結婚相談所で妥協しないために気をつけるべきこと

かつて女性が結婚相手の男性に求める3つの条件【高学歴】【高収入】【高身長】を、いわゆる「3高」と呼んでいる時代がありました。ここ数年は、【家族に優しい】【私だけに優しい】【家計に優しい】、いわゆる「3優男子」が求められています。昔に比べると、現代の女性は現実を見ていると言えるかもしれません。とはいえ「せっかく結婚相談所に入会したのだから」と、理想の相手を追い求めたくなるのも人間の心理といえるでしょう。


《目次》

  1. 1.結婚相談所で妥協しないために気をつけるべきこと
  2. 2.結婚相談所で妥協しないために
    • ポイント1 優先順位をつける
    • ポイント2 お見合いの回数を重ねる
    • ポイント3 目に見えている情報だけで考えない
  3. 3.すぐに結婚が決まる人の特徴
    • 特徴1 条件にこだわらない人
    • 特徴2 相手のいいところを見ようとする人
    • 特徴3 素直に話が聞ける人
    • 特徴4 自分のことをよくわかっている人
    • 特徴5 恋愛経験が少ない人
  4. 4.まとめ

1.結婚相談所で妥協しないために気をつけるべきこと

実際のところ、結婚相談所で妥協は必要なのか? 今回の記事では、結婚相談所で長年会員の要望を聞いて、二人三脚でサポートを続けてきた婚活カウンセラーに、「結婚相談所で妥協は必要なのか?」「結婚相談所ですぐに結婚が決まる人の特徴」などを教えてもらいました。

2.結婚相談所で妥協しないために

結論から言うと、結婚相談所で妥協は必要ありません。いつも私が担当する会員さんにお伝えするのは「妥協しなくていいので、条件を広げてみましょう」ということです。妥協という言葉は、いい意味で使われることはなく、本当は「『イヤだ』と思っていることを無理やり飲み込む」という印象を受けますよね。そうではなく、自分の条件は変えずに幅を「広げる」。実際イヤだと思っていることを諦める必要はありません。

ポイント1 優先順位をつける

結婚相手に求める条件というと、いくつかあると思いますが、それに優先順位をつけることです。以前担当していた「学歴は譲れません。年収も譲れません。身長も高いほうがいい」とおっしゃっていた女性会員に、一番気にならないものを細かく聞いていくと「身長はそんなに気にしない」とおっしゃいました。女性は「大卒」「大学院卒」にこだわる方が多いのですが、学歴にこだわらなければ、幅がぐんと広がります。「全部譲れない」とおっしゃる方は、成婚退会までにやはり時間がかかります。

ポイント2 お見合いの回数を重ねる

なんといってもお見合いの回数を増やしていかないと、そもそも成婚のチャンスを掴めません。【学歴】【年収】【身長】で結婚相手のことがどれくらいわかると思いますか? データ的なものよりも【性格】【考え方】【会話のテンポ】など、結婚生活において大事な部分は、実際に会ってみないとわかりません。条件だけでお断りしたり、お見合いを申し込まなければ、出会う可能性を低くしていることになります。また、実際に会っていく中で、自分が大事にしたいものもわかっていくので、まずはお申し込みを受けて、お見合いの回数を重ねていきましょう。

ポイント3 目に見えている情報だけで考えない

またひとことで【年収】と言いますが、30代男性が40代になったとき、お仕事を頑張っていらっしゃる方でしたら、年収は上がります。そして注意していただきたいのが、プロフィールに載せられる年収は、前年度の収入です。今は転職する方も多いですが、相談所へ入会する際は、源泉徴収書や自営業の方は確定申告の書類を提出していただくので、転職したばかりの方は現在のお給料より少なく表示されてしまいます。自己PRや結婚相談所からのコメント欄などに記載している場合もありますが、実際に会ったときに、どういった経緯で転職して、これから何をやっていきたいのかなどお仕事に対してのお話を聞けたら、その人自身のことがよくわかっていただけると思います。

3.すぐに結婚が決まる人の特徴

希望条件の広げ方のポイントについて紹介しました。続いては、逆に結婚がすぐ決まる人の特徴を具体的にみていきましょう。

特徴1 条件にこだわらない人

お見合いを申し込むとき、申し込みを受けたときに、条件に強くこだわらない人は結婚が早いです。たとえ自分の希望条件と違ってもお断りせずに会ってみる。何度も言っていますが、とりあえず実際に会ってみると、その方のイメージは変わってくるはずです。「誰でもいい」と思う必要はありませんが、いい意味で自分が掲げた条件にこだわらず、柔軟に対応できる人は成婚退会が早いです。

