結婚相談所の成婚退会とは?
出会いからの流れや注意点について解説

結婚相談所の成婚退会とは?出会いからの流れや注意点について解説

結婚相談所では成婚退会を目指して活動することになります。この成婚退会をするためにはいくつかのステップを踏む必要があり、そのなかには注意しなければならないポイントもあります。

この記事では、出会いから成婚退会をするまでの一連の流れや、成婚退会に関して注意しなければならない点などをご紹介します。


この記事でわかること
  • 結婚相談所の成婚退会とは
  • 成婚退会のタイミング
  • 出会いから成婚退会までの流れ
  • 成婚退会でトラブルを防ぐには?

《目次》

  1. 1.結婚相談所の成婚退会とは
  2. 2.結婚相談所の成婚退会のタイミング
    • ➀婚約したタイミングが多い
  3. 3.結婚相談所での出会いから成婚退会までの流れ
    • ➀お見合いをする
    • ➁仮交際をする
    • ➂真剣交際をする
    • ➃プロポーズ(婚約)をする
    • ➄成婚退会
  4. 4.結婚相談所の成婚退会に関する注意点
    • ➀成婚退会後に婚約破棄や破局になる可能性がある
  5. 5.結婚相談所の成婚退会でトラブルを防ぐには
    • ➀双方の両親への挨拶は済ませておく
    • ➁入籍をするまでの段取りを決めておく
    • ➂婚約しても婚前交渉は避ける
  6. 6.まとめ

1.結婚相談所の成婚退会とは

結婚相談所で素敵なお相手が見つかり結婚位の意志がお互いに一致すれば、結婚相談所を退会することになります。これを成婚退会と呼び、これが結婚相談所を利用する際のゴールとなります。

成婚退会をした場合、成婚料が発生することがあります。5万円~30万円程度の成婚料を支払う必要があることを頭の中に入れておくようにしましょう。
なかには成婚料が無料の結婚相談所もあります。さらには同じ結婚相談所であっても、加入プランによっては成婚料が発生する場合としない場合もあります。

これから入会を考えている方は、入会時に成婚退会の定義や成婚料についてしっかり確認しておくとよいでしょう。

2.結婚相談所の成婚退会のタイミング

成婚の定義は結婚相談所によって微妙に異なります。そのため、成婚退会となるタイミングも結婚相談所によって異なります。この結婚相談所の成婚退会のタイミングについて理解しておくようにしましょう。

①婚約したタイミングが多い

成婚の定義で最も多いのは婚約したタイミングです。婚約をした次点で成婚退会となります。一方、真剣交際を開始したタイミングで成婚退会となる結婚相談所もあります。利用する結婚相談所によって成婚の定義は異なり、それによって成婚退会のタイミングも異なることを覚えておきましょう。

今すぐマッチング無料体験を予約

3.結婚相談所での出会いから成婚退会までの流れ

お相手との出会いから成婚退会までは実際どのような流れで進んでいくのでしょうか。ここではその流れについて解説します。

なお、以下の記事でも、成婚に向けたツヴァイでの活動の流れをご紹介しています。

「婚活スタートから成婚へ向けた活動の流れ」

①お見合いをする

気になるお相手にお見合いの申し込みをしてOKをいただけたら、実施にお見合いをすることになります。初めてのお見合いはそこまで長い時間になることはなく、1時間程度で終了することが多くなっています。

このお見合いでお相手と初めて会うので、第一印象が決まる大事な瞬間ともいえます。第一印象はその後のお相手との関係を左右する大変重要なものです。よい印象を持ってもらえるような対応を心がけましょう。そのためには服装や身だしなみも大切です。事前にしっかりチェックするようにしましょう。

②仮交際をする

お見合い後、どちらかが断らない限り仮交際に進み、この期間中に何度かデートをして親交を深めます。仮交際期間は同時期に複数の方と交際したり、新しいお見合いをしたりすることもできます。

アドバイザーと相談をしながら、自分自身にどういった相手が合うのかの見極めなどをおこないます。仮交際期間を経た後、お相手を一人に絞って真剣交際に進みます。

③真剣交際をする

仮交際を終え、お互いが好印象を持ったら、真剣交際へと進みます。この交際期間は「3ヵ月まで」と決められている結婚相談所もあり、その期間に婚約するかどうかを決めることになります。そのため、新しい人とのお見合いをすることもできません。のんびりと交際しているとあっという間に期日が迫ってきてしまうため、真剣な交際でお相手を理解し、婚約するかどうかを決めることをおすすめします。

なお、もし交際を終わらせたい場合は、直接お相手に伝えるのではなく結婚相談所の担当アドバイザーに伝えるようにしましょう。お相手に直接伝えてしまうとトラブルに発展することもあるので注意が必要です。

