成婚カップルの婚活体験談

出会いから5日で告白のスピード展開! お見合いで出会った相性ぴったりの夫婦は、結婚から2年経った今もずっと仲良し

空回りばかりだけど真っ直ぐで心の広いKさんと、一見おとなしそうに見られるも、実はいたずらが大好きというチャーミングなMさん夫婦。

結婚して2年経ったご夫婦の、出会いから告白、プロポーズ。そしてその後も仲良く続いている結婚生活の秘訣をお伺いしました。

お二人のプロフィール

  • Kさん

    年齢
    32歳
    出身地
    愛媛県松山市
    職業
    運転士
    趣味
    ボウリング
    入会期間
    2年2ヶ月
    入会店舗
    ツヴァイ高松店

  • Mさん

    年齢
    30歳
    出身地
    香川県小豆郡
    職業
    看護師
    趣味
    テレビを観ること
    入会期間
    3ヶ月
    入会店舗
    ツヴァイ高松店

諦めずに婚活したからこそ出会えた

婚活を始めようと思った経緯と婚活を始めたときの様子を教えてください

Kさん20代後半には結婚したいと思っていたんですが、出会いのきっかけなども特になく、本気で婚活してみようと思って相談所に入会しました。香川と愛媛で活動しようと思ったのと入会したときは20代だったので、20代割を使って入会できたのがツヴァイに決めた理由でした。

Mさん実は入会する前に失恋したんです。それで相談所だったら自分に合った人を紹介してくれるのかなと思って話を聞きに行ったところ、担当のコンサルタントさんの人柄に惹かれて入会しました。

Kさん入ってからの印象は、いろんな方を紹介してもらったものの、なかなか長続きしなくて、それは精神的にもキツかったので休会を挟みつつ、活動をしていました。でも、知り合いにツヴァイで結婚した人がいたので、その方にずっと話を聞いてもらっていました。その人には感謝しかないですね。

Mさん私は担当のコンサルタントさんに、「お相手は年上の人で包み込んでくれるような人がいい」とお伝えしていました。そこでちょうど「心の広いぴったりの人がいるよ」と言って紹介してくれたのが、Kさんでした。

出会いのきっかけと最初の印象はどうでしたか?

Kさんハンドメイドの出会いをきっかけに店舗で出会いました。それまでも何人かの方とはお見合いをしましたが、その場限りで終わってしまって、なかなかうまくいかなかったんです。それでもめげずに活動していたらMさんを紹介してもらいました。最初は物静かで大人しい方という印象でしたね。

Mさんもともと彼がツヴァイに入って一番最初の相手になる予定だったんですけど、同じ日にふたりの方とお会いすることになっていて、Kさんとの時間が変更になったので、2人めのお見合い相手になりました。

Kさんちょうどそのとき会社で同僚が入院をしてしまってお見舞いに行くことになり、時間を変更してもらったんです。

Mさんツヴァイの方からの連絡では、時間が変更になる理由を聞いていなくて。自分の勤務時間が不規則なので、彼も本当は仕事の日だけど、仕事が終わらなくて時間をずらしてくれたのかなと思っていたんです。ずっと気になっていたので、そのときに聞いたら「お見舞いに行っていた」と話してくれました。あとは、自分たちの仕事の話もしたよね。大切にしているものを持ってるというか、職業はそれぞれ違うんですけど、仕事に対する想いが似ているなと思いました。

Kさん仕事をしていたら辛いことってあると思うんですけど、好きな仕事だからこそ辛いことがあっても乗り越えられるというような話をしたと思います。もっと話したいなと思って、その日に終わったのが夕方だったので、その流れで「この後ご飯にいかない?」と誘いました。僕の趣味はボウリングなんですけど、ボウリング仲間がやっている中華料理屋さんに一緒に行って、さっきの続きの話をしました。

Mさんご飯を食べながら楽しく話したよね。そのときは「結婚したらどんな家庭を作りたいか」とか、結構深い話をしたと思います。

出会って5日の告白もお互い自然な流れだった!

最初から好印象だったんですね。次のデートはどちらから誘ったんですか?

