結婚を希望する方は多いです。「なんとなく」という理由で、年齢は若ければ若い女性と結婚したいという根強い思想があります。女性は、「プラス3歳、年下はいくら若くてもいい」と言う女性が多いです。

3.10歳年上の男性と年下女性が結婚するケースはあるのか?

実際のところ10歳年上の男性と年下の女性が結婚するケースはあるのでしょうか。結論から言うと、極めて少ないですがいらっしゃいます。私が担当したケースでいうと、男性が45歳で女性が35歳のカップルが成婚されました。その男性は、自ら10歳年下の女性を望んでいたわけではなく、40代の女性を探されていたのですが、10歳年下の女性から申し込みがあり、とんとん拍子に進み、無事成婚退会されました。

4.どうしても10歳年下の女性と結婚したいなら

女性が希望する年齢はプラス3歳、実際に成婚しているのも3歳差なので、なかなか10歳年下の女性と結婚するのは難しいといえます。やはり、「子供が成人するまでしっかり働いてほしいから同世代がいい」と考える女性が多いのです。

年齢差で何を懸念しているのかというと、結婚した後にどれぐらい働けるかということを見ています。なので、男性の年齢が年上になればなるほど、それに見合う年収や包容力など、お相手に求めるものが増えてくるのです。では、10歳年下の女性と結婚したい男性は何に気をつければいいのでしょうか?

ポイント1 写真でどれだけ若く見せられるか

まずは、お見合いを受けてもらわないと関係性を深めることはできないので、写真が大事です。実年齢より若く見せられることができれば、女性が希望する年齢ではなくても会ってくれる可能性はあります。髪型や肌、服装など、無理やり若い格好をしたり、若作りをする必要はありませんが、小綺麗に見せる努力をしましょう。

ポイント2 女性の関心があることに興味を持つ

狙っている世代の方の興味関心があることに対して興味をもち、話を合わせられるようにすることも大事です。見事お見合いが成立したとしても、古い話ばかりされたら、「やっぱり世代が違うな」と実感してしまうはず。知ったかぶりをしても、結局はあんまり知らないんだなとバレてしまうので、しっかり下調べしておくことが大事です。

ポイント3 同世代にない魅力を見せる

また同世代にはない魅力をどうやって見せられるかが大事です。実際10歳年下の女性を希望している方には「あなたのライバルはこういう人です」というように、10歳年下の男性の実例を出して紹介しています。「自分が求めている人が求めている人は、こういう人なんですよ」と例に出すとイメージがわくようなので、それを知った上で自分の魅力は何なのかを考えてアピールするとよいでしょう。

5.まとめ

「どうしても10歳年下の女性と結婚したい男性」に気をつけていただきたいポイントを紹介しました。長年カウンセラーとして会員のみなさまをサポートしてきた中で、男性が10歳年下の女性と成婚できるのはレアなケースであることは間違いありません。そこまで歳の差がない方を希望して活動している方々と比べると、時間がかかるとは思いますが、「その希望を諦めてください」とは申しません。

ただ、いくら申し込んでもお見合い自体がマッチングしない場合、「申し込める枠のうち、半分は実際の希望の条件、もう半分は条件を広げて探してみませんか」とアドバイスをしています。

これは年齢に限った話ではなく、どんな項目にも当てはまることですが、幅を広げることで、物理的に当てはまる方が増えることは明らかです。パイが広がれば、上手くいく確率も上がります。そんなふうに、我々カウンセラーのアドバイスを受け入れて行動できる方は成婚できる可能性も上がっていくことを、頭の片隅において活動をしていただければ幸いです。

マッチング対象者数9.5万人日本最大級の結婚相談所ツヴァイ※2023年12月末日時点のツヴァイとIBJの会員数合計

あなたに合った婚活計画を
一緒に立てましょう!

ツヴァイでは年間5,427名の方を
成婚へ導いています(※)

※2018年3月〜2019年2月の1年間に交際・婚約・結婚を理由に退会届を当社に提出されたお客さま(会員同士・会員外)