お見合いとは?
基礎知識とお見合い結婚と恋愛結婚の違いについて。

お見合いは、知人や結婚相談所などの第三者から、結婚相手を紹介してもらうこと全般を指します。「割り切った結婚」のように思われがちですが、お見合い結婚も恋愛結婚同様にお相手を好きになってからゴールインします。

とくに、結婚相談所を介してのお見合いの場合は、お互いの希望条件をすり合わせてから交際し始めるため、結婚までの期間が早い傾向にあります。婚活を効率よく進めたい方には、結婚相談所を介したお見合いがおすすめです。

 

<目次>

1.お見合いとは?

 ①お見合いの種類とメリット・デメリット

2.結婚相談所でのお見合いの流れ

3.お見合い結婚と恋愛結婚との違い

4.真剣に結婚を考えるなら、結婚相談所でのお見合いがおすすめ

 

1.お見合いとは?

お見合いとは、第三者が結婚願望のある男性と女性を引き合わせるもので、「親や親戚、知人などの身近な人からの紹介」と「結婚相談所の活用」の大きく2種類があります。いずれも結婚を真剣に考えている方と出会いやすく、お相手の年収や職業といった希望条件をもとに事前に知れるため、結婚に発展しやすい婚活方法といえます。

また、身近な人からの紹介には信用が、結婚相談所の入会には審査があるため、婚活アプリや婚活パーティーなどの他の婚活方法と比べ、身元が確かな方と出会えるでしょう。

 

*お見合いの種類とメリット・デメリット

同じお見合いであっても、「親や親戚、知人などの身近な人からの紹介」と「結婚相談所の活用」では、メリット・デメリットがそれぞれ異なります。

 

親や親戚、知人などの身近な人からの紹介

メリット

・費用がかからない

・お相手のこともよく知っている

デメリット

・知人なので合わなかった、ときに断りにくい

・婚活のプロではないため、アドバイスが主観になる

・出会いの数が限られている

 

結婚相談所の活用

メリット

・ノウハウとデータに基づいた客観的なアドバイスが受けられる

・たくさんの会員の中から理想の相手を見つけられる

デメリット

・初期費用が10~30万円と高額になる

 

親や親戚、知人などを介したお見合いは、ほとんどの場合で費用がかからず、見知った人からの紹介を受ける安心感があります。一方で、相性が良くなかったときに断りにくかったり、出会いの数がそもそも限られていたりというデメリットもあります。

結婚相談所は、初期費用が10~30万円と高額になるものの、ノウハウとデータに基づいた客観的なアドバイスや出会いの母数が大きいことなど、手厚いサポートと充実のサービスが魅力です。

 

2.結婚相談所でのお見合いの流れ

結婚相談所を介したお見合いの一般的な流れでは、「入会」「申し込み」「お見合い」「交際成立」「本交際」「プロポーズ」「成婚」といった7つのステップを踏みます。

結婚相談所に入会する際には審査があり、登録の際に身分証明書や独身証明書が必要になります。審査により、既婚者の入会やプロフィールの虚偽が防げるため、お相手選びが安心してできます。

ご自身のプロフォールの登録が終わると、お相手探しが始まり、気に入った方がいればお見合いを申し込みます。双方ともに了承した場合はお見合い成立となり、後日対面でお話する機会を得られます。相性が良ければ本交際がスタートし、それ以降は一般的な恋愛結婚と大きく変わりません。

ただし、結婚を決断するまでは2~3ヵ月が目安と言われ、むやみに長期間交際することは推奨されていません。結婚相談所による違いや個人差はありますが、多くの方が登録から6ヵ月~1年で成婚されています。

 

3.真剣に結婚を考えるなら、結婚相談所でのお見合いがおすすめ

真剣に結婚を考えるなら、結婚を前提とした出会いができるお見合いがおすすめです。

特に、結婚相談所を介したお見合いは、出会いの場の提供だけでなく、交際中もプロのノウハウを用いたサポートを受けられるため、スピーディーに結婚できる可能性が高くなります。

実際に、婚活アプリ・パーティーなどの婚活ではうまくいかなかった方が、結婚相談所のサポートを受けて、わずか2ヵ月で成婚された事例もありました。

真剣に結婚を考えている方は、お見合いでご成婚された方の事例をご覧になり、結婚相談所でのお見合いを検討されてみてはいかがでしょうか。

➡婚活体験談はこちら

 

希望条件のマッチング結果を
入会前に見てみませんか?

他のエピソードを読む

オンラインでの体験もOK

マッチング無料体験を予約する