何歳から婚活を始める?
結婚したいと思ったときが婚活の始めどき!
成婚するために必要な婚活の心構え

「婚活を始めるには早すぎる…?」

「私の年齢ではもう手遅れかも…」

いざ婚活を始めようと思ったときに、自分の今の“年齢”を気にする方は多いのではないでしょうか。20代前半のうちは「いつかは結婚したいけど本腰を入れるのはまだいいや」と思っていたのが、20代後半になり、結婚式に誘われる機会が増えてくると、「そろそろ本気を出した方がいいのかな…」と少しずつ焦りが出てくる人も多いと思います。

そして30代前半になると「まだ間に合うでしょ」という気持ちと「結婚できるかな」という不安が入り混じり始め、30代後半から40代の方は「今から活動を始めてもう遅すぎるんじゃないか…?」という不安が頭をよぎるのではないでしょうか。

そんなふうに婚活と自分の年齢について不安を持つすべての方が、前向きな気持ちになれて、少しでも一歩を踏み出す勇気が持てるお話を紹介していきます。

 

<目次>

1.婚活市場最も多いのは30代前半の女性

2.20代から婚活を始めるメリット&デメリット

 ①メリット1 たくさんの男性と出会える

 ②メリット2 失敗しても時間はたっぷりある

 ③メリット3 20代の限定割引がある

 ④デメリット1 相手を見る目が養われていない

 ⑤デメリット2 同年代の相手とは出会いにくいことも?

3.数字に踊らされる必要はなし

4.人気の婚活ツールはマッチングアプリだけど…

5.結婚したい人に結婚相談所をオススメする理由

 ①その1.信頼性

 ②その2.男性の目的意識の違い

 ③その3.結婚までのスピード

 ④その4.プロフェッショナルによる手厚いサポート

 ⑤その5.費用

6.自己プロデュース力をサポートしてくれる結婚相談所のコンサルタント

7.どんな年代の人にもオススメなのが結婚相談所

 

 

1.婚活市場最も多いのは30代前半の女性

まずは現在の婚活市場について正しく知っておきましょう。2015年の国勢調査によると、50歳まで一度も結婚をしたことがない男性は4人に1人、女性は7人に1人と言われています。いわゆる「生涯未婚率」ですが、2010年の調査から男女とも3ポイント以上増えており、時代とともに未婚率は高くなっています。人生で結婚をしないという選択をする人も増えている中、現在婚活をしている人はどれぐらいいるのでしょうか?

2020年3月時点で20代、30代の全国結婚相談事業所連盟の登録者数は3年前よりも、男性が26%増えて3636人、女性が12%も増えて7411人と言われています。年代別の割合を見ていくと、31〜35歳までの男性が30.7%、女性が40.6%、36〜40歳までの男性が26.8%、女性23.0%となっています。全体の割合でいうと56.7%が30代男性、63.6%が30代女性によって占められています。

 

2.20代から婚活を始めるメリット&デメリット

30代が多い婚活市場ですが、20代のうちから始めている方もちろんいらっしゃいます。先ほど紹介した全国結婚相談事業所連盟の登録者数でいうと、30歳未満の男性は10.7%、女性30.1%という割合です。また男性は自分より若い女性を条件に挙げる人が多いため、20代のうちから婚活を始めるメリットは言わずもがな。ただしデメリットもあるのでそれぞれポイントを紹介します。

 

メリット① たくさんの男性と出会える

先ほども触れましたが、男性は自分より若い女性を条件に挙げる人が多いため、条件で検索する婚活の特性上、若い女性はそれだけで条件をクリアしていることになります。多くの男性と出会える婚活ができるでしょう。

メリット② 失敗しても時間はたっぷりある

たくさんアプローチされた中から「この人だ!」と思ってお付き合いに発展し、「やっぱり違った」とお別れをしてしまったとしても、時間はたっぷりあるので焦る必要がありません。

メリット③ 20代の限定割引がある

結婚相談所の多くは、20代向けの限定プランを用意しています。通常のプランより、入会費用や月額費用が安くなっているので、20代のうちに婚活を始めると費用を抑えて活動がスタートできるためおすすめです。

 

デメリット① 相手を見る目が養われていない

人を見る目は年齢とともに、社会経験や人生経験で培えられるものです。そこがまだ未熟なうちから、様々な男性からアプローチをされた場合、外見がいい、年収が高い、など分かりやすい魅力に惹かれることもあるでしょう。そうすると、相手の本質を見抜けないまま結婚に進んでしまう可能生があります。

デメリット② 同年代の相手とは出会いにくいことも?

利用する結婚相談所によっては、20代の登録が少ないところもあります。20代から結婚したい男性の割合は女性ほど高くないことから、同年代との出会いのチャンスが少ない可能性もあります。

3.数字に踊らされる必要はなし

婚活市場は30代が多く、20代の方が有利だという話を紹介してきましたが、40代以上の方も気後れする必要はありません。

実際、全国結婚相談事業所連盟の登録者数も男性は31.8%、女性は6.3%が40代以上の方です。そして、これらはあくまでも統計学的な数字の話です。「私なんか…」と、ネガティブな考え方になっていては、男性も女性もせっかくの魅力的な部分がかすんでしまうでしょう。年齢にとらわれず、自分の魅力を分析して、堂々と活動していきましょう。

 

