結婚相談所を使っているのがバレるのって本当?噂の真相と偏見や抵抗をなくすポイントをレクチャー

結婚を目的とした男女が集う婚活の場「結婚相談所」ですが、世の中には「利用するのは変な人ばかり」「焦って結婚したい人が集まる場所」といった偏見を伴ったうわさがひとり歩きしていることもあり、結婚相談所を利用することを「恥ずかしい」「誰かにバレたら嫌」などと感じる人もいて、利用そのものを躊躇する人もいるようです。

結婚相談所に入ることは恥ずかしいことなのでしょうか?そして、そう簡単にバレてしまうものなのでしょうか――?真相に迫ってみましょう。


《目次》

  1. 1.結婚相談所で婚活していることがバレるって本当?
  2. 2.バレる心配が少ないワケ
    • ①社名(結婚相談所)が伏せてある
    • ②連絡先を指定できる
    • ③個人情報の管理が徹底している
  3. 3.結婚相談所で婚活していることがバレるケース
    • ①自分たちから結婚相談所で出会ったことを話す
    • ②たまたま知人の異性が同じ結婚相談所に登録していた
  4. 4.結婚相談所への偏見や抵抗を軽くするポイント
    • ポイント①そもそも利用している人は意外と多い
    • ポイント②利用していることを友人や家族に話す必要はない
    • ポイント③馴れ初めは遠まわしな表現で解消できる
    • ポイント④周りの目よりも自分の結婚観を大事にする
    • ポイント⑤まずは無料相談をしてみるのも有効
    • ポイント⑥複数の相談所を比較して不安をなくす
  5. 5.結婚相談所で婚活していることがバレた場合の対処法
    • 「今の時代は普通」と胸を張る
    • 活用するメリットをきちんと伝えられるようにする
  6. 6.結婚相談所を使うのは、「結婚に真剣である」ということ

1.結婚相談所で婚活していることがバレるって本当?

結婚相談所から、入会した人の情報を第三者に提供することはありません。

一般に公開された情報を除き、お名前はもちろん、お勤め先や電話番号、住所、学歴、家族構成といった個人的な情報が誰かに知らされることはなく、そうした情報は婚活という目的以外で利用することはしない――これが結婚相談所のマナーでありプライドです。

2.バレる心配が少ないワケ

では、本当にバレる心配がないのでしょうか。まだまだ不安が払拭できないという人に、こっそり理由をお教えしましょう。

①社名(結婚相談所)が伏せてある

結婚相談所から何かしらの情報を郵便物で送付するとき、送り主が結婚相談所であることが分からないよう、社名などはすべて伏せ、誰から送られてきたか分からない状態で送られてきます。

家族に封を勝手に開けてしまう困った人がいるのであれば、あらかじめ「郵便局留め」や「コンビニ受け取り」を選択することも可能です。

②連絡先を指定できる

結婚相談所からの電話連絡は、会員本人が指定した電話番号にのみ行います。

基本的にはご自身の携帯番号を登録する場合が多く、また連絡を取り合う時間帯をあらかじめリクエストできるので、通勤中や仕事中に電話がかかってくるといったことを避けることもできます。

③個人情報の管理が徹底している

もしも、同じ結婚相談所に知り合いが登録していたら…?そんな不安を抱えている人もいらっしゃることでしょう。

しかし基本的には、氏名や住所などの個人情報は表示されず、写真やプロフィールについても、本人の承諾を得ないと公開されないよう、厳重に情報を管理している結婚相談所が多いもの。安心して利用できると思って間違いありません。

3.結婚相談所で婚活していることがバレるケース

結婚相談所から情報が漏れることはありませんが、ご自身の言動や態度からバレてしまう場合が見受けられます。結婚相談所に入会していることがバレたくないというのであれば、下記のような点に注意が必要です。

①自分たちから結婚相談所で出会ったことを話す

「俺(私)、ちょっと婚活始めたんだよね」くらいなら大丈夫――そう思っている人もいらっしゃるようです。でも中には「婚活を始めた→でも、合コンやお見合いに行っているそぶりはない→結婚相談所に登録したんじゃないのか?」と、思考の中で結び付けてしまう目ざとい人も。

バレたくないと思うなら、「婚活」「結婚」というワードを出すのはご法度。仲の良い友人や家族であっても、徹底的に秘密にしましょう。

②たまたま知人の異性が同じ結婚相談所に登録していた

ごく稀な例ではありますが、同じ結婚相談所や連盟に知り合いがいた場合、「え。あの人、婚活してたの⁉」と、見つけられてしまうことがあります。

ツヴァイでは、マッチングが成立したときにだけ相手に詳細情報を公開するなど、万全の体制で個人情報を管理しています。不特定多数に知られたくないという人も、安心して利用してください。