④プロポーズ(婚約)をする

真剣交際をしたうえで「この人と結婚したい」と決意したら、プロポーズをすることになります。このプロポーズはタイミングが重要です。早すぎるとお互いのことを理解できていませんし、遅すぎると交際期間を過ぎてしまう恐れがあります。

もし交際期間が3ヵ月などと決められているならば、3ヵ月が経過する直前のタイミングでのプロポーズはあまりおすすめできません。返事に時間がかかることもあるので、期間に余裕を持っておきたいところです。交際から2ヵ月を経過したぐらいのタイミングなら、お相手のことが理解でき時間的な余裕もあるベストな時期といえるでしょう。

⑤成婚退会

プロポーズが成功すれば婚約は成立です。成婚退会として結婚相談所を退会することになります。成婚料が発生する結婚相談所を利用している場合は、きちんと支払って退会するようにしましょう。

成婚退会をしたあとは、やらなければならないことがいくつもあります。また成婚退会後にトラブルが起きることもあります。以下の記事で成婚退会後の流れもしっかりチェックしておきましょう。

「結婚相談所での成婚とその後は?退会後に破談・別れを防ぐポイントもご紹介!」

結婚相談所ツヴァイでは、会員様の成婚退会後もさまざまなサポートをしております。

4.結婚相談所の成婚退会に関する注意点

結婚相談所を成婚退会できたからといって安泰というわけではありません。その後の流れでも注意しなければならない点があるので、この部分を解説していきます。

①成婚退会後に婚約破棄や破局になる可能性がある

婚約をして成婚退会をしたにも関わらず、結婚までつなげられないカップルもいます。「相手が隠していた借金や持病が判明した」など退会後に何らかのトラブルが起きたり、「成婚退会したけどもう一度きちんと考えたい」などお相手への気持ちが冷めてしまったりして、婚約破棄や破局となってしまうのです。

成婚退会できたからといって決して油断はできません。お相手を大切にする気持ちを持ち続けることが大切です。

今すぐマッチング無料体験を予約

5.結婚相談所の成婚退会でトラブルを防ぐには

ここでは、成婚退会後のトラブルを防ぐための方法や、してはいけないことを紹介していきます。

①双方の両親への挨拶は済ませておく

成婚退会をしたならば、お互いの両親への挨拶はできるだけ早く済ませるようにしましょう。結婚の意思が固まった時点で両親へ挨拶をすることは、結婚をするうえで守らなければならないマナーの1つともいえます。両親に挨拶をすれば、もうその婚約は確固たるものだと印象づけられるでしょう。

②入籍をするまでの段取りを決めておく

成婚退会後に入籍までつなげるためには、両親への挨拶だけでなく入籍までの段取りを決めることも重要です。「結婚式の準備を始める」「ハネムーンの予定を組む」「一緒に住む家を探す」などの段取りを決めていきます。漠然と「入籍する」という気持ちを持つだけではなく、実際に入籍までの段取りを決めていけば、その気持ちを目に見える形で明確にできるようになりまし、入籍までの期間が間延びしてしまうリスクも減らせます。

③婚約しても婚前交渉は避ける

結婚相談所では婚前交渉を禁止しているところもあります。そのため、たとえ婚約しても成婚退会するまでは婚前交渉は避けるようにしましょう。成婚退会をしたあとであればお互いの気持ちを尊重してよいですが、成婚退会をする前であれば会員であることに変わりはありません。

また、成婚退会をしたからといって直後から付き合い方を変えると、お相手から不信感を抱かれるリスクもあります。しっかり双方の気持ちを確認しながら入籍までのステップを踏んでいってください。

6.まとめ

結婚相談所を利用して婚活をするなら、当然成婚退会を目指して行動することになります。成婚までの流れ自体にはそこまで複雑なステップはありませんが、お相手の気持ちを大事にしていく必要はあります。自分だけが先走り、お相手の思いをないがしろにしては、うまくいかない可能性が高まってしまいます。

また、ここでご紹介したように、成婚退会をしたあとも注意する点はいくつもあります。成婚退会をしたのなら、必ず入籍までつなげられるよう、お相手への配慮を忘れず対応するようにしましょう。

マッチング対象者数9.7万人日本最大級の結婚相談所ツヴァイ※2022年3月時点ツヴァイ会員と日本結婚相談所連盟の会員合計

あなたに合った婚活計画を
一緒に立てましょう!

ツヴァイでは年間5,427名の方を
成婚へ導いています(※)

※2018年3月〜2019年2月の1年間に交際・婚約・結婚を理由に退会届を当社に提出されたお客さま(会員同士・会員外)