婚活成功のカギを握る結婚相談所のカウンセラーの相性の見極め方

結婚相談所では専任のコンサルタントが常駐している相談所が多くあり、婚活中のサポートをいつでも行ってくれます。専門家の立場から、お見合いや交際時などのアドバイスをしてくれる……結婚相談所のコンサルタントとは、そのようにあなたの幸せを一緒になって考えてくれる人なのです。

婚活にはさまざまな悩みや不安がつきものですが、経験や知識が豊富で、これまでに多くのカップルを成婚に導いてきた婚活のプロに相談しながら婚活を進められるのは、とても心強いですよね。

今回はそんな結婚相談所のコンサルタントの役割や、付き合い方についてご紹介いたします。

 

<目次>
1.結婚相談所でのコンサルタントの役割とは?どんなことをしてくれる?
2.コンサルタントとの付き合い方、重要さ
3.コンサルタントと「相性が合わない」と感じたら? 効果的な解決法や対処法
4.「結婚相談所に入会してよかった!」と思える、あなたの人生を変えるいい出会いを掴むために

 

1.結婚相談所でのコンサルタントの役割とは?どんなことをしてくれる?

*コンサルタントって何をしてくれる人?

結婚相談所のコンサルタントは、入会された会員の方の活動計画を立てることから、自己PRの添削、お見合い日時の調整、お返事の代行、交際中のサポート、プロポーズのアドバイスに至るまで、コンサルティングを通して、成婚に導くためのさまざまなサポートを幅広く行います。

 

【活動計画を立てる】

まずは会員の方にヒアリングし、いつまでに、どのようなお相手と結婚したいのか、目標を設定します。その目標をもとに、どのような活動をしていくか、どんなサポートをするのか、活動計画をすり合わせます。

コンサルタントが目標と計画を明確にしてくれることで、活動がうまくいかなかったときも、すぐに軌道修正の方針が立てられるでしょう。

 

【自己PRの添削】

結婚相談所のコンサルタントのメリットの1つは、あなたの魅力をしっかり伝えてくれることです。活動していくうえで重要なのは、お見合いを成立させること。そのために大事なのが自己PRです。

自分一人で自己PRをすべて考えるというのは、意外と難しいことです。結婚相談所ではカウンセラーが自己PRを一緒に考えてくれたり、わかりやすく添削してくれたりしますから、「自分のアピールポイントがわからない」という方はサポートが受けられます。

あなた自身も気づいていない魅力を、第三者の視点で客観的に相手に伝えてくれるので、自信を持って婚活をスタートできるのが、コンサルタントのいる結婚相談所の大きなメリットです。

 

【お見合いの調整】

お見合いの日時や場所の調整も、結婚相談所のコンサルタントが当人同士の間に入って行います。2人の意欲が低下してしまうのを防ぐため、なるべく短期間で調整してくれますし、お見合いに臨む際のアドバイスもしてくれます。

 

【お返事の代行】

お見合い終了後、交際へ進むかどうかの気持ちの確認や、お見合いのフィードバック、お相手へのお返事の代行も、結婚相談所のコンサルタントが対応してくれます。交際をお断りする際も代行してもらえるため、会員の方が気まずい思いをされることがありません。

 

【交際中のサポート】

交際が始まってからも、お相手と結ばれるまで寄り添ってサポートしてくれることが、結婚相談所のコンサルタントの特徴です。交際は順調か、活動で困っていることはないかなど、会員の方の状況を適宜確認します。

交際中に悩んだり、うまくいかなかったりしても、周囲に相談できる相手がいないケースもあります。しかし結婚相談所での活動なら、交際中のお悩みに関しても、カウンセリングを通じてカウンセラーが親身にサポートします。デートや連絡の内容、頻度、服装や髪型など、細かくケアをしてくれますし、結婚相談所によっては、プロポーズのシチュエーションまでアドバイスしてくれるカウンセラーもいます。

 

2.コンサルタントとの付き合い方、重要さ

ここまで見てきたように、結婚相談所での活動がスムーズにいくかどうかの鍵は、コンサルタントのきめ細かいサポートにあります。手厚いサポートを受けるためには、コンサルタントとの付き合い方が重要だと意識し、良好な関係を築いていくことが大切でしょう。

では、コンサルタントとの付き合い方において、どんなことを心がければいいのでしょうか?

