あなたはもしかして「婚活疲れ」?疲れてしまう原因と対策を教えます!

思うような出会いがなく、モチベーションが下がってきた。マッチングがなかなか上手くいかず、自分探しの旅に出たくなってきた――そんな「婚活疲れ」を抱えていませんか?今回は、そうした婚活疲れの原因とともに、解消するためのコツをご紹介。幸せな結婚というゴールを達成するために、あなたが今すべきことを見つけ出しましょう。


《目次》

  1. 1. 「婚活疲れ」って知ってる?
  2. 2.疲れを感じてしまう原因:活動面
    • 複数同時進行し過ぎて、連絡のやり取りだけで大変
    • 焦りからハイペースに活動し過ぎて休みが取れない
    • 当初の予想以上に活動に関わる出費が多い
    • 思っていた以上に結果が出ない
  3. 3. 疲れを感じてしまう原因:精神面
    • 相手やイベントに対する期待値が高い
    • 結果を急ぎすぎている
    • 恋愛経験が少ない
    • プライドや理想が高い
  4. 4.婚活疲れを解消するためのポイント
    • ①成功へのイメージを持つ
    • ②自分を肯定的に捉える
    • ③婚活以外の場で、いろんな人と出会ってみる
    • ④婚活の方法を変えてみる
    • ⑤一度活動を休止する・ペースを落とす
    • ⑥上手くいかない理由を考える・相談する
  5. 5.まとめ:長期戦を想定して、自分なりのペースをつかもう

1. 「婚活疲れ」って知ってる?

結婚したい、相手を見つけたいという気持ちはあれども、行動するのがおっくうだったり、意欲を感じなくなったり。そうした状況にあるならば、それは「婚活に疲れているから」かもしれません。

幸せな将来を手に入れるために必要であり、伴侶となる相手と出会うための婚活が苦行になってしまう理由には、どのようなことがあるのでしょうか。

2.疲れを感じてしまう原因:活動面

それではさっそく、婚活疲れをもたらす要因を探ってみましょう。

複数同時進行し過ぎて、連絡のやり取りだけで大変

婚活あるあるのひとつが、「いいな」と思う複数の人と同時進行した結果、ひとりひとりと連絡を取ることに膨大な時間を費やしてしまい、消耗してしまうということ。

これまで大切にしてきた自分の時間が減ってしまい、気持ちを安らげることができないことで、気持ちがギスギスしてしまうのです。

焦りからハイペースに活動し過ぎて休みが取れない

出会いのチャンスが多ければ多いほど、自身に合う相手が見つかる確率は高まるもの。しかし、結婚に焦るあまりハイペースに活動し過ぎてしまい、ゆっくり休む時間が作れないのはNG。忙しさで心がマヒしてしまい、婚活が目的なのか、ただ出掛けることが目的なのか、自分でもわからない!なんて状況を生んでしまいます。

当初の予想以上に活動に関わる出費が多い

こればかりは仕方のないことなのですが、婚活パーティーに参加したり、マッチングした相手と実際に会うには、相応の時間とお金がかかります。

この人!と思う相手が現れないのに出費ばかりがかさむことで焦燥感が募り、どんどん心が疲弊していってしまうのです。

思っていた以上に結果が出ない

婚活期間が長くなればなるほど、婚活疲れを感じる人が増える傾向にあります。

タイプではない人とばかりマッチングする、魅力的な相手と出会えない、そうした想いを抱えたときは、迷わずカウンセラーに相談。話をすることで解決策が見い出されることもあります。

3. 疲れを感じてしまう原因:精神面

続いて、精神的な疲労を感じてしまう原因について探ってみましょう。

相手やイベントに対する期待値が高い

婚活疲れを感じやすい人の特徴として、性格が真面目であることが挙げられます。頑張っているのに結果が出ないと、期待と落胆との落差が大きくなるもの。気分がズンと落ち込んでしまうのです。

結果を急ぎすぎている

「結婚相談所に入ったら、すぐに相手が見つかるに違いない」――そう思っている人も少なからずいらっしゃるようですが、出会いに必要なのはあくまでも「きっかけ」と「タイミング」。