4.人気の婚活ツールはマッチングアプリだけど…

未婚率が上がっているとはいえ、マッチングアプリやお見合いパーティーなど婚活ツールは多岐に渡っているのが現状です。ミュゼマーケティング調べによると、一番人気の婚活ツールは、全体の32%が利用したことがあると答えたマッチングアプリでした。

しかし、マッチングアプリを利用したことがあると答えた方に、アプリでマッチングした人とその後どうなったかという質問への回答の第1位は、なんと「メッセージのやりとりをしただけで会っていない」というもので、その割合は全体の22%。その後「付き合った」という回答は半分の11%という結果でした。

手軽さゆえに出会いのチャンスは豊富なマッチングアプリですが、本当に結婚したい人や確実な出会いを求めている人にとってはなかなか難しい結果です。

<参考>全国の20~30代の男女の400人のマッチングアプリ利用者と結婚相談所利用者を対象としたアンケート調査(調査時期:2020年10月19日~28日)

5.結婚したい人に結婚相談所をオススメする理由

そこで、婚活ツールとしてオススメしたいのが結婚相談所です。なぜオススメなのか、マッチングアプリと比較して説明します。

その1.信頼性

マッチングアプリの登録では、実名を使っているかという本人確認はあっても独身かどうかという審査をすることはありません。一方、結婚相談所では独身証明書を提出する必要があるので、必ず独身の方だと安心して出会うことができます。また年収に関してもきちんと収入を証明できるものを提出しなければならないので、情報を盛ることなく、正しい情報を確認することができます。

 

その2.男性の目的意識の違い

男性にマッチングアプリの利用目的を聞いた調査で、結婚相手を探していると答えた人は22%、恋人を探している人が58%、遊び相手を探している人が13.5 %という結果が出ています。一方結婚相談所で、結婚相手を探している人は64.5%、恋人を探していると答えたのは27.5%でした。やはり結婚を見据えている人ほど結婚相談所を利用していることがわかります。

 

その3.結婚までのスピード

目的意識が違えば、自然に変わってくるのが結婚までのスピードです。結婚相談所はお互いに“結婚”というゴールを前提にお付き合いをすることから始まるので、結婚にいたるまでのスピードが早くなることは目に見えています。

ツヴァイのデータによると、結婚相談所で出会い、付き合い始めてから結婚するまでの期間は平均3ヶ月。マッチングアプリでお付き合いをすることになっても、お互いが結婚を意識しているかどうかまでは、なかなか判断の付きづらい可能性もあるため、結婚までをお考えると時間がかかってしまうこともあるでしょう。

 

その4.プロフェッショナルによる手厚いサポート

マッチングアプリでは、すべての判断が自分に委ねられています。もちろん、悩んだときに相談できる相手ぐらいいるよ、という方もいらっしゃるとは思いますが、些細なことだとあまり聞けなかったり、恥ずかしくて正直に話せないということもあるのではないでしょうか。

一方、結婚相談所は婚活のプロとして働いているコンサルタントが一緒に相手を探してくれるだけでなく、お付き合いにいたるきっかけ作り、そしてプロポーズのタイミングに至るまであなたと一緒に考えアドバイスをしてくれます。

あなたがもし、お付き合いの段階で本当にこの人でいいのかと悩んでいる時などは、コンサルタントが一緒に活動を見つめ直し、しっかりと背中を押してくれることでしょう。

 

その5.費用

手厚いサポートが得られる結婚相談所だからこそ、費用に関してはマッチングアプリの月会費に比べると入会金や月会費などが高くなることは否めません。ただし、短期集中と割り切って、お金をかけて、充実した婚活環境を整える方が効率的だと言えるでしょう。

 

6.自己プロデュース力をサポートしてくれる結婚相談所のコンサルタント

マッチングアプリや結婚相談所だけでなく、あらゆる婚活ツールに共通しているのは、誰もが選ぶ立場であり、選ばれる立場であるということ。自分が好きになったからといって、相手に好きになってもらえるとは限らないのが恋愛の本質であり、難しいところです。でも、婚活をうまく進めるポイントは確実にあります。

それは、就職活動や会社に入ってからなど、相手から評価をされるときに必ずセットになる、“自己プロデュース力”です。芸能人やタレントさんで、“あの人は自己プロデュースがうまい”と聞いたこともあると思いますが、多くの人が苦手としていることではないでしょうか。

そこで、頼りになるのが婚活をサポートしてくれる結婚相談所のコンサルタントの存在です。長く付き合っている友達や家族は近すぎて、客観的な意見をいうには角が立つこともあります。第三者である結婚相談所のコンサルタントのアドバイスだからこそ、素直に聞けるのです。

 

7.どんな年代の人にもオススメなのが結婚相談所

年齢は、ひとつの条件として、あなたの性格や恋愛傾向などを総合的に判断して、アドバイスをくれるのが結婚相談所です。ツヴァイでは「あなたの婚活力」と題して、プロフィールや相手の希望条件を入力すると、ツヴァイ会員9万の中からあなたのマッチングにピッタリな3名のプロフィールをお送りするパーソナル結婚診断も体験できます。

また実際の婚活事例を見ながら具体的なサービスを確認したり、漠然とした不安や疑問について聞いてみたり、自分の性格や傾向を発見できるカラーテストなど充実した内容の無料相談も承っているので、ぜひお気軽にチェックしてみてください。

希望条件のマッチング結果を
入会前に見てみませんか?

他のエピソードを読む

オンラインでの体験もOK

マッチング無料体験を予約する