結婚相談所での交際期間ってどのくらい?
真剣交際中に気を付けるべきポイント

結婚相談所での交際期間、どのような流れで進むかご存じですが?

普通に出会って恋愛するのとは違い、仮交際や真剣交際など、結婚相談所にもよりますが、いろいろなシステムが存在しますよね。

今回は、結婚相談所での交際期間や進展方法などを中心に、ご成婚までうまく進むよう、真剣交際中で気を付けるべきポイントをご紹介いたします。

 

<目次>

1.結婚相談所での交際とは?

2.結婚相談所での交際期間は普通の恋愛とは違う?

3.真剣交際中に気を付けるべき点

4.結婚相談所で成婚まで進展させるポイント

 

 

1.結婚相談所での交際とは?

結婚相談所ではお見合いで出会ったお相手とお互いに交際の意思があった場合は、まず「仮交際」というステップに進みます。これは、お互いの好意を示すものではありますが、たった一人の相手との交際を示すものではありません。仮交際期間中には他の方とのお見合いも可能ですし、複数の方との仮交際を同時に進行することも可能です。真剣交際に進むとそこから成婚までの期間が短い場合が非常に多いので、真剣交際に進むまでのお相手を見極めていく期間となります。

そして仮交際の先にある「真剣交際」とは、結婚を前提として、男女がお互いに他の方と出会うことなく、この方と結婚するという意思を固めたときに進むステップです。この期間に入ると他の方とのお見合いはできなくなり、同じお相手とデートを重ねながら結婚の準備を進めていくことになります。

 

2.結婚相談所での交際期間は普通の恋愛とは違う?

結婚相談所での「交際」の定義は、一般的な交際とは少し違います。先ほども説明したように、仮交際や真剣交際のいずれもが結婚を目的としたものなので、あまりダラダラと長い期間仮交際を続けることなどは不可能です。一般的な恋愛であれば結婚までにお相手を見極めるため数年間付き合う、などということもざらにありますが、結婚相談所での仮交際の場合は1~3ヶ月など期限が区切られている場合は非常に多いです。これは、最終的なステップである結婚をお互いが目指していることが前提になっているからこその短期間ですよね。

数ヶ月間の期間の間に3回程度デートを重ねたら、真剣交際に移行するかどうかの判断をします。ある程度この段階であれば、お相手に対する印象はかなり固まっているはずですし、あまり悩みすぎることもないかと思います。しかし、お相手の結婚観や家族について、自分のお仕事の状況についてなど、個人的なお悩みによって真剣交際に移行するかどうか迷っている場合には、担当のコンサルタントに相談することで期間を延長したり、逆に真剣交際であっても打ち切ることが可能です。

 

仮交際期間を終え、お互いに好印象で真剣交際期間に移行した場合には、3ヶ月程度で成婚に至るのが多いパターンだと言われています。とはいえ、結婚に関してはご家族が関わってきたり、当人同士だけではいかんともしがたい問題もありますから、ここのペースは人それぞれです。結婚相談所を成婚退会してから、ゆっくりと準備を経て結婚するカップルも珍しくありません。

 

3.真剣交際中に気を付けるべき点

無事に真剣交際に進んでからも、注意する点はいくつかあります。

まずは、結婚相談所ごとの規定を遵守すること。多くの結婚相談所では仮交際期間中の「婚前交渉」がNGとされています。真剣交際後も、成婚退会をおこなうまで性交渉はNGとされている結婚相談所も存在します。

あいまいな定義ではありますが、強制退会等のペナルティを課す相談所も存在します。厳しいルールのように一見見えますが、お互いが真剣に結婚を志しているからこそ、仮交際のような見極めの期間に性交渉を禁止することは、相談所で真剣に結婚したいと思うような真面目な方ならもちろん理解できるかと思います。

 

次に、真剣交際に移行してからプロポーズするまでのタイミングです。こちらは一般的には3ヶ月程度と言われていますが、もちろんカップル次第ですよね。仮交際期間が3ヶ月程度だとすると、交際期間がすでに半年ほどになっているはずですから、普通のカップルでも結婚適齢期であれば結婚を意識するタイミングです。お互いが結婚を前提に出会ったカップルですし、この期間は他の方とのお見合いなどができない期間でもあります。しっかりとお相手と過ごす時間を確保し、たくさんコミュニケーションをとり、「もしかして、結婚する気がないのかな?」など不安を抱かせないようにするためにも、急ぎ過ぎず早めのプロポーズがおすすめです。

