35歳が結婚できる確率は?
歳を重ねるほど結婚できる確率が変化するその理由と、35歳以上でも結婚できる人の特徴をご紹介!

「35歳になるとほぼ結婚できなくなるって本当?」

「アラフォー男女はもう結婚できる可能性がないの?」

そう不安に思っている人はいませんか? 近年、「35歳以上の結婚は難しい」という説をあちこちで見かけ、年を重ねるごとに結婚をするのが難しくなると言われています。果たして実際に年齢でどれぐらい結婚できる確率が変わるのでしょうか。

この記事では婚活のプロの視点から「35歳以上でも結婚できる人の特徴」や、35歳以上で結婚できる確率についてご紹介します。

 

<目次>

1.35歳以上になると結婚が難しくなるって本当?

2.なぜ歳を重ねるごとに結婚できる確率が下がる?

 ①独身の異性との出会いが少なくなる

35歳から高齢出産になり、男性からの申し込みが減る

3.35歳以上でも結婚している人の特徴

 ①素直に他人の意見を聞ける

 ②清潔感があって自分磨きをしている

 ③積極的に行動できる

 ④仕事や趣味などで、輝いている

4.35歳以上が結婚するために

 

1.35歳以上になると結婚が難しくなるって本当?

「男女とも35歳を過ぎると結婚しづらくなる」という説があります。実際に2015年の国税調査によると35歳の男性がその後5年以内に結婚できる確率は20.88%。35歳女性の場合は22.61%だったとされています。

8割近くは未婚のままという結果をもって「35歳以上の結婚は難しい」と考える人が多いようです。

対して、もっとも結婚しやすい年齢だったのは男女ともに26歳です。

その後、26歳男性が5年以内に結婚できる確率は36.74%。26歳女性は44.49%でした。26歳から35歳までの約10年間で、どんどん結婚できる確率が落ちていることになります。

5年以内に結婚できる確率は歳を重ねるごと低くなり、40歳男性の場合は12.8%、40歳女性の場合は9.76%まで落ちてしまいます。40代になれば結婚率が半分ほどにグッと下がると考えると、35歳がひとつの岐路と言えるかもしれません。

 

2.なぜ歳を重ねるごとに結婚できる確率が下がる?

そもそもなぜ年齢を重ねるほど結婚できる可能性が下がるのでしょうか。いくつかの要因がありますが、大きく分けて3つの理由が考えられます。

*独身の異性との出会いが少なくなる

歳を重ねるほど周りに既婚者が増えて、独身の異性との出会いが少なくなることも大きな要因でしょう。また、婚活している女性は同年代の結婚相手を求めるのに対し、男性は20代〜35歳ぐらいまでの若い女性を求めることが多いので、ミスマッチが発生します。

たとえば40歳の女性が40歳の男性にお見合いの申し込みをしても、その男性は20代後半の女性に申し込んでいて、その20代後半の女性は同じく20代後半の男性に申し込んでいる、というすれ違いが発生するのです。

また、マッチングアプリや結婚相談所に抵抗感があって、社内での繋がりや友達の紹介などの「自然な出会い」にこだわってしまうケースもありますが、周りに既婚者が増えれば自然に出会える人や紹介してもらえる人材も少なくなります。

 

*異性への理想が高くなる

年齢を重ねて、恋愛の経験値が増えるほど異性への理想が高くなることがあります。さまざまな異性を見てきたことで目が肥えてしまい、20代の頃なら「素敵だな」と思えた人も欠点ばかりが目に付いてしまっていませんか?

