結婚相談所で結婚するってどんな感じ?メリット・デメリットを徹底検証!

自分が描く理想の相手に出会い、幸せな結婚生活を送りたいと考える人はたくさんいます。そんな人たちの多くが利用している結婚相談所。

恋愛結婚とどんな違いがあるのか、結婚相談所の仕組みとはどんなものなのか、メリットやデメリットはどんなものなのかと悩む人もいることでしょう。そこで今回は、恋愛結婚と結婚相談所を介した結婚との違いや、結婚相談所を利用するメリットとデメリットをご紹介していきます。


《目次》

  1. 1.結婚相談所での結婚と恋愛結婚との違い
    • 恋愛結婚との違い①:結婚までのスピード
    • 恋愛結婚との違い②:相手の理解度・期待値
    • 恋愛結婚との違い③:結婚をするタイミング
  2. 2.結婚相談所を利用しての成婚のメリット
    • 本気で結婚を考えている人と出会える
    • 複数人と並行してお付き合いができて効率的
    • 第三者から客観的なアドバイスを受けられる
    • お相手に求める条件を自分で設定できる
    • 断るときのストレスがほとんどない
  3. 3.結婚相談所を利用しての成婚のデメリット
    • 他の婚活と比べて高額
    • お相手との交際期間が決まっている
    • 婚前交渉は禁止
    • 熱い恋愛がしづらい
  4. 4.自分にとってどちらが合っているか、で考える

1.結婚相談所での結婚と恋愛結婚との違い

結婚相談所を介して出会い、結婚した場合と、恋愛結婚との違いはどのようなところにあるのでしょうか。まずはその違いに触れながら、結婚相談所で出会ったお相手と結婚するメリットをご紹介します。

恋愛結婚との違い①:結婚までのスピード

恋愛結婚との最大の違いとも言えるのが、結婚までのスピードです。結婚相談所で出会う相手というのは、当然ながらお相手も結婚を本気で考えている相手。初めから結婚を前提としてさまざまな点をすり合わせていくことができるので、真剣交際から3ヶ月程度で成婚に至るケースが多いと言われています。

恋愛結婚との違い②:相手の理解度・期待値

出会ってから交際、結婚までの期間が短いということは、それだけ相手を知る時間が短いということ。恋愛結婚との違いは、相手のことをどれくらい知っているか、という点も挙げられるでしょう。長期間の交際期間を経た恋愛結婚の方が、相手のことを深く知ることができます。ただ結婚相談所で出会った方とは、事前に結婚観や結婚してからのルールをすり合わせやすく、結婚後の生活に期待値を上げ過ぎてしまう、といった事態を避けやすいと捉えることもできます。

恋愛結婚との違い③:結婚をするタイミング

恋愛結婚の場合、「結婚をしたい」というタイミングが必ずしも一致しない場合があります。仕事の都合など、本心では「今はまだ早い」と思っても、これまでの付き合いの情もあり、プロポーズされてしまえば断りにくい、といったこともあるでしょう。その点、結婚相談所を活用する場合には、自身が結婚を望むタイミングで婚活を行える、というメリットがあります。

もちろん、結婚相談所に登録すればすぐにいい人に出会える、とは限りませんが、自分のペースで結婚に向けて動き出せる、というのも恋愛結婚との違いといえるのではないでしょうか。

2.結婚相談所を利用しての成婚のメリット

続いて、結婚相談所を使うメリットをリストアップ・説明していきます。

本気で結婚を考えている人と出会える

自分ばかりが結婚のために真剣に取り組んでいても、肝心のお相手のモチベーションが低いと何事も上手くいかないもの。

その点、結婚相談所には幸せな未来のために真剣な出会いを求める人が登録しています。入会するために「独身証明書」の提出が必要だったり、会費がかかるため、そういう点でも真面目に婚活をしたい人が集まっています。

複数人と並行してお付き合いができて効率的

いわゆる一般的な恋愛の男女交際とは違い、結婚相談所では同時並行で複数の人とのお付き合い(仮交際と呼びます)が推奨されています。

さまざまな人と会うことで、自分のお相手に対する理想像を確立していくことができるのです。さらに、並行して会っていくことで、成婚までのスピードが上がる期待もあります。

