結婚相談所での失敗の原因は?
入会する前に知っておきたい7つのポイント

「結婚相談所は敷居が高い」「入会してから後悔したくない」「本当にいい人に巡り会えるの?」

結婚相談所のイメージは人によって様々あると思います。また結婚相談所を検討している人の中には、婚活パーティーやアプリで婚活経験がある、婚活経験者も多いのではないでしょうか?

ここでは、時間とお金をかけるからこそ、決断する前に知っておきたい結婚相談所の失敗談や失敗しやすい人の特徴、結婚相談所に入会したら心がけておきたいことなど、実際の経験談を紹介しながらお伝えします。

 

<目次>

1.結婚相談所でよくある失敗例

 ①お見合い自体が成立しない理由

 ②お付き合いにまで進まない

 ③なかなか結婚に進まない

2.いつまでも結婚できない人の特徴

3.自分に合った結婚相談所を選ぶ7つのポイント

 ①会員数とその特徴

 ②成婚率

 ③歴史

 ④料金体系とサービス内容

 ⑤コンサルタントとの相性

 ⑥口コミ

 ⑦家から通いやすい&相談しやすい場所にある

4.ここだという結婚相談所が決まったら

5.後悔のない婚活をするために、これだけは心がけよう

6.仮に失敗したとしても、そこからどうするか

 

1.結婚相談所でよくある失敗例

まず、コンサルタントへの取材を通じて、多く聞かれたのは上手くいく時のパターンは皆さん一緒だということ。自分と相手の性格と価値観をしっかり見極めて、「私と合うのはこの人しかいない」と結婚の覚悟を決めた人から成婚しているそう。

逆に、いつまで経ってもお見合いが成立せず、婚活がうまくいかない人のパターンは100人いれば100通りあるそう。あえてざっくり分類すると、3つのシチュエーションに分けられます。

・お見合い自体が成立しない

・お見合いをしたけれど、お付き合いまで進まない

・お付き合いまではいったけれど結婚に進まない

それぞれ、詳しくみていきましょう。

 

お見合い自体が成立しない理由

お見合いが成立しないのは、やはり理想が高すぎる人に多いそう。自分のこだわりを持つことも大事ですが、いくら自分がこだわっても、それに合う相手がいない、もしくは自分が相手の条件に当てはまらなければ永遠にマッチすることはできません。婚活を進めていく中で、条件を柔軟に変えていくことが成功への近道と言えるでしょう。

 

お付き合いにまで進まない

実は結婚相談所で婚活をしている人の中で、一番多いのがこのパターンだそう。気持ちを伝え切れていない場合が多く、2回、3回とデートを重ねているのに、関係性が発展せず停滞している状態です。具体的にいうと、表面的な話題が多かったり、自分のことばかり話して会話が一方通行になっているなどがあげられます。

 

なかなか結婚に進まない

結婚相談所なのに、結婚に進まないとはどういうこと? と思ってしまいますが、自分に自信が持てない方に多く、デートを重ねて、いざアプローチされると尻込みしてしまうというケースがあるそう。相手の好意を素直に受け止めることができずに、逆に「こんな私のどこが好きなの?」「よそゆきの自分しか見せていないから本当の自分を知ったら幻滅してしまうのでは…」という不安を抱えているそう。でも、相手側からすると、好意を伝えたのに返事を迷われたら、イエスかノーかはっきりして欲しいはず。

実際、プロポーズをしたのに、女性が曖昧な返事をしてしまったせいで、男性は諦めてしまい、他の女性と結婚したという例もあるそう。「やっぱりあの人と結婚しておけばよかった」という後悔はしたくないものです。

 

2.いつまでも結婚できない人の特徴

こうして結婚相談所の失敗例を見てきましたが、そもそも結婚相談所での活動がうまくいかない人には共通した特徴があるそう。それはズバリ「素直じゃない人」。結婚相談所で成婚した方の多くは、人の話を素直に聞ける耳を持っているそうです。

逆に「いや、でも」となんでも否定から入ったり、ネガティブな考え方から抜け出せない人、すぐに責任転嫁をしてしまう人などは、やはり婚活の市場からも、見放されてしまいます。

耳が痛いという人もいるかもしれませんが、コンサルタントや周りの友達から言われたことを、否定せずに自分に取り入れる謙虚さがあれば、婚活道を切り開いていけるのです。「なぜかうまく行かないなぁ」とう人は、素直さと謙虚さを意識することから始めてみましょう。

 

