「結婚相談所に入って無駄だった」と思わないためには何をすればいいの?

婚活で結婚相談所を検討している方は、入会するかどうか迷う原因として「せっかく結婚相談所に入ったのに無駄だったと思いたくない」という不安があるのではないでしょうか? 結婚相談所に入会し、成婚をされた方の中にも活動中、多かれ少なかれ「決して安くないお金や貴重な時間を費やしたのに、結婚できなかったらどうしよう……」と考えたことがあると思います。
業界で17年以上、会員の悩みに寄り添ってきた婚活カウンセラーに、結婚相談所に入って無駄に過ごさないために何をすればいいのか? 実際にこれまでみてきた婚活で苦戦していた人の特徴、「結婚相談所に入ってよかった」と思えるような活動する方法を教えてもらいました。


この記事でわかること
  • 「せっかく結婚相談所に入会したのに無駄だった」と感じる理由
  • 結婚相談所で苦戦する人の特徴
  • 結婚相談所でうまくいく人の特徴
  • スピーディーに成婚退会するために気をつけるべきこと

《目次》

  1. 1.せっかく結婚相談所に入っても無駄にならないか不安
    • 理由①希望の条件に合うお相手と出会えなかった
    • 理由②なかなか結婚に進んでいかない
    • 理由③費用に見合った成果を得られなかった
  2. 2.婚活で苦戦する人の特徴
    • 特徴①理想が高い人
    • 特徴②ネガティブな人
    • 特徴③傲慢な人
  3. 3.うまくいく人の特徴を知って対策を練りましょう
    • 特徴①受け身にならず積極的に動く人
    • 特徴②身だしなみに気を遣っている人
    • 特徴③自立している人
    • 特徴④柔軟性がある人
    • 特徴⑤諦めない人
  4. 4.スピーディーに成婚退会するために気をつけるべきこと
    • 気をつけるべきポイント①とりあえず会ってみる
    • 気をつけるべきポイント②素直になる
  5. 5.それでもダメなら結婚相談所を変えてみる
  6. 6.結婚相談所は出会いのチャンスを提供するところ

1.せっかく結婚相談所に入っても無駄にならないか不安

カウンセラー「まずは『せっかく結婚相談所に入会したのに無駄だった』と感じる理由はどんなものがあるでしょうか。大きくわけて3つの理由が考えられます」。

理由①希望の条件に合うお相手と出会えなかった

まずは、自分が希望する条件に合うお相手に出会えなかった場合です。どんな条件を挙げているかにもよりますが、完璧な人が存在しないように、100%自分の条件を兼ね備えている人に出会うことはなかなか難しいです。仮に、理想のお相手に出会えたとしても、お相手の方にも自分をいいと思ってもらえないと成立はしません。思っていたよりマッチングが成立せず、続けていくうちに心が折れてしまう方はいらっしゃいます。

理由②なかなか結婚に進んでいかない

マッチングして何度かデートを重ねても、真剣交際に発展しないという方もいらっしゃいます。結婚を前提に結婚相談所に入会しているのだから、とんとん拍子に結婚に向けて進んでいくのでは?と思われるかもしれません。もちろん、とんとん拍子に進んでいく方もいらっしゃいますが、中には、結婚へとステップを踏み出すのに時間がかかる方もいらっしゃるのです。

理由③費用に見合った成果を得られなかった

結婚相談所は他の婚活サービスに比べると、「独身証明書」や「源泉徴収書」などを提出しなければなりません。そのおかげで安心して活動ができ、カウンセラーからの手厚いサポートを得られるので費用が高価です。入会費や月額費など支払うものが多い分、自分が期待した成果が得られないと、お金が無駄になったと思ってしまうようです。

2.婚活で苦戦する人の特徴

カウンセラー「結婚相談所に入会して、とんとん拍子に成婚退会される方がいらっしゃる一方、なかなかうまくいかずに入会期間が長くなる方もいらっしゃいます。そこで今回婚活で苦戦する人の特徴を挙げていきます」。

特徴①理想が高い人

結婚相談所に入会して、結婚相手を探す以上、条件がないとお相手を絞ることができないので、ある程度の条件はもちろん大事です。また、結婚生活をともにしていく相手を選ぶわけですから、譲れない条件があることもわかります。ただし、その条件となる理想が高すぎるのは、視野が広がらずマッチングする確率を下げてしまいます。その条件は自分にとって本当に大事なことなのかということを考えてみましょう。

特徴②ネガティブな人

またネガティブな思考回路の方も苦戦する人の特徴です。何十人と出会いを重ねても「ここがちょっと」「あの行動は許せない」など、人の悪いところばかりに目がいってしまう方も、なかなか前に進んでいきません。結婚相談所では、結婚したらどんな結婚生活になるだろう?と考えながら、お相手を選びます。ときには、大変な苦労も一緒に乗り越えていかなければなりません。ネガティブな人とは障害を一緒に乗り越えられるイメージを持ちづらいし、何より一緒にいて楽しめないでしょう。

特徴③傲慢な人

また傲慢な方も敬遠される特徴のひとつです。婚活は、自分も選ばれる立場にいることを忘れてしまいがち。自分の理想を並べるのはいいですが、自分のことは棚に挙げて、要望ばかり押し付けていては、発言や行動が上から目線にみえるので、うまくいきません。

3.うまくいく人の特徴を知って対策を練りましょう

では逆に、結婚相談所でうまくいく人の特徴を紹介します。結婚相談所ではない手段での婚活でも参考になると思うので、婚活で苦戦している方も、ぜひ意識してみてください。

特徴①受け身にならず積極的に動く人

ときどき、入会して何も行動を起こさない方がいらっしゃいますが、受け身では、ただ結婚相談所に入会しただけの人になってしまいます。まずは自分から申し込む。なかなかマッチングしなくて辛くても、自分からまず行動を起こさなければ何も始まりません。

