結婚にはデメリットしかない?
後悔しないために知っておきたい結婚のこと

「結婚にデメリットしか感じない」

「自由な時間がなくなるのは耐え難い」

「一生独身でいいと思っている」

 

晩婚や少子化が進む背景として、結婚に対して後ろ向きな考えを持っている人が増えていることが挙げられます。しかし、それは世間一般によるなんとなくのイメージで判断しているだけで、本気で考えた結果なのか不明です。生き方の多様性が求められる時代、結婚しなければ幸せになれないということはありませんが、将来「やっぱり結婚しておけばよかった」と後悔しないために、結婚のメリットとデメリットをしっかり比較して、自分はどうしていきたいか考えるきっかけになれば幸いです。

 

<目次>

1.結婚しない人はどれぐらい増えている?

 ①生涯未婚率の変化

 ②「結婚したい」と思っている男女の割合は?

2.男性が結婚したくないと思う理由とは?

【外的要因】

 ①食事に困らない

 ②コミュニケーションが面倒くさい

【内的要因】

 ③自由にお金を使えない

 ④自分の時間が減る

 ⑤女性が好き

 ⑥責任を持ちたくない

3.独身でいたい男性にこそ伝えたい結婚のメリット

 ①ひとりでは味わえない経験ができる

 ②親になれる

 ③生活が安定する

 ④収入が増える

 ⑤将来の不安が減る

 ⑥親や親戚が安心してくれる

4.もちろん結婚する・しないはあなたの自由

 

1.結婚しない人はどれぐらい増えている?

生涯未婚率の変化

まずは、国勢調査による生涯一度も結婚をしない人のデータを示す「生涯未婚率」から紹介していきます。生涯未婚率は50歳の時点で一度も結婚したことがない人の割合を指しています。この数字は、1990年の調査において男性5.6%、女性4.3%と、男女差はほとんどありません。ところが、2015年の国勢調査では男性23.4%、女性14.1%と男性の生涯未婚率は急増しているのです。増加しはじめたのは2010年から。25年の間に女性は約3倍、男性は約4倍もの割合になっています。

 

「結婚したい」と思っている男女の割合は?

2018年に発表された調査によると、全国の15歳~39歳までの一度も結婚したことがない、未婚の1,000名に対し、「結婚したいと思いますか?」と質問したところ、「今すぐ結婚したい」が11%、「いつかは結婚したい」が67%で、合計77%が「結婚したい」と回答。一方、「結婚したくない」と回答した人は23%という結果が出ました。

 

「結婚したくない」と回答した人の性別・年代を見ていきましょう。

■男性

10代:15.1%

20代:25.1%

30代:33.8%

 

■女性

10代:13.3%

20代:17.6%

30代:27.8%

 

男女ともに世代が上がるにつれて「結婚したくない」という人が増加しています。すべての世代で女性よりも「結婚したくない」と思っている割合が高い男性が結婚したがらない理由は一体なんなのか? マリッジコンサルタントへの取材をもとに紹介します。

 

2.男性が結婚したくないと思う理由とは?

結婚をしたくないと思う理由は、結婚したくない人の数だけあると思いますが、ここでは外的要因の2つと内的要因の4つを紹介します。

 

【外的要因】

①食事に困らない

先ほど紹介した生涯未婚率の調査が始まった1990年、国内にあるコンビニエンスストアの数は17,408店舗でしたが、2018年にはその3.3倍の58,340店舗にも及びます。コンビニに限らず、スーパーのお惣菜の種類が増えていたり、デリバリーの発達により、自炊をしなくても24時間食べ物が手に入る現在、結婚しなくても食べることに困りません。今でこそ、女性だけが家事をする時代ではありませんが、90年代初頭はまだまだ男女平等とは言い難い時代です。参考までに専業主婦世帯の割合を見ると、1990年に約900万世帯だったことに対し、2018年は600万世帯にまで下がっています。

 

②コミュニケーションが面倒くさい

また30年前と比べて、ある程度人と話さなくても仕事が成立する職業が増えています。それは何を意味するかというと、コミュニケーションが苦手な人が増えているということにつながります。コミュニケーション能力を問われる恋愛が煩わしいものと捉える人が増えると結婚に対しても億劫になっていくでしょう。

 

【内的要因】

③自由にお金を使えない

自分で稼いだお金が100%自分のものになる独身時代。それが結婚となると、多少個人差はあれど、夫婦の財産になり、子どもが生まれるとさらに出費がかさみます。普段からあまりお金を使わない人は気にしないでしょうが、多趣味だったり、自分にお金をかけている人ほど、それは耐え難いことでしょう。