第三者から客観的なアドバイスを受けられる

婚活というものは人生の伴侶を探すものなので、今後の人生に大きな影響をもたらす重要な作業です。しかし、恋愛感情をはじめとするさまざまな想いのなかで、ときに冷静な判断を求められるのが難しいところです。

その点、結婚相談所ではプロのカウンセラーから冷静なアドバイスを受けられるのは大きなメリットといえるでしょう。

お相手に求める条件を自分で設定できる

一生をともにする前提のパートナーを探すわけなので、求める条件というのはみなさんさまざまお持ちのことでしょう。年齢・年収・社会的地位・つくりたい子どもの人数などなど…。

結婚相談所ではこういった情報を入会時に登録するフローのため、希望条件に合った異性を探し求めることができるのです。

断るときのストレスがほとんどない

さまざまなこだわりやお相手への気持ちがあるなかで、条件に合わない人にはお断りを入れないといけませんが、なかなかストレスがいる作業といえます。

でも、結婚相談所では自分からお相手に直接お断りする必要はありません。コンサルタント経由で意思を伝達してもらうことができるので、余計なストレスを感じづらいシステムになっています。

3.結婚相談所を利用しての成婚のデメリット

メリットを理解したところで、今度はデメリットになりうる要素を確認しましょう。

他の婚活と比べて高額

婚活パーティやマッチングアプリに比べて、結婚相談所にかかる料金は高額になる傾向があります(相場は20〜50万円)。安易な気持ちで入会できる金額ではありません。

ただし、金額に見合った成婚に向けてのサービスがあり、登録しているお相手候補も結婚に向けてモチベーションが高い人がそろっているのです。

お相手との交際期間が決まっている

結婚相談所のひとつの大きな特徴として、交際期間の期限があります。

だいたいどこの相談所でも「仮交際:3ヶ月」「真剣交際:3ヶ月」と定めていて、一度交際が始まると6ヶ月でお相手との成婚を決めなければいけません。

短い!と思う人もいるかもしれませんが、ダラダラ交際を長引かせることを防ぎ、効率的に成婚に導くために作られたルールなのです。

婚前交渉は禁止

交際前といえど身体の相性は、お付き合いや結婚後において非常に重要な要素と捉える人は多くいます。しかし、結婚相談所では結婚前のセックス(婚前交渉)は禁止されています。

相性の悪さから離婚してしまうカップルも多くいるので意外なルールと感じる人もいるかもしれませんが、遊び目的の人の横行を防いだり、妊娠や病気の防止のために厳禁とされています。

熱い恋愛がしづらい

お相手のことを心底好きになって、相思相愛で熱々のまま結婚したい…。そういったロマンティックな恋愛を理想とする人もいるでしょう。

しかし、結婚相談所を介しての恋愛の場合、なるべく冷静に結婚後の生活が上手くいく人を探す傾向にあるので、ラブラブな感じにはなりづらいかもしれません。

結婚相談所の目的はその瞬間に熱い恋愛をするのではなく、一生のパートナーに値する人を探し当てること。長い目で見て結婚相談所を選択することは得策と考える人が多いのです。

4.自分にとってどちらが合っているか、で考える

恋愛結婚と結婚相談所で出会った相手と結婚することには、多少の違いはあれど、どちらも「結婚するためのプロセスのひとつ」であることには変わりありません。まして結婚相談所を活用して結婚される方が増えており、結婚相談所の存在も一般化している現在、恋愛結婚と結婚相談所で出会った相手と結婚することとの間に、優劣は存在しません。

マッチング対象者数9.4万人日本最大級の結婚相談所ツヴァイ※2022年3月時点ツヴァイ会員とIBJの会員合計

あなたに合った婚活計画を
一緒に立てましょう!

ツヴァイでは年間5,427名の方を
成婚へ導いています(※)

※2018年3月〜2019年2月の1年間に交際・婚約・結婚を理由に退会届を当社に提出されたお客さま(会員同士・会員外)