特徴2 相手のいいところを見ようとする人

結婚相談所に入会した方が陥りがちなのが、お相手のことを「あれがダメ」「これがちょっと…」と減点方式で判断すること。逆に加点方式にして、相手を見るようにすれば印象がグッと変わります。婚活に限らず、前向きに物事が考えられる方は話がスムーズですよね。大前提として男女ともに完璧な人間はいません。相手のいいところを見ることを心がけていきましょう。

特徴3 素直に話が聞ける人

結婚相談所での婚活は、「初めまして」とお会いして1時間ほどの会話で、また会いたいかどうかを判断していかなくてはなりません。そして仮交際、真剣交際に入ってからも、結婚相手として相応しいかお互い見極めていく活動です。できるだけ好印象を与えようとすると、服装や会話、デートプランなど、いろいろと試行錯誤することが不可欠です。我々カウンセラーからのアドバイスを「でも」「だって」と否定せずに、素直に受け入れて話を聞いてくださる方は結婚が早いです。

特徴4 自分のことをよくわかっている人

ご自身で自分のことをどれぐらいわかっていると思いますか? 性格はもちろん、どんな結婚生活を望んでいるのか、どんな人と結婚したいと思っているのか。聞かれたときに即答できる方は、意外と少ないのではないかと思います。人の考えというのは、いろんな経験を経て変わるものです。「結婚したい」とひとことで言いますが、自分が理想とする結婚生活や結婚相手。1人で抱え込む必要はありません、客観的意見を取り入れながら、我々カウンセラーと一緒に考えていきましょう。

特徴5 恋愛経験が少ない人

意外に思われるかもしれませんが、恋愛経験の少ない方は婚活がうまくいくことが多いです。これまでお付き合いしたことがある異性が少なければ少ないほど、結婚相談所でのお会いした方と比較をしなくなります。「あの人はこうしてくれた」という経験が邪魔をしてしまうこともあるのです。

恋愛経験がないことで、相手に引かれるんじゃないかと不安になる人もいるかもしれませんが、結婚相談所における婚活では、これまでに出会いのチャンスがなくて結婚相手に恵まれなかった場合に入会する方が多いので、過去の恋愛経験は気にする必要はありません。

4.まとめ

妥協をしなくても、ちょっと視点を変えるだけで結婚相談所での活動がうまくいくというポイントを紹介させていただきました。

どんなにいい人でも、自分が希望する条件に1つでも当てはまっていなかったら、検索結果に表示されることもありません。身長を入力するときに、170㎝以上からと検索すれば169㎝以下の素敵な男性とは一生出会えません。身長をそんなに気にしないのであれば、1人でも多くの方が表示されるように、設定を下げてください。

また結婚相談所に入会したばかりの方は、自分の中でも希望条件がわからないという方も多いです。【学歴】【年収】【身長】、それぞれ「こんな感じかな?」と手探りで大丈夫なので、活動を続けていくうちに柔軟に変更していきましょう。

せっかくお金を払って結婚相談所に登録したのだから、「時間がかかっても自分の理想に当てはまる人を見つけるんだ!」という方もいらっしゃいます。我々カウンセラーはそのためのお手伝いをしますし、もちろん否定はしません。ただし、婚活の難しいところは、自分の理想に当てはまったからといって、相手が受け入れてくれるかはわからないところ。また、運よくお見合いが成立しても、必ずしも相性がいいとは限らないことです。たとえ自分の希望に当てはまらなくても、思いもよらなかった方と話が合って成婚退会される方もいらっしゃいます。大事なのは「この人となら幸せな結婚生活をおくれる」と思える方と出会うこと。そのためには「妥協」だとは思わずに、譲れない条件は自分の中で守りつつ希望条件を広げながら活動することが不可欠です。

マッチング対象者数9.5万人日本最大級の結婚相談所ツヴァイ※2023年12月末日時点のツヴァイとIBJの会員数合計

あなたに合った婚活計画を
一緒に立てましょう!

ツヴァイでは年間5,427名の方を
成婚へ導いています(※)

※2018年3月〜2019年2月の1年間に交際・婚約・結婚を理由に退会届を当社に提出されたお客さま(会員同士・会員外)