結婚相談所で年収600万円の男性と結婚する方法

年収600万と年いうと、どんなイメージを持っているでしょうか? 年収が高いと感じるかどうかは人によっても違います。実際のところ結婚相談所に登録している人はどれぐらいの年収なのか気になりますよね。


《目次》

  1. 1.年収600万の男性と結婚するには
  2. 2.日本人男性の平均年収
    • 年齢階層別平均年収
    • ツヴァイとIBJ会員の年収データ
    • カウンセラーから見た最近の傾向
  3. 3.結婚相談所の女性が求める年収
  4. 4.希望年収を決めるときの注意点
    • 注意点1 どういう結婚生活、どういう人生を送りたいかを考える
    • 注意点2 自分の希望する生き方に必要な年収はいくらか考える
    • 注意点3 生涯年収で考える
  5. 5.年収600万の男性と結婚するために
    • ポイント1 好印象を持ってもらえる写真を用意する
    • ポイント2 自己PRをしっかり書く
  6. 6.まとめ

1.年収600万の男性と結婚するには

結婚相談所において年収が600万の男性は、どれぐらいいらっしゃるのか、また希望年収を決めるときの注意点、どうすれば年収600万の男性と結婚できるのかなどについて、長年会員に寄り添って婚活をサポートしているカウンセラーに教えてもらいました。

2.日本人男性の平均年収

まず、2023年国税庁が発表した給与所得者の平均給与は男性567万円です。あくまでも全国平均なので、都心か地方にお住まいかによっても実際の数字は変わってきます。年収600万円というと、平均より少し上ということがわかります。また年齢階層別に見ると下記の通りです。

年齢階層別平均年収

20〜24歳 288万

25〜29歳 394万

30〜34歳 485万

35〜39歳 580万

40〜44歳 635万

45〜49歳 676万

50〜54歳 707万

55〜59歳 697万

60歳以上 520万

中央値ではないので年収が高い人が平均を上げていることにご注意ください。

ツヴァイとIBJ会員の年収データ

続いて、実際結婚相談所で活動している男性の年収データを紹介します。2023年12月時点では下記の通りです。



300万以下 3.6%

300万〜400万 11%

400万〜500万 19.6%

500万〜600万 19.6%

600万〜700万 15%

700万〜800万 10.1%

800万〜900万 6.3%

900万〜1000万 3.7%

1000万以上 11.1%

年収600万台の方は15%、600万以上の方というと46.2%なので、ざっくりいうと、約半分の方が年収600万以上あるいうことがわかります。

カウンセラーから見た最近の傾向

あくまでも全国のデータなので、都心か地方か、また年齢別でパーセンテージが変わってきます。また最近は、男性の年収が、年々下がっていて、逆に女性の年収が増えているような実感があります。年収の高い女性に相談所のシステムがマッチしているということも考えられます。職業で言うと、SE、コンサルタントなど、昔は女性が進出していなかった分野に女性が増えてきた印象です。

3.結婚相談所の女性が求める年収

世間的には500万以上が相場と言われていますが、女性の年代やお子さんを望んでいるかによっても変わります。30代前半の謙虚な方だったら、400万ぐらいを求める方が多いです。30代の女性で、お子さんを望んでいる場合、「産休・育休の期間は、1人で頑張ってもらいたいので、男性1人で年収700万ぐらいあると嬉しい」というお声はよく聞きます。

4.希望年収を決めるときの注意点

では、そもそも希望年収はどうやって決めればいいのでしょうか? 注意点を紹介します。

注意点1 どういう結婚生活、どういう人生を送りたいかを考える

まずは、どういう結婚生活を望んでいらっしゃるか、どういう人生をおくりたいかということを考えていただきたいです。結婚後もお仕事を続けたいか、お子さんが欲しいか欲しくないか、もし妊娠できなかった場合、妊活も視野に入れているか。婚活を進める上で、大事なステップになります。

注意点2 自分の希望する生き方に必要な年収はいくらか考える

どういう生き方をしていきたいかを考えたら、その希望にどれぐらいのお金が必要なのか考えてみましょう。

住む場所は賃貸と持ち家どちらを希望するか。子育てを考えたときに、どういう教育環境においてあげたいか。持ち家を希望し、中高一貫の私立に行かせたいとなると、やはり年収が高いほうが安心です。

注意点3 生涯年収で考える

1年単位の年収ではなく、生涯でその人が稼ぐ生涯年収で考えることも大事です。

たとえば50歳で年収1000万の方が、65歳まであと15年働いた場合、1億5000万円稼ぎます。一方35歳で年収500万の方が65歳まで30年働くと、金額は同じ1億5000万なのです。一見、年収1000万の50歳の方のほうが多くもらっているように見えますが、単純計算すると一緒なんです。もちろん退職金など加味すると話は変わるので、一概には言えませんが、長い目で考えることも大事です。

5.年収600万の男性と結婚するために

年収が高ければ高いほど人気会員であることは確かなので、選ばれるための努力は必要です。ではどうすれば年収600万の男性と結婚できるのでしょうか。

ポイント1 好印象を持ってもらえる写真を用意する

年収が平均よりも高ければ、人気会員になる要素を持っています。ということはライバルも多いのが結婚相談所。その方たちと差をつけるためには、なんといっても写真が大事です。明るく笑顔で、パステルや白など明るい服装のほうが印象はよく見えます。今は、パーソナルカラー診断や骨格診断など、自分に合った色やスタイルを調べることができるのでそう言ったものを活用して写真を撮るといいでしょう。

ポイント2 自己PRをしっかり書く

年収600万の男性で専業主婦を望んでいる方は多くないので、「自分もしっかり仕事を頑張ります」というアピールをすると効果的でしょう。よっぽど年収が高い男性以外、一緒に家庭を支えてくれる女性の方が好印象なので、仮に「養ってほしい」と思っていても、プロフィールに書くのは控えたほうがよいでしょう。

6.まとめ

どうすれば年収600万の男性と結婚できるかということを紹介しました。何か特別に「これをすべき」ということはありません。ただ、結婚相談所ではなく、日常で年収600万の男性を探そうとすると、初対面の人にいくら稼いでいるのかを聞くことは失礼ですし、そもそも出会える場所が限られてきます。その点、結婚相談所では、あらかじめ年収や学歴といった情報を開示した上でお会いするので、効率的に婚活ができることは明らかです。

まずは、自分がこの先どんな結婚生活や人生を歩んでいきたいかをしっかり考えて、それに見合う希望年収を設定し、そのために相手に依存するのではなく、自分も一緒に頑張っていきたいということを念頭において活動することをオススメします。

マッチング対象者数9.5万人日本最大級の結婚相談所ツヴァイ※2023年12月末日時点のツヴァイとIBJの会員数合計

あなたに合った婚活計画を
一緒に立てましょう!

ツヴァイでは年間5,427名の方を
成婚へ導いています(※)

※2018年3月〜2019年2月の1年間に交際・婚約・結婚を理由に退会届を当社に提出されたお客さま(会員同士・会員外)