特徴②身だしなみに気を遣っている人

私たちカウンセラーが口を酸っぱくしていうのは、まず身だしなみです。何も「オシャレになってください」と言っているわけではないんです。清潔感のある髪型や洋服にするだけで、お相手の印象はまったく変わってきます。結婚相談所に入って、「見た目に気を使うようになった」とおっしゃる方も多いですが、相手から好印象をもたれるように意識をするだけでも結果は変わってくるはずです。

特徴③自立している人

また精神的にも経済的にも自立している人は男女問わず好印象です。最近、結婚相談所で活動している方は「1人の時間も大事にしたい」という方が多いです。常に2人で一緒にいるというよりも、2人の時間も大事にしつつ、1人時間も楽しめる方のほうが、価値観が合うと思ってもらえるでしょう。

特徴④柔軟性がある人

理想が高い人は婚活で苦戦しやすいと言いましたが、当初設定していたお相手に求める条件を、活動しながら柔軟に変えていける人は、うまくいきます。「こういう人を求めていたけど、現実にはいない」「これって、そんなに大事な条件ではないかも」と、気づけたら自分が変わる。またカウンセラーのアドバイスを取り入れて、実践できる柔軟性がある方はうまくいきます。

特徴⑤諦めない人

そして、なんといっても諦めない人は、最終的にうまくいきます。冒頭で紹介した結婚相談所が無駄だと思われてしまう理由「希望の条件に合うお相手と出会えなかった」「なかなか結婚に進んでいかない」「費用に見合った成果を得られなかった」「費用に見合った成果を得られなかった」は、どれも途中経過。うまく進まず、心が折れて、婚活をやめたくなることもあるでしょう。けれど、諦めずに相談所で活動を続けて、何年もかかったけど、やっと「この人だ」と思える方とのご縁をつかんだカップルがたくさんいます。

4.スピーディーに成婚退会するために気をつけるべきこと

うまくいく人の特徴を5つ紹介しました。ここまで読んで「諦めなければ、いつか結婚はできる。でも、自分にはもたもたしている時間はない、手っ取り早く結婚して成婚退会したい!」と思われる方もいるかもしれません。そんな方のために、結婚相談でスピーディーに成婚退会するために気をつけるべきポイントを紹介します。

気をつけるべきポイント①とりあえず会ってみる

何度も言いますが、婚活がうまくいくかどうかは、自分の条件が大きく左右します。たとえ、検索したデータベース上では条件に合わない方でも、実際に会って接してみたら、印象が変わるかもしれません。喫煙者をNGにしていたという女性が、プロフィールで見落としていて、実際会ってみたらいい方で、タバコのことは気にならなった。そのまま結婚されたというケースがあるように、生理的に無理という方以外は、とりあえず会ってみることをオススメします。うまくいかせるためには、まず数が必要。そうやって出会いのチャンスを増やしていけば、自分の条件も、ここは譲れないという部分がわかってくるはずです。

気をつけるべきポイント②素直になる

苦戦する人の特徴「理想が高い」「ネガティブ」「傲慢」の3つに共通しているのが、頑なに自分の意見を変えないことです。そういう方は、カウンセリングをして、何かアドバイスをしても「いや、でも〜」と何かしら言い訳をして、自分の意見を曲げません。そういった考えは、人とのコミュニケーションに直結するので、お相手も一緒にいて楽しいとは思えないでしょうし、明るい未来予想図を描くのは、なかなか難しいでしょう。
一方、入会当初は女性と接することに慣れていないとおっしゃっていた方でも、言われたことを素直に受け止める方は、改善しようと前向きに行動されます。そういう方は、お相手に対しても「〇〇は苦手だけど、これから直していきたい」と素直になれるので、これからの生活も一緒に考えられそうと思ってもらえるのです。

5.それでもダメなら結婚相談所を変えてみる

とりあえず会ってみて、うまくいかなければカウンセラーのアドバイスを素直に聞くというサイクルを繰り返していけば、きっといいお相手に出会えると思うのですが、「自分でできる限りの最大限の努力はしてみた。それでもダメ…」という方は、相談所が合っていない可能性も考えられます。諦めないことも大事ですが、カウンセラーとの相性もあるので、「ここは信頼できない」と思ったら、もちろん結婚相談所を変更することもできます。ツヴァイには「のりかえ割」といって、入会料金が割り引かれるサービスもあります。

6.結婚相談所は出会いのチャンスを提供するところ

結婚相談所は、普段の生活を送っているだけでは出会えない「本気で結婚したい」と真剣に思っている人に出会えるチャンスを提供する場所です。しかし、入会したからといって理想の相手が自動的にやってくるわけではありません。結婚相談所で活動をした時間とお金を無駄にするか、うまくいかせるかは自分次第。「無駄だった」と見切りをつけることは簡単かもしれませんが、試行錯誤をしながら婚活に向き合えば、決して無駄にはならないはずです。

マッチング対象者数9.4万人日本最大級の結婚相談所ツヴァイ※2023年12月末日時点のツヴァイとIBJの会員数合計

あなたに合った婚活計画を
一緒に立てましょう!

ツヴァイでは年間5,427名の方を
成婚へ導いています(※)

※2018年3月〜2019年2月の1年間に交際・婚約・結婚を理由に退会届を当社に提出されたお客さま(会員同士・会員外)