結婚相談所での条件設定ってどんなもの?
女性が求める条件と男性が求める条件について

婚活を始める上で、まず一番最初にすることは、「自分がどんな人と結婚したいか?」ということを考えることだと思います。好きなタイプを聞かれた時の答えのように、ぼんやりとした曖昧な人もいれば、はっきりと細かく決めている人もいるでしょう。

結婚相談所で多くの人が挙げる条件とは一体どんなものなのか? 男女によって違いはあるのか?など、日々相談者の悩みや不安と向き合っている婚活のプロであるマリッジコンサルタントへの取材を通して、ご紹介します。

 

<目次>

1.結婚相談所に入ると設定できる具体的な条件とは?

2.男性が求める条件、女性が求める条件

3.男女ともに婚活がうまくいく条件はズバリひとつ

4.漠然としたものに身を任せないことも大事

5.大事なのは最低条件を設定すること

6.深層心理から自分の求めている人を導き出すカラーテスト診断

7.結婚相談所では恋愛経験が少ない方が有利?

8.ツヴァイのマッチングの種類

 ①条件マッチング

 ②価値観マッチング

 ③インプレッションマッチング

9.迷ったときはマリッジコンサルタントに相談

 

1.結婚相談所に入ると設定できる具体的な条件とは?

まず、最初に結婚相談所に入会したら、マリッジコンサルタントが年齢、職業、趣味、性格、家族構成などを事前にヒアリングし、あなたのプロフィールを作成します。そして相手に求める年齢、続柄、身長・体重、血液型、年収、結婚歴・子どもの有無、出身地、居住地、学歴、飲酒や喫煙の有無、結婚後に子どもを望んでいるかなど希望の条件を確認してくれます。

2.男性が求める条件、女性が求める条件

マリッジコンサルタント曰く、男性が求める条件の実に7割が外見だそう。年収が高い人ほど、外見にもこだわります。そして、年齢を気にする人も多く、自分は40代でも35歳までの女性を求める人が多いそう。女性の場合、自身がモテてきた人ほど、高学歴・高身長・高年収といった所謂3高を気にする人が多いそうですが、令和時代、多くの女性が求める理想の条件は「容姿、学歴、年収すべて平均的でいい」なのだとか。男女によって、条件の傾向に違いはあるものの、条件設定において一番気をつけるべきことはただひとつだそう。

 

3.男女ともに婚活がうまくいく条件はズバリひとつ

それは「欲を出さない」こと。結婚相談所では、お金と時間をかけて婚活を行うので、人は欲を出して、「もっといい人がいるんじゃないか」と多くを求めがちになってしまいます。でも、世の中になかなか完璧な人間はいないのと一緒で、自分の理想に全部当てはまるということは、完全にないとは言い切れませんが難しいでしょう。

 

4.漠然としたものに身を任せないことも大事

欲を出して細かい条件を並べるのはNGですが、直感だけを頼りに何にも条件を出さないのも問題です。マリッジコンサルトの方が実際に担当したケースで言うと、容姿端麗な女性で1年間に60人もの男性と会った方がいたそうです。その方は、60人に会っても全員「ピンと来ない」という答えだったそう。婚活業界では、そういった状況を「婚活迷宮」と呼ぶそう。

その女性は、条件を絞り切れていなかったために、どんな人に会ってもピンと来ないと思ってしまったのでしょう。そうすると理想の男性に実体がないので、まるで雲を掴むような活動になってしまうんだとか。その女性は考え方を変えない限り、たとえ100人に会ったとしても、マッチングすることはできなかったでしょう。

 

5.大事なのは最低条件を設定すること

欲を出してもいけないし、何の条件も持たず直感に任せるのもダメってどうすればいいの?とお思いかもしれません。そこで提案したいのが最低条件を設定すること。まずは相手に求める条件をすべて書き出して、頭の中を整理します。それから絶対に譲れない条件と、妥協できる条件を仕分けしていきます。婚活を続けていく中で、それぞれは少しずつ変化していく可能性もあります。それは自分の心の変化ということで受け止めて柔軟に対応していく事も大事です。

例えるならば、不動産屋で物件を探すのと一緒で、自分の条件をすべてクリアする物件は家賃が高かったり、駅から遠いなど、何かしら引っかかることがあるでしょう。それでも、部屋の広さは妥協できなかったり、どうしても角部屋にこだわりたいという優先順位が高いものがあれば、自分で納得できるはずです。

自分の条件を整理できていないと、マッチングの判断基準が曖昧になり、理想の相手に出会える可能性も広がりません。まずは自分の頭の中を整理して、条件を洗い出すことが、婚活をうまく行かせるポイントと言えるでしょう。

 