急がばまわれということわざがあるように、焦ってしまうと思うような結果が得られなくなります。短期決戦を狙いすぎて、心がバテてしまわないよう気を付けましょう。

恋愛経験が少ない

「恋愛経験が少ない自分は、どうせダメなんだ…」と気弱になってしまい、自分で自分を追い込んでしまうことも、婚活疲れにつながります。

過去のことはあくまでも過去のこと。新しい自分を見せるつもりで婚活に挑みましょう。

プライドや理想が高い

「俺(私)には、もっと良い人が合うに違いない」――と、自身のプライドや理想を高く持ち過ぎた結果、マッチングすることなく時間が過ぎ、精神的に疲弊してしまうことも。

高すぎるプライドや理想は、心の片隅に封印しておきましょう。

4.婚活疲れを解消するためのポイント

婚活疲れで疲弊した心を復活させるために、どのような心構えが必要なのでしょうか。

①成功へのイメージを持つ

「次もダメだったらどうしよう」「また失敗したらどうしよう」――こんな風にマイナスイメージばかり考えてしまうと、脳がどんどんネガティブに働いてしまい、気持ちが落ち込んでしまいます。

「次は絶対大丈夫!」「続けていればきっといいことがある!」と、成功へのイメージを持ち続けることが大切。前向き&プラス思考になることで、良縁が訪れることも――。

②自分を肯定的に捉える

婚活が停滞すると「あれがダメだったのかな」「余計なことをしちゃったかな」と、自分自身を否定してしまうことも。

原因を探り、改善しようとする姿勢は大切ですが、短所にばかり目を向けていると、せっかくの魅力が相手に伝わらなくなってしまうことも。

良縁を手に入れるために、自分の長所を認め、伸ばすことから始めましょう。

③婚活以外の場で、いろんな人と出会ってみる

もしかしたら「結婚したい!」という気持ちが強くなりすぎて、疲労を感じている可能性も。そんなときはコミュニティの場を変え、婚活とは関係のない人と出会ってみるのもひとつの手段です。

新しい人間関係を築くことで、自分自身の長所や欠点を見直すことができますし、他の人が持つ魅力を知るきっかけが作れることもあります。

④婚活の方法を変えてみる

上手くいかない原因のひとつに、結婚相談所やカウンセラーが合っていないということも挙げられます。担当者を変更してもらったり、結婚相談所そのものを変え、新たな気分で婚活を始めてみることを検討してもいいかもしれません。

⑤一度活動を休止する・ペースを落とす

これ以上がんばれないかも…そう感じたら婚活をお休みしたり、参加する頻度を落とすのもいいでしょう。

自由に使える時間を増やし、趣味などを行って自分磨きに精を出すことで、自身の魅力を高めることができます。

また、そうして気分をリフレッシュすることで、新たに「がんばろう!」と思う気持ちも湧いてくることでしょう。

⑥上手くいかない理由を考える・相談する

条件に合う相手と出会えない、マッチングしても上手くいかない。そんなときは、上手くいかない理由を考えるためにも、カウンセラーに相談しましょう。

第三者から客観的に見てもらうことで、自分では思いもしなかった欠点が浮かび上がってくることも。

もちろん、相談する以上は、カウンセラーから突き付けられた現実を受け止めることも大切。結婚というゴールへたどり着くために、できる努力は惜しまず行いましょう。

5.まとめ:長期戦を想定して、自分なりのペースをつかもう

婚活疲れを感じている人は、決して少なくありません。だからといって諦めてしまうと、孤独な老後が待っていることも…。

これって婚活疲れかな?と思ったら一度立ち止まり、自分にとってちょうど良いペースを考えてみるといいでしょう。

ツヴァイでは、ひとりひとりのモチベーションに応じてカウンセラーが対応します。不安や不満を抱えて心を疲弊させてしまう前に、ぜひご相談ください。

マッチング対象者数9.4万人日本最大級の結婚相談所ツヴァイ※2022年3月時点ツヴァイ会員とIBJの会員合計

あなたに合った婚活計画を
一緒に立てましょう!

ツヴァイでは年間5,427名の方を
成婚へ導いています(※)

※2018年3月〜2019年2月の1年間に交際・婚約・結婚を理由に退会届を当社に提出されたお客さま(会員同士・会員外)