「30歳までに結婚したい」「1年以内に結婚したい」それぞれの理想を叶えた2人。「婚約の決め手は、担当MCさんのひと声でした」 - 婚活するなら結婚相談所のツヴァイ(ZWEI)

婚活体験談

「30歳までに結婚したい」「1年以内に結婚したい」それぞれの理想を叶えた2人。「婚約の決め手は、担当MCさんのひと声でした」

30歳までに結婚したい男性のSさんと、1年以内に結婚したい女性のWさんは、偶然にも同じタイミングで婚活を開始。街コンや婚活パーティーに参加したものの合わず、結婚への意欲が高い人を求めてツヴァイに入会したのも同時期でした。

ツヴァイのウェルカムパーティーで出会い、3回のデートを経て交際。それから半年後には、それぞれの理想の相手と婚約したお2人。その裏には、Sさんのプロポーズを強く後押しした、MC(マリッジコンサルタント)の存在がありました。

ツヴァイの会員サイトで気になった人と、ウェルカムパーティーで対面

まず、婚活をはじめたきっかけを教えてください。





僕はもともと、30歳までに結婚して、30歳を過ぎたら子どもがほしいと思っていました。なので、28歳の時にそろそろ動き出そうかな、と思って婚活をはじめたんです。街コンに行ったこともあるのですが、女性と連絡先を交換してもやり取りが続かず、なかなか上手くいかなかったんですよね。





私も、早く結婚したいなと思って、彼と同じくらいの時期に婚活しはじめました。街コンに合コン、友達の紹介、婚活パーティーと、ありとあらゆる方法を試したんですけど、どれも結婚にはつながりませんでした。婚活パーティーのプロフィールで、「1年以内に結婚したい」にチェックを入れていると、それだけで男性に引かれちゃうこともありました。

結婚願望の強さが違うと、マッチングが難しくなりますよね。では、どのようなきっかけでツヴァイに入会されたのですか?





やっぱり結婚への意欲が高い人に会いたいなと思って、インターネットで婚活サービスを探していた時にツヴァイを見つけたんです。もともと名前は知っていたし、レビューを見たら高評価が多くて。ここならいい人に出会えそうだし、お店も家から近いから一度話を聞きに行こう、とネットで予約しました。そしていざ来店したら、MCの女性が、「手厚くサポートしますし、20代割もあるので入会金も安いですよ!」とすすめてくれて。じゃあもう入ってしまおうと、その場で入会を決めました。





私もインターネットを見ている時にツヴァイを見つけました。ホームページがしっかりつくられていたし、入会前には独身証明書などの書類も出さなきゃいけないと書いてあったので、ちゃんとした結婚相談所みたいだし、怪しい人は来なさそうだな、と思いました。実際にお店で話を聞いてみたら、彼が言うように20代割があって思ったより低額だったので、入会することにしたんです。

ツヴァイでは、どんなサービスを利用されましたか?





写真の印象で相手を探せる「インプレッション・マッチング」を使いました。





僕もそれ使ったな。あとは、MCさんがすすめてくれた女性と、お店でお話しすることもありました。結局その方とは1回しか会わなかったのですが。





私も彼と出会うまでに数名の方とお会いしたんですけど、なかなか次につながることはなかったですね。というのも、私は今の仕事を続けていきたかったので、近くに住んでいる方が第一条件だったんです。その条件に合う方があまりいなかったので、彼が近くの人で良かったです(笑)。





彼女を知ったのは、お互いの価値観を表したグラフで相性を見る「価値観マッチング」がきっかけでした。僕と価値観が合う人として、彼女のプロフィールが表示されたんです。





そうそう、私も価値観マッチングで彼のプロフィールを見ました。でもその時は、連絡先の交換はしなかったんだよね。





コンタクトは取りませんでしたが、こんな人もいるんだなと思って、その後も彼女の顔は覚えていました。





たまたま事前に価値観マッチングでお互いの顔を見ていたから、その後の「ウェルカムパーティー」での出会いにつながったんです。


ウェルカムパーティーで交流が生まれ、スムーズにデートを重ねて交際へ

お2人の出会いは、ウェルカムパーティーだったんですね。出会った時のお話を聞かせてください。





ウェルカムパーティーは、入会者が全員招待される会だとMCさんから説明を受けたので、入会から2、3週間後にパーティーに参加しました。





彼とは担当のMCさんが同じで、私もまったく同じ流れで参加しました。





パーティー当日、会場に行ったら彼女が目に入って、価値観マッチングで見た人だ、とすぐに気付きました。それで彼女と話したいと思って、フリータイムで近付いたんです。





「価値観マッチングで見ました」って話しかけてくれたんだよね。私も彼の顔を見て、この前見た人だ、と気付きました。その場で少し話して、パーティーの後には彼のお誘いで食事に行ったんです。女性4人と男性2人の6人のグループで。





会った時から、彼女を誘いたいと思っていたんです。ただ、最初から1対1じゃ緊張するかなと思って、彼女が話しやすいように他の人たちも誘いました。6人で食事をした後、帰りの方面がたまたま彼女と一緒だったので、2人で電車に乗って帰ったんです。





今の話もそうですけど、彼は周りへの気遣いがすごくできる人なんですよ。価値観マッチングのプロフィール写真ではちょっとクールな印象だったけど、実際に話すと優しくておもしろい人だと感じましたし、印象はすごく良かったです。





彼女のことは、見た目通り柔らかい雰囲気で優しそうだと思いました。それでいて、芯も強い。結婚しても仕事は辞めたくないとか、自分の考えをしっかり持っているのが好印象でした。

最初のデートの約束は、どのようにされたのですか?