 

【コンサルタントと協力し合う姿勢を取る】

コンサルタントからすれば、結婚相談所の会員の方はお客様ですが、だからといって上から目線の振る舞いをするのは好ましくありません。コンサルタントはこれから一緒に婚活を成功させるためのパートナーだということを意識して婚活をスタートしましょう。

 

【信頼してありのままの自分を伝える】

初めてのコンサルティング時には緊張しますし、なるべくいい条件のお相手を紹介してもらいたいことから、自分の希望や自己PRを少しでも良く見せようと思い、内容を盛ってしまうこともあるかと思います。しかし、コンサルタントとのやりとりではありのままの素直な気持ちを話すようにしましょう。

コンサルタントは会員の方の希望や言動をもとにお相手を探すため、会員様の素直な気持ちを伝えてもらえないと適した提案ができなくなりますし、結婚の目的を果たせなくなってしまう恐れもあります。つまり、本当のあなたにマッチするはずのお相手を紹介できないのです。

もしそれでお見合い、交際と進んでいっても、交際後や成婚後のミスマッチを考えると、デメリットを受けるのは結局自分です。トラブルやミスマッチを避けるためにも、プロフィールの情報や話す内容は誇張しようにしましょう。本音を話すことで、カウンセラーとの信頼関係も深まります。

 

【結婚に関する希望やスタンスは早いうちに伝えておく】

コンサルタントと友好的な関係を築くためには、素直に自分の希望やスタンスを早く伝えておくべきです。特に、自分の希望が早いうちに「無理」とわかっておけば、婚活プランを見直すことが可能となります。

 

【アドバイスを受け入れる】

コンサルタントはあらゆる成婚事例や失敗事例を理解したうえで、会員の方が成婚するために必要なアドバイスを行います。ときには自分の意見にそぐわないアドバイスを受けることがあるかもしれませんが、それも素直に受け入れていくことが成婚への近道です。

自分の希望を主張することは大切ですが、コンサルタントのアドバイスを冷静に受け止める姿勢も持ちましょう。

 

【こまめに連絡を取る】

コンサルタントは、コンサルティングであなたの希望や婚活のプランを聞いてくれます。そして、あなたに合ったお相手を紹介してくれるでしょう。しかし、1回のコンサルティングであなたのことをすべて把握できるわけではありません。下手をすれば、あなたの意見や考えを間違って認識することもあるかもしれません。

それを防ぐために、最初のコンサルティング後も連絡をしっかり取り続け、活動状況をこまめにコンサルタントと共有しましょう。結婚相談所での婚活がうまくいかない場合、「コンサルタントと積極的に連絡を取り合っていないから」ということが理由であるケースも多いです。

「自分に合うお相手はいませんか?」「自己PRの添削をお願いします」などの連絡をこまめに取ることで、コンサルタントもあなたについて深く理解しますし、「この人はやる気があるな」と思ってもらえます。そこから、よりいっそう熱の入ったサポートを受けられるかもしれません。

 

【社会人としてのマナーを意識した行動を心がける】

コンサルタントは友達ではありません。打ち解けてきたからといって、「親しき仲にも礼儀あり」です。コンサルティングの約束時間をきっちり守る、遅れる場合は一報を入れる、など当たり前のことかもしれませんが、社会人としてのマナーを意識した言動を徹しましょう。

 

3.コンサルタントと「相性が合わない」と感じたら? 効果的な解決法や対処法

結婚相談所のコンサルタントは、あなたの婚活を全般的にサポートしてくれる存在です。それだけに、コンサルタントとの相性は、婚活の成功・失敗に関わる重要な要素です。

しかし、コンサルタントもさまざまなタイプがいますから、たまたま「相性が合わない」というケースもあり得ます。もしコンサルタントと相性が合わなかった場合は、いったいどうすればいいのでしょうか?