3.自分に合った結婚相談所を選ぶ7つのポイント

自分の性格や価値観をしっかり見極めることも大事ですが、自分に合った結婚相談所を選ぶことも同じくらい大事なことです。そこで、自分に合った結婚相談所を選ぶ上で、おさえておきたいポイントは全部で7つ

 

・会員数とその特徴

各相談所によって、会員数はもちろん、男女比や平均年収、平均年齢など特徴は様々です。自分の条件に近そうな相談所を選びましょう。多くの方に出会える可能性を考えると、会員数を重視するもの選択肢の一つです

・成婚率

各相談所によって成婚率の出し方もそれぞれ。あくまでも目安ではありますが、しっかりおさえておきたい数字です。

・歴史

事業歴が長い結婚相談所は、過去の実績にもとづくノウハウの蓄積があります。また、ベテランコンサルトが多く所属している傾向もあります。

・料金体系とサービス内容

一般的に相場は10万〜30万円と言われていますが、入会金や月額費用、成婚料の他に有料のオプションサービスなど、各相談所独自のサービスもあるので要チェックです。

・コンサルタントとの相性

安心してアドバイスをもらえると思っていたのに、そもそも自分との相性が悪ければもったいないことになりかねません。相性が合わなかったときに、コンサルタントを変更できるかなども調べておきましょう。

・口コミ

いくらサービスを調べても、実際に経験した人の声ほど貴重なデータはありません。とはいえ、自分とは違う他人が活動するわけなので、あくまでも参考意見として割り切ることも大事です。

・家から通いやすい&相談しやすい場所にある

オンライン相談もできる相談所があるとはいえ、直接相談したいことも出てくるかもしれません。いざというときにコンサルタントに会いにいけるアクセスのしやすさも、念頭に置いていた方がベターです。

以上のことを調べても「百聞は一見にしかず」。無料相談を受け付けている結婚相談所も多いので、気になったところを2〜3箇所に絞って、一度無料相談にいってみるとよいでしょう。結婚相手を選ぶ前の重要な選択ですので、慎重に。

 

4.ここだという結婚相談所が決まったら

結婚相談所への入会を決めたら、まずはコンサルタントとともに、これまでの婚活を一緒に振り返ってみましょう。自分では気がつけなかった落とし穴や盲点が見つかるはず。結婚相談所「ツヴァイ」では、恋愛力の強みと弱みを数値化した恋愛傾向診断など、あらゆる視点からこれまでの恋愛傾向を分析することができます。

 

5.後悔のない婚活をするために、これだけは心がけよう

そして、実際に結婚相談所を通じて婚活を本格的に始めていくわけですが、たったひとつの心構えで大きく差がつくことがあるそう。それは「相手のいいところを見つけようとする」こと。お金と時間をかけて活動する婚活ですから、条件を絞ったりする上で、自分が選ぶ気持ちは強くなりがちです。すると、当然チェックも厳しくなることでしょう。

しかし、忘れてはいけないことは「自分も選ばれる立場にいる」ということ。結婚相談所の役割は、結婚相手を紹介することではありますが、結局のところ人と人とのご縁を生み出すサービス。その心構え次第で出会いのチャンスは大きく広がります! 結婚相談所に入ったら、婚活をする上で、結婚できる人とできない人の差がつく大事な心構えとして、覚えておきましょう。

 

6.仮に失敗したとしても、そこからどうするか

最後に絶対に失敗したくないと思って入会したけど、実際自分には合わなかったということもあるかもしれません。しかし、それですべてが終わるわけではありません。あなたが実際に行動して見聞きした経験は、しっかりと今後の糧になるはずです。失敗しないための経験談や心構えを紹介しておいて、何を…と思われるかもしれません。しかし、失敗とひとことで言っても、その経験によって思いもつかなかった考え方や新しい価値観が生まれているとすれば、本当の失敗はないはずです。

時代が移り変わり、新しい生活スタイルや、変化していく環境に柔軟に対応していくには、失敗したからダメだという一辺倒な考え方ではなくて、「じゃあこうしよう」という、建設的な考え方が必要です。また、そういう考え方ができる人は結婚相手としても選ばれやすいのではないでしょうか。

これから本格的に婚活を始める人も、散々婚活をやってきたけど、改めて活動を見直していきたいという人も、自分に合った婚活方法や結婚相談所を見つけて、婚活がうまくいくことを願っています。

希望条件のマッチング結果を
入会前に見てみませんか?

他のエピソードを読む

オンラインでの体験もOK

マッチング無料体験を予約する