 

④自分の時間が減る

結婚をすれば自分の時間は減ります。ましてや子どもが生まれれば、言わずもがなです。ひとりきりで過ごす時間に重きを置き、、家族と過ごす時間を有意義に思えなければ、結婚するメリットを見いだせないでしょう。

 

⑤女性が好き

結婚相手以外の女性と付き合うことが制限されることがイヤだから結婚しないという男性も多いでしょう。家庭やひとりの女性に縛られず、出会いや別れを繰り返していけるのも独身だからこそできることです。

 

⑥責任を持ちたくない

結婚は、自分だけでなく相手の人生も背負うもの。経済的や精神的な理由で結婚しないという男性も多いでしょう。独身時代は、何をしようが自分に返ってくるだけなので気楽ですが、自分の行動が家族に影響を与えるとなると、その分責任の比重は重くなり、仕事に対しても転職など慎重になる可能性があります。

 

3.独身でいたい男性にこそ伝えたい結婚のメリット

結婚をしたくない理由が、直接結婚のデメリットにつながっていることがわかったと思います。時代の変化や時間やお金の制約が結婚に対するネガティブなイメージをもたらしていますね。それでは逆に結婚のメリットについて紹介します。

 

①ひとりでは味わえない経験ができる

結婚をしたからこそ生まれるふたりの時間は、寂しいときに励ましてくれたり、イヤなことがあったら、話を聞いてくれたりする相手がいるという、かけがえのないものでしょう。「いってきます」「おかえり」をいう相手がいること、イベントごとを共有できる喜びはひとりでは経験できません。

 

②親になれる

結婚して子どもができた場合、当然育てていく責任感も生まれますが、なりたいからといって誰もがなれるわけではない、親という役割を担うことになります。疲れて帰ってきたときに笑顔で迎えてくれたり、自分の子どもが成長する姿を見たりすることは、何にも替えがたい特別なものでしょう。

 

③生活が安定する

独身の場合、体調を崩しても自分でなんとかするしかありませんが、パートナーがいれば、病気のときに看病してもらえたり、ふたりで家事を分担したりすることで、全体的な生活の負担は軽くなります。コロナ禍を経験した現在、このメリットだけでも結婚したいと思う人は増えているのではないでしょうか。

 

④収入が増える

ふたりが共働きの場合、単純計算でふたり分の収入になるので、世帯収入が増えます。また、光熱費や家賃などふたりで払うようになれば、ひとりで支払うよりお得になるので貯金に回すお金も増やすことができるでしょう。

 

⑤将来の不安が減る

ひとり暮らしが長い人は、誰しもが一度は考えたことがあるであろう老後の不安も、結婚することで軽減されるでしょう。結婚してもパートナーが先に亡くなれば、結局ひとりであることに変わりはありませんが、何が起こるか分からないこの時代を共に歩む人がいるという事実だけで、心強い気持ちになるのは明確です。

 

⑥親や親戚が安心してくれる

ある程度の年になって、実家に帰省したり親戚が集まったりする度に聞かされる「いい人はいないのか」「孫の顔が見たい」攻撃。誰しも経験があると思います。気にしなければいいだけの話ではありますが、親や親戚の立場からすると、生涯独り身でいるのは心配なのでしょう。結婚をするだけで、ある程度安心させることができるでしょう。

 

4.もちろん結婚する・しないはあなたの自由

幸せの形、何に対して幸せだと思うかは、個人差があるため、多様化が求められる現在では、結婚しないことを選択する男性も珍しくありません。周りが結婚しているから一応自分も、という流された考えではなく、自分の性格を理解して決めたことなのであれば、後悔することもないでしょう。

ただ、自分に向き合うことなく漫然と生きてきたけど老後を考えて、ふと結婚したいと思うようになった男性、周りに孫をもつ人が増えてきて急に寂しさを感じる男性などが結婚相談所を訪れるケースも少なくないようです。少しでも結婚に興味があるならば、婚活にトライしてみることをオススメします。活動を続けていくうちに自分自身がどうしたいかということも見えてくるので、行動が無駄になることはありません。人生や結婚は選択の連続で、どれが正解なのか結論づけていくのは難しいことですが、極力後悔は減らしたいもの。けっして「結婚にはデメリットしかない」ということはないはずです。「思い立ったが吉日」の精神で行動してみてください。

 

希望条件のマッチング結果を
入会前に見てみませんか?

他のエピソードを読む

オンラインでの体験もOK

マッチング無料体験を予約する