結婚相談所の料金はどれくらい?
料金の内訳や注意点について解説

結婚相談所の料金はどれくらい?料金の内訳や注意点について解説

結婚相談所選びにおいてチェックすべき重要ポイントの一つが料金です。結婚相談所によって料金システムは異なりますが、各相談所の公式サイトを比較しても「結局どの結婚相談所がよいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、結婚相談所の料金の相場や料金の内訳、結婚相談所を比較する際の注意点などについて解説します。


この記事でわかること
  • 結婚相談所の料金内訳
  • 結婚相談所の料金に関する注意点
  • 結婚相談所をお得に利用するコツ

《目次》

  1. 1.結婚相談所の料金
    • ①料金の内訳
    • ②料金の相場
  2. 2.結婚相談所の料金は安いほうがよい?
  3. 3.結婚相談所の料金に関する注意点
    • ①料金だけで結婚相談所を選ばない
    • ②オプション費用の内容
    • ③クーリングオフ制度の説明があるかどうか
  4. 4.結婚相談所をお得に利用したいなら
  5. 5.結婚相談所の料金以外の着目ポイント
    • ①結婚相談所のタイプ
    • ②スタッフの対応
    • ③結婚相談所の規模
  6. 6.まとめ

1.結婚相談所の料金

まず、結婚相談所の料金の内訳や相場について解説します。

①料金の内訳

一般的な結婚相談所の料金の内訳は以下のとおりです。

一般的な結婚相談所の料金の内訳
  • 初期費用
  • 入会金や登録料、コンサルタントによるヒアリングなど、結婚相談所に登録し利用開始するまでにかかる費用を指します。

  • 月会費
  • 在籍している間、結婚相談所に毎月支払うランニングコストです。基本的に活動を休んでいる月も発生しますが、結婚相談所によっては休会制度を設けている場合もあります。

  • 成婚料
  • 無事に結婚相手が見つかり、結婚相談所を退会する際に支払う費用です。結婚相談所やプランによっては成婚料が発生しないケースもあります。

  • オプション費用
  • 結婚相談所が主催する婚活パーティーなどのイベント参加費などです。結婚相談所によってはお見合いに費用が発生する場合もあります。

②料金の相場

各内訳の料金の相場は以下のとおりです。(大手結婚相談所5社の費用平均)

各内訳の料金の相場
  • 初期費用:3万円~20万円程度
  • 月会費:5千円~2万円程度
  • 成婚料:5万円~20万円程度

以下の記事では大手結婚相談所5社の料金やコースの特徴をまとめているため、ぜひ参考にしてください。

大手結婚相談所5社の比較

2.結婚相談所の料金は安いほうがよい?

結婚相談所を料金の安さだけで選ぶと、紹介してもらえる人数が少ない、アドバイザーの経験が浅く満足のいくアドバイスをもらえないなど、サービスの質の低い結婚相談所に入会してしまう恐れがあります。

料金だけではなく、月に何人紹介してもらえるか、アドバイザーは信頼がおけるかなども含めて総合的に判断すると、自分に合った結婚相談所を見つけやすくなります。

また、結婚相談所にはそれぞれ特徴もあるため、自身にあった結婚相談所を選ぶことがなにより重要です。安いから質が悪い、高いから質がよいといった思い込みは捨てて、費用やサポート内容、会員の性質など、総合的に自身に合う結婚相談所を見つけるようにしましょう。

今すぐマッチング無料体験を予約

3.結婚相談所の料金に関する注意点

結婚相談所の料金において特にチェックするとよいポイントは以下のとおりです。

①料金だけで結婚相談所を選ばない

初期費用や月会費などが安いのは魅力的ですが、費用だけで決めてしまうと、自分に合わなかったり思っていたようなサービスが受けられなかったりする場合があります。例えば、マッチングの精度が低い、アドバイザーの対応が遅くて話が進まない、などといったケースです。

このような結婚相談所の場合、婚活が思うように進まない可能性があるため、上述のとおり、さまざまな観点からチェックをしたうえで信頼できる結婚相談所を選ぶことをおすすめします。

②オプション費用の内容

オプション費用の内容や金額は、結婚相談所によって大きく異なります。パーティーイベント参加費やメイクレッスン、ファッションアドバイス、ハイクラス会員の紹介などさまざまです。結婚相談所によっては無料でオプションを利用できる場合もあるので、オプション費用も合わせたトータルの費用をチェックするようにしましょう。

