【実例付き】結婚相談所でハイスペック女性と結婚するには?ハイスぺ女性が好む男性の特徴

ハイスペックな女性とは、高年収の女性のことを指します。

「自分は家事が得意だから、働く女性をサポートする側に回りたい」
「家事や子育てに積極的に関わりたい」

と思っている男性の中には、ハイスペックな女性との結婚を希望している方もいるかもしれません。

ハイスペックな女性と結婚するのは難しそうと思われるかもしれませんが、仕事を大切にしている彼女たちは求めるものがある程度共通しています。そのため、ハイスペック女性に出会える環境があり、お互いの条件が合えば、結婚できる可能性は十分にあります。

この記事では、ハイスペック女性が好む男性の特徴と、実際に結婚相談所を通じて出会ってハイスペック女性と交際・結婚した男性の事例についてご紹介します。


1.結婚相談所でハイスペック女性に出会うことはできる

結論から言うと、結婚相談所でハイスペック女性に出会える可能性はあります。仕事に精力的に取り組んでいて年収が高い女性が数多く登録しているためです。ハイスペックな職業と真っ先に思い浮かぶのは医師ですが、医師の女性はもちろん、大手IT企業に勤める女性であれば、20代でも年収600万円を超える方もいます。

男性側は、女性の年収でお相手を絞りこむことができるため、ハイスペックな女性に効率よく出会いやすいといえます。

2.ハイスペック女性が結婚相談所を利用する理由

ハイスペック女性の多くは、「年収の面では自分ひとりでも生活していけるけれど、人生のパートナーが欲しい」といった想いでお相手を探されている方が多い傾向にあります。それではなぜ、ハイスペック女性は結婚相談所を利用するのでしょうか。その理由は、仕事が忙しくて出会いの場に行く時間がないためです。

年収が高いお仕事は、その年収に見合った技術が必要であったり、忙しかったりするもの。家と職場の往復をする生活をすることも少なくなく、職場や交流のある友人との間で出会いがなければ、結婚相手を見つけることがどうしても難しくなってしまいます。

結婚相談所は、結婚への真剣度が高い独身の方が集まっており、年収や年齢などの希望条件を入力することで条件に合った人と効率よく出会うことができます。プライベートの時間が確保しにくいハイスペック女性でも活動しやすいため、結婚相談所を利用するハイスペック女性は一定数いるのです。

3.ハイスペック女性が好きな男性の特徴って?

では、ハイスペック女性は、どのような男性を求めているのでしょうか。

ハイスペック女性は一人でも生活していける収入があることから、お相手の男性には収入の高さを求めていないケースがほとんどです。それよりも、自分が大切にしてきた仕事と新たに築く家庭をいかに両立できるかのほうに重きを置いています。

ハイスペック女性が好きな男性の特徴について、以下で詳しく解説していきます。

女性が仕事を続けることを応援してくれる人

多くのハイスペック女性が求める条件に、「自分が仕事を続けることを応援してくれること」があります。ハイスペック女性の中には仕事を大切にしてきた方が多く、仕事を続けることを大前提としてお相手探しをする方がほとんどです。

そのため、仕事を続けることを理解してくれるお相手であることはもちろん、仕事に打ち込むことを応援してくれる男性であれば、より好印象を持ってもらえる可能性があります。具体的な協力の仕方としては、

・男性が率先して家事を行う
・女性が職場に通いやすいような場所に住居を構える
・男性が家事を多めに引き受けられるよう、仕事や働き方を変える

などが挙げられます。

家庭的な人

ハイスペック女性の中には、仕事に集中したいという理由から家事に手が回らない方もいます。そのため、家庭的な人であればあるほど、良い印象を持ってもらえる可能性があります。

プロフィール文の自己アピール欄には、料理ができることや、健康に気を遣っていること、食事をなるべく手作りしていることなどを書くと、興味を持ってもらいやすくなります。また、自分の視点からではなく、「友人から家庭的だと言われます」といった第三者目線を入れて書くと、ご自身の良さを自然にアピールできます。

相手の話をよく聞ける人

ハイスペック女性に限ったことではありませんが、お相手の話をよく聞ける方は結婚生活を円満に過ごしやすい傾向にあります。とくに、多忙なハイスペック女性との結婚生活では、家庭内で調整や相談しなければいけないことが多くなりがちです。そのときに、お相手の話をよく聞き、話し合いができる人でないと、ケンカに発展しかねません。

4.ハイスペック女性と結婚した男性の事例

結婚相談所を通じて、ハイスペック女性と結婚した事例にはどのようなものがあるのでしょうか。女性と男性の職業や条件を知り、結婚生活のイメージを具体的につかんでみましょう。

ケースA:30代前半の医師の女性

ある30代前半の医師の女性が、お相手に選んだのは、お人柄の良い同世代の30代男性でした。女性の年収は800万円を超えていますが、男性の年収は400~500万円の間と平均的な年収です。この事例からも、ハイスペックな女性が男性の年収を重視していないことがわかります。

ケースB:自宅で教室を開業したい助産師の女性

助産師をしているある会員さんは、自宅でお産に関するさまざまな教室を開きたいという夢があり、自分が忙しくなることから家にいてくれる男性を希望していました。最終的に結婚した男性は、もともとは平均的な年収がありましたが、自分の仕事をセーブして在宅ワークに切り替えることで、女性の仕事のサポートをする道を選んでいます。

5.ハイスペック女性と結婚する前には、働き方についてよく話し合おう

ハイスペック女性と結婚するためには、お相手の仕事を応援することが大前提です。ただし、最初は応援すると言っていても、いざ結婚生活が始まると家事負担が増えてつらくなったり、お相手の女性のほうが収入が高いことで肩身の狭い思いをしたりして、後から不満が溜まることも考えられます。

そのため、ハイスペック女性との結婚を希望する場合は、お互いの希望を具体的に洗い出し、しっかりと話し合ってから結婚するようにしましょう。

マッチング対象者数9.4万人日本最大級の結婚相談所ツヴァイ※2022年3月時点ツヴァイ会員とIBJの会員合計

あなたに合った婚活計画を
一緒に立てましょう!

ツヴァイでは年間5,427名の方を
成婚へ導いています(※)

※2018年3月〜2019年2月の1年間に交際・婚約・結婚を理由に退会届を当社に提出されたお客さま(会員同士・会員外)