また、真剣交際期間に移行してからも破局の選択をせざるを得ないケースもあるかと思います。何度も言うように結婚と言うのは二人だけの事情では成し遂げられませんし、結婚相談所で出会って条件が揃っているお二人だからこそ、条件だけでは見極めきれなかった個性について知ることができる真剣交際期間にどうしても許容できない点が出てきてしまうのも無理はありません。お相手に対して不満があるのに、「我慢できるかも…」と無理に結婚を選択するよりも、プロのコンサルタントに相談しつつ、無理なら無理とお別れするのも選択肢の一つです。これから先の何十年を寄り添っていくお相手だからこそ、妥協はせず、自分の意思に正直に向き合って選択していけるのが何より理想ですよね。

 

4.結婚相談所で成婚まで進展させるポイント

ここまで、結婚相談所での交際についてお伝えしてきましたが、成婚につながるまでには大事なポイントがいくつかあります。

 

*積極性を持つこと

まずは、婚活に対して積極性を持つこと。特に恋愛経験の少ない方や、人見知りされる方などは、お見合いのお申し込みがあっても受け入れるかどうか迷ってしまったり、また逆にこの方とぜひお会いしてみたい!と思っても申し込みをためらってしまったりしがちだといいます。しかし婚活に大切なのは積極性。もちろんお相手となる方も結婚相手を探しに入会しているわけですから、ただ恋愛をしようとデートの声かけをするよりもとても気楽ではないでしょうか?

もしお断りをされても、ここは考えを逆転させ、まだお会いしたことのない方に自分の魅力は伝わらない! とポジティブシンキングに転換して、どんどん婚活を進めていきましょう。

 

*色々な方と会ってみて話してみること

そして、お見合いが無事に成立したらどんどんいろいろな方にお会いして、コミュニケーションを重ねることがとても大切。交際が成立するまでの期間は、デートのたびにプロのコンサルタントからフィードバックをもらえる結婚相談所の強みを最大限に活かし、自分自身をブラッシュアップしていく期間だととらえましょう。

服装や仕草、ちょっとしたポイントであってもお相手の異性からすると気になるものだったりしますが、自分では気づけず普段のデートではなんとなくうまくいかないということを繰り返しているかもしれません。少し耳が痛いアドバイスにも耳を傾けることで、成婚までの最短ルートを歩んでいきましょう。

 

*お相手とコミュニケーションをとること

さらに、仮交際・真剣交際期間には交際に入ったからといって安心せず、しっかりとお相手とコミュニケーションをとることがとても大切です。交際期間といっても、何度かデートを重ねただけのお相手。日常的にお話を聞いたり、過ごす時間を重ねることで、お相手のまだ知らない一面を知ることができたり、自分自身についても深く知ってもらえる大切な時間になります。仮交際から発展しない方によくあるパターンが、交際期間中にデートやコミュニケーションを以前より怠ってしまった……というもの。せっかく結婚相談所に入会しているのですから、ここは少し頑張って、意識的にコミュニケーションの量を増やしていくことで、お相手の中に自分の印象を強く残すための努力をしてみたいですね。

交際を続けていたり、真剣交際に進むべきかどうかの段階で迷うことがあれば、プロのコンサルタントになんでも相談してみましょう。コンサルタントごしにお相手からの気になる点を聞き出すことができたり、アドバイスをいただくことで交際期間をもっともっとうまくいかせ、成婚までの道をしっかりとサポートしてもらえます。

自分自身に自身がなかったり、交際に関して相談できる信頼できる相手がいないような方にこそ結婚相談所はおすすめです。仮交際から真剣交際など、システムは様々ですが、寄り添ってくれる結婚相談所のコンサルタントの力を借りて、あなたにぴったりのお相手との結婚が叶う最短ルートを提示してもらえるかもしれません。

希望条件のマッチング結果を
入会前に見てみませんか?

他のエピソードを読む

オンラインでの体験もOK

マッチング無料体験を予約する