また、若い頃より人生経験が増え、キャリアアップもして、人間的に魅力が増しているでしょう。そうした自信から「ようやく人生の伴侶を見つけるのだから妥協はしたくない」と感じることもあるのかもしれません。

 

*35歳から高齢出産になり、男性からの申し込みが減る

子どもを持ちたいと考えている男性は、結婚相手を探す際に「35歳まで」の女性を求めることが少なくありません。日本産科婦人科学会によると35歳以上の初産は「高齢出産」と定義づけられています。35歳未満の出産と比べて妊娠中〜出産時のリスクが高まるとされているため、「子どもを産むなら35歳まで」というイメージが先行しているようです。

とはいえ日本では晩産化が進み、2018年の平均初産年齢は30.7歳まで上がりました。40代で出産する女性も増えていますが、いまだに婚活市場では35歳の壁が大きいようです。

 

3.35歳以上でも結婚している人の特徴

35歳以上でも結婚している人はたくさんいます。どんな共通点があるのか、その特徴をご紹介します。

*素直に他人の意見を聞ける

婚活で大切なことは「素直さ」。大人になればなるほど自分の中での正解にこだわって、他人からの指摘が素直に受け入れられない人も多いのではないでしょうか。そもそも大人になると、周りから叱られたり注意されたりする機会が圧倒的に少なくなります。

しかし、自分の悪い面に気づかないまま婚活してしまうと、出会いがあってもなかなかよい結果には繋がりにくいでしょう。意固地になって相手とぶつかってしまったり、相手にアプローチしてお断りされたりしても「自分のどこが悪いのかわからない」と憤ってしまうかもしれません。

そうしたときに素直に周りからのアドバイスを聞いて、実践できるタイプの人が35歳以上でも結婚していることが多いです。素直に相手の意見を聞ける懐の深さがあれば、結婚生活になっても相手のことを尊重することができます。

 

*清潔感があって自分磨きをしている

清潔感の有無によって、相手に与える印象が大きく変わります。無理に若作りをする必要はなく、年相応で清潔感のある格好を心がけることがポイントです。30代や40代になっても身だしなみによっては実年齢より若く見えることがあります。

そして前向きに自分磨きができることも、結婚できる人の共通点。運動をして体をシェイプアップしたり、料理の腕をさらにブラッシュアップしたり、外見や内面で自分磨きをできる人は何歳になっても異性から魅力的に映るでしょう。

 

*積極的に行動できる

結婚に向けて積極的に行動ができることも35歳以上で結婚している人の特徴です。飲み会や婚活パーティーに誘われたら二つ返事で参加するようなフットワークの軽さや、気になる相手ができたら気負わずアプローチできる積極性が成婚の鍵です。出会いに消極的にならず、能動的に自分からアクションを起こしましょう。

婚活を始めるなら、主要な選択肢はマッチングアプリ、婚活パーティー、結婚相談所です。

コストをかけてでも結婚への意欲がある人と効率的に出会いたい、婚活のプロからサポートを受けたい人なら結婚相談所がおすすめです。

それぞれにメリットやデメリットがあるため、自分に合った方法を選びましょう。

 

*仕事や趣味などで、輝いている

仕事や趣味など、熱中できるものを持っていることも異性から見て魅力的なポイントです。何かに真剣になっている姿は男女ともに輝いて見えますし、仕事や趣味の話から関係が盛り上がることもあるでしょう。

本気で婚活を始めると時間を取られるため、頭の中が婚活でいっぱいになってしまう瞬間もあるかもしれません。そうしたときに熱中できる仕事や趣味があると、視野が狭まるのを抑えられます。視界が狭くなると上手くいくものも上手くいかなくなるため、婚活以外の軸を持つことで心に余裕を持つことが大切です。

 

4.35歳以上が結婚するために

35歳の男女がその後の5年間で結婚している確率は約20%とご紹介しましたが、その数字には「もともと結婚を考えていない人」も含まれています。つまり婚活している男女に限れば、もっと確率が上がるはずです。

今回ご紹介した「結婚している人の特徴」を参考にして、実際に行動をしていけば35歳以上でも結婚できる可能性は十分あります。すべては本人のやる気と行動力次第です。「迷うよりまずは行動」と考えて、結婚に向けてアクションを起こしてみましょう。

希望条件のマッチング結果を
入会前に見てみませんか?

他のエピソードを読む

オンラインでの体験もOK

マッチング無料体験を予約する