6人で食事をした帰り際に、僕から「今度ご飯に行きませんか?」と誘ったんです。それから2週間後くらいに、四日市市のイタリアンレストランでディナーをしました。あらかじめ、話す内容も考えてから行きました(笑)。





そうだったんだ。その時は彼と2時間くらい一緒にいたんですけど、沈黙もなくずっと話していられて、すごく楽しかったです。





そのデートの終わりに、「そろそろ紅葉の時期やから、一緒に見に行きませんか?」と僕から声をかけました。それで、紅葉の名所がたくさんある愛知県の犬山市で2回目のデートをしたんです。





その後の3回目のデートは、仕事終わりに私の地元でご飯を食べました。まったく予想していなかったのですが、その帰りに彼が告白してくれたんです。





僕から「あの、話があります」って声をかけてね。あれは緊張したな(笑)。率直に、「好きなので付き合ってくれませんか?」と伝えました。





びっくりしたのですが、告白がすごくうれしかったので、私も彼が好きなんだなと実感したんです。なので、「お願いします」とお返事しました。

デートのお誘いや告白は、Sさんから積極的にされていたんですね。晴れてお付き合いすることになってから、特に印象に残っているデートはありますか?





印象的なデートはいくつかあるんですけど、私はやっぱりスキー旅行かな。彼はスキーの経験があって上手なのですが、私はしたことがなくて全然滑れなかったんです。そんな私を、彼はずっとフォローしてくれて。坂を下る時は、私が周りとぶつからないよう、少し下で周りをガードしながら待っていてくれるんです。本当に優しい人なんや、と感動して好感度がかなり上がりました。





僕が印象に残っているのは、韓国旅行ですね。彼女の友達が釜山に住んでいて、その人の案内でいろいろな場所を巡れたのが楽しかったです。

それと、旅行を通して彼女の友だち想いな面を見られたことも良かったです。その友だちが結婚すると聞いて、彼女がとても喜んでいたのを見て、友だちをとても大切にする子なんやなぁ、と思いました。


「一緒に住むならケジメを!」MCのひと声がプロポーズの後押しに

たくさんデートをして、思い出をつくられてきたんですね。プロポーズはどのように?





付き合って半年の記念日に、まず彼女と同棲生活をはじめることになっていたんです。ただ、その時点ではまだすぐ婚約しようとは思っていませんでした。





私も、同棲して少し様子を見てからかな、と思っていました。そうしたら、MCさんがね(笑)。





そうそう。同棲をはじめる2週間前くらいに、僕たちの担当MCさんに「一緒に住むことになったので、退会します」と直接伝えに行ったんです。そうしたら、「一緒に住むということは、結婚が決まったんですね。おめでとうございます!」と祝ってくれました。

ただ、「まだ婚約は先のつもりです」と伝えたら、「えっ、一緒に住むならちゃんと婚約して、ケジメをつけたほうがいいですよ!」とビシッと言われてしまって(笑)。確かにそうだな、と思ったんです。それでやっぱりプロポーズしようと決めて、急きょ婚約指輪を買いに行きました。

では、今度こそプロポーズですね……!





同棲開始の日に、引っ越しの荷ほどきが終わって、交際半年記念のお祝いをしようと近くのレストランに行ったんです。雰囲気がいい場所だったので、もしかしたらって思ったんですけど……。





レストランにお客さんがたくさんいるのを見て、結局言えなかったんです(笑)。家に帰った後もなかなか言えず、彼女の後ろをずっとウロウロしていたんですけど、意を決してパカッと婚約指輪を差し出して「結婚してください」と伝えました。





家に帰った後、やたら後ろについてくるなと思っていたんです(笑)。レストランでは何もなかっただけにびっくりしたんですけど、うれしくて「お願いします」とお返事しました。後日、MCさんに婚約の報告をしたら、目をウルウルさせながら喜んでくれました。





MCさんの言葉がなかったら、婚約が半年はズレていたと思います。プロポーズから半年後には、交際して1年記念の日に婚姻届を出しました。2020年の5月には結婚式を挙げる予定なので、今度はじめてその打ち合わせに行くんです。





ウェディングドレスを近々見に行くので、いよいよ準備がはじまるな、という状況ですね。

結婚式、楽しみですね。最後に、これからどんな家庭を築いていきたいですか?





私は、お互い支え合える夫婦になれたらいいなと思っています。今も彼には本当に支えられているので、私も彼を支えていきたいです。





僕は、いつも明るい家庭を築いていきたいですね。子どもを2人くらい授かったら、家族旅行にもたくさん行きたいです。またスキーに行くのもいいな。





じゃあその時はまた、私と子どもたちのために、彼に雪山で身体を張って支えてもらわないといけないですね(笑)。

これから婚活する方へ

  • 特に男性は、積極的に行動する必要があると思います。婚活が上手くいかなかった知人は、自分からは動かず受け身の姿勢でした。怖がったり面倒くさがったりせず、自分から相手を誘ったり連絡したりして行動するのが大事だと思います。

  • 実は最初に彼を価値観マッチングで見かけた時はピンとこなかったのですが、実際に会ってみたら、写真やプロフィールの印象とは違いました。やっぱり、直接会わないと分からないことはたくさんあると思います。条件や写真だけで判断せず、まずはぜひいろいろな方と会ってみてください。

(2019年12月14日取材)


希望条件のマッチング結果を
入会前に見てみませんか?

他のエピソードを読む

オンラインでの体験もOK

マッチング無料体験を予約する