③クーリングオフ制度の説明があるかどうか

クーリングオフとは、消費者が一定の条件を満たす取引・サービス・商品を契約した際、一定期間内であれば理由を問わずに契約解除できる制度です。

結婚相談所の場合、サービス提供期間が2ヵ月を超え、かつ利用料金が5万円を超える契約であれば、契約から8日以内に限りクーリングオフできます。また、契約時にクーリングオフに関する説明を書面で受けていない、脅迫されたり契約に関する嘘の情報を伝えられたといった場合は、契約から9日以上経過していてもクーリングオフが可能です。

クーリングオフについては消費者にあらかじめ伝える義務があります。説明のない結婚相談所はコンプライアンスがしっかりしていない可能性があるため、利用は避けたほうがよいでしょう。

4.結婚相談所をお得に利用したいなら

結婚相談所によっては、対象者に対して各種の割引制度を設けている場合があります。対象者に該当すればお得に結婚相談所を利用できるので、各結婚相談所のホームページなどでチェックするとよいでしょう。

なおツヴァイでは、「20代割」「再入会割」「のりかえ割」「メディカルワーカー割」の4つの割引制度を用意しています。

ツヴァイの割引制度
  • 20代割
  • 20代の方でも利用しやすいよう、基本プランを割引料金で提供しています。

  • 再入会割
  • 一度ツヴァイを退会した後に婚活を再開する方向けの割引プランで、初期費用が安くなります。

  • のりかえ割
  • 他の結婚相談所から乗り換えて新たにツヴァイで婚活を始める方向けに初期費用を割引します。

  • メディカルワーカー割
  • 女性医療従事者向けの割引プランで、初期費用が安くなります。

割引プランなど詳しい料金については以下のページをご参照ください。

結婚相談所ツヴァイの料金・プラン

今すぐマッチング無料体験を予約

5.結婚相談所の料金以外の着目ポイント

結婚相談所を選ぶ際には、料金以外にも着目すべきポイントがあります。以下の3点には特に注意しましょう。

①結婚相談所のタイプ

結婚相談所のタイプには、大きく分けて仲人型とデータマッチング型がありま す。仲人型は、アドバイザーが希望条件にマッチしているお相手を探し出し、お見合いをセッティングします。また、婚活に向けたさまざまなアドバイスをもらえるなど、サービスが手厚いのが特徴です。

データマッチング型は、希望条件にマッチするお相手を会員データベースから自分で選ぶサービスです。お相手を探すだけでなく、メッセージを送ることもできます。

また、仲人型とデータマッチング型の特徴を兼ね備えたハイブリッド型もあ  ります。ハイブリッド型では、アドバイザーからの紹介やサポートを受けつつ、自分でもデータベース上でお相手を探せます。

②スタッフの対応

親身になって話を聞いてくれるか、アドバイスが的確か、連絡がスピーディーかなど、スタッフの対応はとても重要です。特に仲人型の場合、お相手探しからお見合い、成婚まで、様々なシーンでアドバイザーと関わることになるため、事前の無料相談などの際に相性が合うかを見極めることをおすすめします。

③結婚相談所の規模

大手の結婚相談所であれば、母数が多い分チャンスも多く、自分に合ったお相手を見つけやすい傾向にあります。譲れない条件がある、たくさんの人と出会って相性のよい人を見極めたい、などといった場合は、出会いの機会が多い大手の結婚相談所を選ぶのがおすすめです。

6.まとめ

結婚相談所選びにおいて料金は重要な要素ですが、安さだけで選ぶと希望に合ったサービスが受けられず、婚活がスムーズに進まない場合があります。サービス内容や結婚相談所の形式、スタッフの対応、結婚相談所の規模など、料金以外もしっかりチェックすることが大切です。

また、料金を比較する際は、初期費用や月会費だけではなく、婚活パーティーの参加費などのオプション費や成婚料、お見合い料など総費用を確認すると、予想外の出費を減らせます。

理想のお相手を探すためのお金はできるだけ有効に使いたいもの。この記事を参考に、ぜひご自身にとって無駄のない結婚相談所選びを実現してください。

マッチング対象者数9.7万人日本最大級の結婚相談所ツヴァイ※2022年3月時点ツヴァイ会員と日本結婚相談所連盟の会員合計

あなたに合った婚活計画を
一緒に立てましょう!

ツヴァイでは年間5,427名の方を
成婚へ導いています(※)

※2018年3月〜2019年2月の1年間に交際・婚約・結婚を理由に退会届を当社に提出されたお客さま(会員同士・会員外)