6.深層心理から自分の求めている人を導き出すカラーテスト診断

ツヴァイでは入会してから、プロフィールを登録し、まずあなたが求めている相手がどれぐらいいるかを調べてくれます。そして、行動心理学者が作成したカラーテストを体験してもらいます。それは、自分では意識していない深層心理が結果に反映されるため、新しい自分を発見できる貴重なテストなのです。

実際にマリッジコンサルタントが出くわしたケースで言うと、女性のAさんは、お子さんがふたりいらっしゃる方で離婚を経験されている方でした。カラーテストの結果「私のことを理解して信頼できる人を求めている」という結果が出ました。そして、男性のBさんは初婚で、「私のことを勇気づけてくれて新たな力をくれる人を求めている」と言う結果が出たそう。ふたりは第一印象でお互いひと目惚れしたそうですが、カラーテスト結果の相性もバツグンでした。

実際にAさんのBさんに対する感想は「誠実な人」、BさんのAさんに関する感想は「明るくポジティブな人」と言う、まさにお互いが求めている人とピッタリ当てはまったのです。お互い結婚相談所で、初めて会う人だったそうですが、見事成婚され、今も幸せに暮らしていらっしゃるそう。AさんとBさんのように、最初の相手が運命の人というのは珍しいパターンかもしれませんが、それもカラーテストのなせる技なのです。

 

7.結婚相談所では恋愛経験が少ない方が有利?

さらにマリッジコンサルタントの方いわく、恋愛経験の少ない方は比較対象が少ないので、条件にそこまで強いこだわりを持たずうまくいくことが多いそう。恋愛経験が少ない場合、なにか場違いなことをしてお相手に引かれるんじゃないかと不安になる人もいるかもしれません。しかし、結婚相談所では、これまでに出会いのチャンスがなくて結婚相手に恵まれなかった場合に入会する方も多いので、もちろん中には恋愛経験が少ない方が多くいらっしゃいます。また結婚相談所の目的は、まさに結婚すること。恋愛をしたい人がくる場所ではないので、引け目に感じる事なく、活動ができます。

 

8.ツヴァイのマッチングの種類

条件を整えたのはいいけど、じゃあ実際どんなマッチング方法があるの?と気になる方に、具体的なマッチング方法をご紹介します。ツヴァイのマッチングには大きく分けて7つの方法があります。ここではメインとなる3つのマッチング方法を紹介します。

 

  • 条件マッチング

入会してから作成したあなたのプロフィールと希望条件、そして相手の希望条件がマッチングしたら、ツヴァイから紹介書が届きます。これは月に最大6名まで紹介してもらえるサービスです。前提として、お互いの条件が一致しているので、実際対面することになっても、会話のきっかけが多く、結婚に向けてもっとも成立しやすいマッチングだそう。

 

  • 価値観マッチング

条件マッチングよりも、もっと細かく結婚観や家族観が同じ相手を見つけたいときにピッタリなのが、価値観マッチングです。結婚してからの過ごし方、理想の家庭についてなど、32の質問に答えることで、自分の価値観を掘り下げることができます。そこで、さらにその価値観に共感してもらえる相手を見つけることができるサービスなので、内面や考え方を重視する人にオススメのマッチング方法です。これは月に7名まで申し込むことができます。本来、付き合ってデートを重ねていくことで、少しずつ知る価値観の交換を効率的に判断できる魅力的なマッチングです。

 

  • インプレッションマッチング

内面が大事な事も承知の上で、やっぱり見た目も重視したいという相談者の要望に答えてくれるのが会員限定のマイページから、お相手を顔写真で選べるインプレッションマッチング。毎月4名の方に申込むことができます。

その他、ツヴァイ会員以外の日本結婚相談所連盟のネットワークを利用したプロフィール検索や、マリッジコンサルタントが会員の中から希望に合う方を紹介するハンドメイドマッチング、ツヴァイが主催するパーティー、店舗に来店する会員が見られるPRボードなど、さまざまなマッチング手段があります。

 

9.迷ったときはマリッジコンサルタントに相談

このようにマッチングひとつとっても、条件に合わせた手段を選べる結婚相談所。さらに結婚するための環境がしっかり整っているのが、マリッジコンサルタントの存在です。「最低条件に絞っているのに、なかなか出会えない」「そもそも条件の絞り方が分からない」そんな悩みを一緒に考えてくれ、これまでの実績とデータにより客観的なアドバイスをもらえるのは、自分ひとりの婚活では経験できないことです。少しでも気になったなら、今はオンラインでマッチング無料体験もできるのでぜひ試してみてくださいね。

希望条件のマッチング結果を
入会前に見てみませんか?

他のエピソードを読む

オンラインでの体験もOK

マッチング無料体験を予約する