Kさん初対面が8月29日だったのですが、9月3日に「ご飯行きません?」と僕から誘いました。お互い土日休みではないんですけど、その次の日もたまたまふたりとも休みだったんで「じゃあお出かけする?」ってことになって、徳島までドライブしに行きました。もっとMさんのことを知りたいと思っていたので、すごく自然な流れでした。

Mさんドライブは車で1時間ぐらいかけて、かずら橋という吊り橋を渡りにいきました。結構高さがある橋で、そこを渡るときに、Kさんがそっと手を出してきたんです。それで初めて手を繋いで一緒に橋を渡りました。「渡り終わったけど、手を繋いだままだな」と思って歩いていたら、橋を渡ったあとの途中の休憩の時間に告白されました。手の握り方が、すごく自然な形だったので、手を繋ぐために橋に行ったのかなと思いましたね(笑)。

Kさんそれはいまだにネタにされてます(笑)。

Mさんもともと私は地名を聞いても橋のあるところだとわかってなくて、行って初めて吊り橋のあるところだと気づいたんです。

Kさん草の蔓でできた橋で、歩くと結構揺れるんだよね。

Mさん高いところは嫌いじゃないけど、「ここを渡るの?」と思ったのは覚えています。出会って1週間も経ってないタイミングでの告白には驚きましたけど、告白されてイヤな気はしなかったです。正直最初のプロフィールを見た段階で「四国を転々とする職業です」と書かれていて、自分の職業的に夜勤もあるし、お互い不規則な職業なので、生活スタイルは合わないかもなと思ったんですけど、それでも結婚したいと思うようになっていました。

不完全燃焼のプロポーズ!? ケンカもするけど仲がいい結婚生活

すぐに結婚を意識していたんですね。

Mさんそうなんです。自然とこの人と結婚するんだろうなと思っていました。

Kさんそこから4ヶ月ぐらい交際して、1月にふたりで初めて旅行に出かけたんですけど、そのときにはプロポーズをしようと思って、指輪を用意していました。

Mさんプロポーズの前にふたりでブライダルフェアに行ったりはしていたんです。でもそのときは、まだどうするか決めてない状態だったので。こういうのはちゃんと結婚を決めてからがいいよねという話をしていました。それで、しばらくして指輪を見に行ったんですけど、そこから1ヶ月ぐらい間が空いたので、なんだろうと思っていました。

Kさん指輪って作るのに1ヶ月ぐらいかかるので、そのときは内緒で指輪を作っていました。

Mさんそれで旅行に行くんですけど、旅行の2日目の1月9日が私の誕生日なんです。そこでプロポーズされるのかなと思ってたら、誕生日プレゼントをもらってお祝いしてもらったけど、プロポーズはなくて……、その次の日にプロポーズされました。

Kさんそこは正直不完全燃焼だったかなという気もしていて、誕生日にプロポーズをすればよかったなと思いましたが、あとのまつりでしたね(笑)。

結婚されてもうすぐ2年経つということですが結婚生活はどうですか?

Kさん最初に付き合い始めたときは、物静かな感じなのかなと思っていたんですけど、一緒に生活していると、服にそっとシールを貼ってきたり、ちょっとしたいたずらが好きなんですよ。

Mさんそのシールに全然気づかないから写メを撮って送るんです。怒らないから、ついついやってしまうんですよね(笑)。

Kさん普段そうやっていじられてますけど、仲がいいからこそのじゃれ合いが楽しいです。タヌキとキツネが出てくる人気の漫画があって、のんびりしていておっちょこちょいなタヌキに、キツネがいつもちょっかいを出すんですよ。自分たちふたりは、その関係性に似ているなと思っています。たまにケンカもしますが、仲よくやってます。

2年経っても楽しそうでいいですね! もうすぐお子さんも産まれるということで、これからはどんな家庭を築いていきたいですか?

Kさん心の面で支えてもらっているので、すごく感謝しています。これからもにぎやかでわいわい笑っていられるような家庭にしていきたいですね。

Mさんお互いを大切にしながら思いやりを持った家庭にしたいと思っています。

お二人の年表

2019年 8月29日 初対面
9月3日 初デート
9月4日 デートで橋を見に行きその場で告白
2020年 1月 九州に旅行
6月 両家顔合わせ
9月4日 婚姻届提出
11月8日 結婚式
Kさん活動期間
2年2ヶ月
Mさん活動期間
3ヶ月

関連するキーワード

  • 30代
  • 香川県
  • ハンドメイドの出会い
  • 初婚

(2022年8月6日取材 香川県丸亀市中津万象園で撮影)

希望条件のマッチング結果を
入会前に見てみませんか?