 

*相性が合わないと感じた人の理由

コンサルタントと合わないと感じるときは、コンサルタントの対応に問題があるケースもあれば、会員の方がコンサルタントをうまく活用できていないケースもあります。

ここから、実際に「コンサルタントとの相性が合わない」と感じた人の理由をいくつか挙げていきます。もしあなたも相性が合わないと感じたら、ここで挙げる理由を参考に、原因を探ってみてください。

 

【コンサルタントがまだ新人】

相性が合わないと感じる理由に、コンサルタントの実務経験が浅いことも挙げられます。新人のコンサルタントの場合には、経験値が少ないので、会員の方の意図をうまく汲み取れない可能性があることも念頭に置いておきましょう。

結婚相談所での婚活は、会員の方が自分の希望をしっかりと伝えることから活動がスタートします。「コンサルタントがわかってくれない」と悩むより、遠慮せず自分の意見を伝えていくことが大切でしょう。

 

【希望と異なるお相手ばかり紹介してくる】

会員の方の希望条件が明確であるにもかかわらず、それとは異なるお相手ばかりを紹介してくるコンサルタントも、相性が合わないのではないかという検討が必要です。

婚活で大切にしなければならないのは、自分のビジョンやライフプランにマッチしたお相手であるかどうかです。その思いを無理に変更させてまで成婚させようとするのは、ノルマをこなそうとコンサルタントが必死になっているからかもしれません。あるいは、会員の方の話を真剣に聞いていない可能性もあるでしょう。

コンサルタントによって、自分では気づかなかったけれど、実は重視すべきお相手の条件などがわかるケースもあり得ます。しかし、それは希望条件を充分に考慮したうえで、適切なコミュニケーションが取れている間柄で起こることです。条件と異なるお相手を紹介されたときは、なぜ紹介したかの理由や背景をきちんとコンサルタントに聞いてみることをお勧めします。

 

【自分の希望をコンサルタントに伝えられていない】

自分では希望や条件を伝えたつもりでも、うまく伝わっていない可能性も考えられます。1~2回コンサルティングをしただけで、あなたのことを100%理解できるコンサルタントはいません。

伝え漏れがないように、コンサルティングでは事前に伝えたい内容をメモして臨むことも1つの手段です。

 

【人柄やコミュニケーションのスタイルが合わない】

コミュニケーションのスタイルや性格は、人によって異なります。コンサルタントの接し方や話し方にストレスを感じるのであれば、「初めての婚活に不安を感じているので、もっと丁寧に説明してほしい」「自分のステータスや性格と、お相手に希望する条件が市場的にマッチしているかわからないので、遠慮せずにはっきり話してほしい」など、コミュニケーションのスタイルについての希望を具体的に伝えましょう。

 

【連絡が取りづらい】

コンサルタントに連絡するといつも不在だったり、コンサルタントからの電話に出られないことが続いたりと、双方の時間が合わず、連絡が取りにくいことがストレスになってしまうケースもあるでしょう。

こうした場合に備えて、あらかじめ連絡可能な時間帯や希望する連絡手段を伝えておくと、「連絡が取れない」というストレスも軽減されるでしょう。

 

*合わないと思ったら無理をせず担当の変更を申し出てみる

コンサルタントとの相性がどうしても合わないと感じた場合には、担当者の変更を検討しましょう。

担当コンサルタント本人に直接話すのは気が引けるという場合は、相談窓口に話したり、ウェブサイトやお問い合わせメールで変更希望を出したりできる相談所もあるようなので、確認してみるといいでしょう。

担当の変更を申し出る際には、変更したいと感じた理由をきちんと伝えるようにしましょう。

あくまでも、自分の気まぐれやワガママで担当を変えてほしいというわけではなく、婚活についてしっかりと見据えたうえで変更を申し出ている、という印象を与えることが大切です。また、何に不満を感じたのか伝えることで、結婚相談所側も、あなたにとって適した後任者を選びやすくなるでしょう。

 

*入会時に担当者の希望を伝えてみる

無料コンサルティングの段階や入会時点ですぐに、担当コンサルタントの希望をできるだけ詳しく伝えてみることも可能です。コンサルタントの性別や年代、コミュニケーションの取り方などで希望があれば、事前に結婚相談所に伝えましょう。

婚活はスピードが重要です。相性の合わないコンサルタントを避けるために、早めに動いておくことがオススメです。

 