4.結婚相談所への偏見や抵抗を軽くするポイント

ここまで、結婚相談所を利用してもバレることはないとお伝えしてきましたが、そもそも結婚相談所に登録することは「恥ずかしい」ことなのでしょうか?その辺りについても探っていきましょう。

ポイント①そもそも利用している人は意外と多い

結婚相談所を利用している人は、考えられている以上に多いもの(ツヴァイは業界最大9.4万人が登録)。

また、登録している人は「結婚」を目標としているので、友だちから始めて、お付き合い期間を置いて、そこから結婚へ進む…というまどろっこしいルートをたどる必要がありません。「結婚したい」「子孫を残したい」そう考えるのであれば、結婚相談所は最短ルートをたどる正しい道筋だといえるでしょう。

ポイント②利用していることを友人や家族に話す必要はない

結婚相談所に登録すれば、いわゆる“おぜん立て"は、結婚相談所が行ってくれます。「誰か紹介して」「いい相手いない?」などと友人や家族に打ち明けずに済み、余計な詮索を避けることができます。

ポイント③馴れ初めは遠まわしな表現で解消できる

マッチングが成功したとき、お互いに結婚相談所を利用した者同士、出会いについて口裏を合わせることができるのもメリットです。

素直に「結婚相談所で出会った」というもよし。「ちょっとした出会いの場があって…」とにごしてもよし。ふたりの価値観に合った表現で語れるのです。

ポイント④周りの目よりも自分の結婚観を大事にする

結婚するにあたって、どうしても譲れないポイントを誰しも持っているもの。でも、そうしたポイントを友人や親に話すと「バカじゃないの?」「何それ?」と一蹴されてしまうことも。

結婚相談所では、まず第一に相談者の希望を優先します。周囲の目を気にすることなく、ご自身の結婚観を貫けること。これも結婚相談所のメリットです。

ポイント⑤まずは無料相談をしてみるのも有効

それでもまだ、結婚相談所に登録するのが怖い…という人は、ぜひ一度無料相談を利用してみましょう。百戦錬磨のカウンセラーと話をするだけで、気分が前向きになることも。

ツヴァイの「マッチング無料体験」なら、自身に合った出会いの方法や、第一印象をアップするためのアドバイスが受けられます。

人は未知のものを怖がるもの。結婚相談所の一端を知るために、ぜひ無料相談を利用しましょう

ポイント⑥複数の相談所を比較して不安をなくす

どんなに歴史と実績がある結婚相談所だったとしても、その相談所の方針や、カウンセラーとのノリが合わなければ、不安は募るばかり。

複数の相談所の無料相談を試してみて、自分に合った場を探してみましょう。

5.結婚相談所で婚活していることがバレた場合の対処法

婚活中であることが友人や家族にバレたとき、やみくもに照れたり恥ずかしがったりしてしまうと、相手がより面白がって、からかいの対象や怒りの矛先として向かってくることも。

そうした面倒を避けるために、あらかじめ対応策を頭に入れておきましょう。

「今の時代は普通」と胸を張る

結婚相談所やマッチングアプリでの婚活が増加傾向にある現代社会。婚活をポジティブに捉える人も増えています。

「〇〇さん、結婚相談所に入ってるんだって?」などといわれたときは「そうだよ。ま、いまどき珍しくもないでしょ」とアッサリ答え、肩透かしをお見舞いするのが一番です。

活用するメリットをきちんと伝えられるようにする

「結婚相談所に登録するなんて!」「お金の無駄遣い!」などといって食い下がってくるような相手は、正攻法として、結婚相談所を活用するメリットを伝えるのもアリです。


・真剣に結婚を考えている人とマッチングできること

・出会いのチャンスが増えたこと

・プライバシーが守られていること

・上手くいかなくて悩んだときも、カウンセラーが的確な助言を行ってくれること


こうしたメリットとともに「自身の価値観に合っているから、入会しているんだ」という想いを伝えれば、きっと相手も納得してくれるはずです。

6.結婚相談所を使うのは、「結婚に真剣である」ということ

あれこれと語ってきましたが、結婚相談所はいわゆるマッチングアプリと違い、結婚に対して真剣な想いを抱いている男女が集う場です。

また、経験豊富なカウンセラーが仲介することにより「間違いのない相手」を見つけることができるなど、ワンランク上の出会いが目指せる場でもあります。

ぜひ、ポジティブな気持ちで結婚相談所を利用してみてください。

マッチング対象者数9.4万人日本最大級の結婚相談所ツヴァイ※2022年3月時点ツヴァイ会員とIBJの会員合計

あなたに合った婚活計画を
一緒に立てましょう!

ツヴァイでは年間5,427名の方を
成婚へ導いています(※)

※2018年3月〜2019年2月の1年間に交際・婚約・結婚を理由に退会届を当社に提出されたお客さま(会員同士・会員外)