30代後半でも結婚できる!始めよう「大人婚」

30代後半になると周りは結婚していき、子どもが1人2人生まれている友達も少なくないでしょう。結婚したい気持ちがあっても「30代後半でも結婚できるのかな?」と不安になっているかもしれません。

もちろん20代のころより婚活の難易度は上がっていますが、チャンスはあります。結婚相談所は結婚への近道。婚活のプロにサポートしてもらいながら積極的に行動すれば、十分結婚できる可能性があります。

今回は30代後半の女性が結婚相談所を利用して結婚するためのポイントをご紹介します。

 

<目次>

1.婚活市場における30代後半女性の需要とは?

2.30代後半の女性が結婚相談所に入会するメリット

 ①出会いのチャンスが広がる

 ②婚活のプロのサポートを受けられる

 ③積極的に行動すれば1年以内の結婚も可能

3.30代後半の女性が婚活を成功させるためのポイント

 ①婚活の目標を立てる

 ②高望みはしない

 ③アドバイスに耳を傾ける

 

1.婚活市場における30代後半女性の需要とは?

平成27年の国勢調査によれば35〜39歳の女性の未婚率は23.9%。男性の場合は35%です。昭和60年時点では女性6.6%、男性14.2%だったため、着々と晩婚化の流れが進んでいます。30代後半女性の4人に1人が未婚と考えれば、それほど少数派と言えません。

しかし結婚相談所においては、30代後半以降の男性でもまず20代女性とのお見合いを希望します。その後、コンサルタントに自分の年齢に近い女性にも申し込むよう促され、希望の年齢幅を広げることが多いです。それでも子どもを望む男性は35歳以下の女性を希望することが多く、30代後半女性は年齢だけで足切りされてしまうことも多いのが実情です。

そうは言っても、結婚相談所以外で30代後半女性が結婚につながる出会いを求めるのは至難の業。同世代の男性の35%は未婚ですが、その中で結婚願望があり希望の条件を満たせる相手を探そうと思うと、かなりの時間がかかります。その点、結婚相談所なら結婚の意欲がある身元の確かな男性しかいないため、効率的に婚活を進めることができるのです。

 

 

2.30代後半の女性が結婚相談所に入会するメリット

30代後半で結婚がしたいなら、まず結婚相談所に入会することをおすすめします。その理由は3つあります。

 

*出会いのチャンスが広がる

前述した通り、残念ながら30代後半の女性は婚活市場で需要が高いとは言えません。しかし、結婚相手は1人だけ。そのたった1人と出会えればいいので、実情を受け入れて行動を起こすことが成功の鍵です。

結婚相談所ツヴァイでは日本結婚相談所連盟と連携しているため、2019年2月時点で会員数が91,961名。そのうち約48%が男性です。入会時に独身証明書や収入証明書などを提出しているため、収入や配偶者の有無を偽っていることもありません。

普段の生活では出会えないような男性と出会えるのが結婚相談所の醍醐味。30代後半になると新しい出会いが減りがちですが、結婚相談所に入会すれば数多くの男性に出会うチャンスが得られます。

 

*婚活のプロのサポートを受けられる

サポートの厚い結婚相談所に入会すれば、専任のコンサルタントがプロフィール作成からお見合い、成婚退会までを二人三脚で支えてくれます。

婚活に慣れないうちは自分のどこがアピールポイントになるのか、どんな人にお見合いを申し込めば受けてもらいやすいのかわからないもの。30代後半という年齢だけでお見合いをお断りされることもあるため、そういった自分の見せ方やターゲット設定がとても大切です。

まずは会ってもらうために何をすればいいか、そして会ったらどんなことに気をつけたらいいのか。仮交際が始まったら始まったで、真剣交際に移るためにどんなアプローチが必要なのか、など婚活中は悩みが尽きません。そうした悩み一つひとつを相談できるのが結婚相談所に入会する大きなメリットです。

 

*積極的に行動すれば1年以内の結婚も可能

結婚相談所では交際のステップが「仮交際」と「真剣交際」に分かれており、仮交際の期間は1ヶ月、真剣交際は3ヶ月ほどが目安です。真剣交際のあとはプロポーズがあって成婚退会となるため、積極的に行動をすれば1年以内に結婚することもできるのです。

普通の恋愛結婚であればプロポーズまでに最低1年。

場合によっては「一度同棲をしてみてから考えよう」となって何年もズルズルと交際を続けることもあるでしょう。お互いに結婚をしたいと考えている人同士だからこそ、効率的でスピーディな婚活ができます。

 

3.30代後半の女性が婚活を成功させるためのポイント

30代後半の女性が結婚相談所に入会したら、どのようなことに気をつけるべきかポイントをご紹介します。

 

*婚活の目標を立てる

まずは「いつまでに結婚するか」の目標を立てましょう。それにより、

・いつプロポーズが必要か?

・いつ真剣交際に移るか?

・いつ仮交際を始めるか?

などが逆算できます。

仮交際では複数の男性と同時並行でデートできるため、仮交際に至るまでの母数を増やすことが大切です。そのためには毎月どれぐらいの人数にお見合いを申し込むべきか、月何回ならお見合いの時間を取れるのか、目標を決めておきましょう。

 

*高望みはしない

結婚相談所にはたくさんの男性がいます。これだけ人数がいると、お見合いを申し込んできてくれた人を見ても「もっといい人がいるんじゃないか?」と思ってしまうかもしれません。しかし30代後半女性はとにかく出会いの母数を増やすことが大切です。

婚活を始めて「思ったよりお見合いができない」「申し込みが断られる」と思ったら、高望みはせず、希望の条件を見つめ直してみましょう。

 

*アドバイスに耳を傾ける

30代後半になるとライフスタイルや考え方も固まってきて、他人から「こうしてみたら?」「これを着てみたら?」と言われても、「そんな性格じゃないから」「似合わないから」と断ってしまうこともあるでしょう。

しかし結婚相談所のコンサルタントは今までたくさんの男女を結婚させてきた婚活のプロです。逆にここまで他人からアドバイスをもらえる機会はなかなかないと考えて、素直に耳を傾けることも大切。自分を変えるいいチャンスだと思って臨むことが、婚活を成功させるポイントです。

希望条件のマッチング結果を
入会前に見てみませんか?

他のエピソードを読む

オンラインでの体験もOK

マッチング無料体験を予約する