*結婚相談所の乗り換えを検討してみるのも1つの手段

利用する結婚相談所自体を変更することも1つの手段です。担当コンサルタントの変更ができづらかったり、なかなか変更処理をしてくれなかったり……という場合には、結婚相談所の乗り換えを検討してみましょう。

また、担当コンサルタントを変更してもうまくいかない場合は、担当者というよりも、その結婚相談所自体のサービスやサポート体制があなたに合っていない可能性もあります。結婚相談所を変更する場合、いままで利用していた結婚相談所とコンセプトやサービス内容が違う結婚相談所を選ぶといいでしょう。

 

4.「結婚相談所に入会してよかった!」と思える、あなたの人生を変えるいい出会いを掴むために

ここまで、婚活をうまく進めていくには、コンサルタントとの相性やコミュニケーションの取り方も大切な要因だとお伝えしてきました。

相性がいいコンサルタントとの出会いの先に、相性がいい結婚相手との出会いがあると言っても過言ではありません。結婚相談所でいい出会いを掴むためのポイントとは何でしょうか?

 

*自分に合ったコンサルタントを見極める

コンサルタントも人間ですから、どんなに優秀な人でも、自分とは性格が合わないということも起こります。話しやすいか、信頼できそうか、スムーズにやりとりができるかなど、自分との相性をコンサルティングの際に確認しましょう。

特に、実際に入会した人の評判や口コミを見ると、質の高いコンサルタントは「親身さ」「ヒアリング対応の丁寧さ」「知識や経験の豊富さ」などを兼ね備えている傾向にあります。話に耳を傾けて理解してくれるかどうか、あなたの希望を優先した対応を取ろうとしてくれるかどうかという点なども意識して、コンサルタントと接し、やりとりの中で相性を判断してみてください。

 

*結婚相談所を比較することも忘れずに

なるべく効率的に、自分にぴったりな担当コンサルタントと出会うためには、あらかじめ結婚相談所を比較しておくことも有効です。無料コンサルティングや入会の前から、自分に合いそうな結婚相談所を少しでも絞り込んでおくことができていれば、最適なコンサルタントに出会える可能性もよりいっそう高められるはずです。

結婚相談所の形態はさまざまですが、一般的には大きく分けて「仲人・結婚相談型サービス」「データマッチング型サービス」の2つのタイプがあります。それぞれのコンセプトや特徴の違いを比較し、あなたの状況や希望などと照らし合わせたうえで、利用する結婚相談所を決めるのがオススメです。

 

*無料相談を利用してみよう

自分に合った結婚相談所かどうか、コンサルタントかどうか……ということは、実際に結婚相談所に行ったり、コンサルタントと話したりしてみなくてはわからない部分もあります。入会前に無料コンサルティングや無料相談を受けられる結婚相談所が多いので、ミスマッチを防ぐためにも、ぜひ一度気軽に利用してみてください。

結婚相談所には、婚活に関するノウハウを持ったコンサルタントが在籍しています。うまく活用することで自分の新たな魅力を発見できたり、日常では出会えなかった素敵な相手に巡り会えたりできるはずです。コンサルタントと上手に付き合って、希望に沿った結婚を実現しましょう。
 

マッチング対象者数9万人
日本最大級の結婚相談所ツヴァイ

ツヴァイは創業38年。
これまで多くのご成婚を育んできました。
会員数が多いこそからできるデータマッチング型のご紹介と、アドバイザーがお見合いのご調整からご成婚までサポートする仲人型のご紹介で、あなたの幸せなご結婚をお手伝いします。
  
※2021年4月時点ツヴァイ会員と日本結婚相談所連盟の会員合計

  • 日本最大級9万人が活動中。
  • アドバイザーがお見合いのご調整からご成婚までサポート。
  • お見合い調整やお気持ちの橋渡しもおまかせ。
  • 全国50店舗のネットワーク。
  • 会員限定のパーティーも充実。

結婚相手と出会うなら、
結婚相談所ツヴァイでの活動をご検討ください。

ツヴァイでは年間5,427名の方を
成婚へ導いています(※)

※2018年3月〜2019年2月の1年間に交際・婚約・結婚を理由に退会届を当社に提出されたお客さま(会員同士・会員外)