成婚カップルの婚活体験談

長い婚活の末、出会ったふたり。マスクを外した顔にひとめ惚れ!?

それぞれがツヴァイでの長い活動期間を経て、最終的に趣味がピッタリ合う運命の人と出会えたMさんYさんさんご夫婦。コロナ禍の婚活だったからこそ、本当に価値観の合う人と出会えたと話す姿が印象的でした。

活動期間の長かったおふたりがピンときた瞬間の心境、そして経験者が語る結婚相談所利用の仕方は必読です!

お二人のプロフィール

  • Mさん

    年齢
    43歳
    出身地
    和歌山県
    職業
    会社員
    趣味
    寺社仏閣めぐり、美味しいお店探し、英語、軽登山
    入会期間
    5年7ヶ月
    入会店舗
    ツヴァイ浜松店

  • Yさん

    年齢
    35歳
    出身地
    広島県
    職業
    会社員
    趣味
    寺社仏閣めぐり、美味しいお店探し、野球観戦、軽登山
    入会期間
    5年11ヶ月
    入会店舗
    ツヴァイ岡山店

結婚に本気の人と出会いたい

婚活を始めたきっかけを教えてください。

Mさん30代も後半になると昔に比べて出会いが減ってきて、前向きに結婚する思いのある方と出会うなら結婚相談所かなと思って登録しました。それまでも婚活パーティーには何度か行っていたんですけど、本気で結婚相手を探すというよりは、人脈を広げるようなつもりで参加していたので、ちょっと目的が違っていましたね。

Yさん20代後半になって、まわりのみんなが結婚しはじめて、お付き合いをするなら結婚を前提にした方とお付き合いをしたいと思っていたんです。身元がちゃんと分かっている人と出会いたいなと思って相談所に登録をしました。親からは「結婚だけが女の幸せじゃないよ」と言われていたんですけど、私は「家族が欲しい」という願望がもともと強かったので早く結婚したいと思っていました。

おふたりとも6年近い活動期間で、比較的長いほうだと思うのですが、どのように活動していましたか?

Mさん実はツヴァイに入会してからも、最初のころはそこまで積極的ではなかったんです。同僚や友だちから「結婚しろよ」という圧もあったので、「婚活してるよ」という隠れ蓑のような使い方をしている部分もありました。

Yさん最初はすごくやる気で活動していたんですけど、長く活動していると中だるみしてしまって……。私の場合、転勤を経験したので、モチベーションが維持できなかったり、コロナ禍で活動を休止していたときもありましたね。

Mさん2020年5月(初めての緊急事態宣言が出たとき)は、個人的に活動はしても、実際に会うのは控えようというスタンスだったんですけど、そのときコンタクトを取っていた方が積極的に「会いましょう」という方で、僕とは価値観が違うんだなと思いましたね。

がつがつしていないプロフィール写真が印象に

出会いのきっかけはどちらからだったんですか?

Mさん条件マッチングです。ツヴァイって、連携している写真館があるので、みなさん割とちゃんとした写真を載せるじゃないですか。その写真がなんか雑だったんですよね(笑)。

Yさんちゃんと写真館で撮ってたよ!

Mさん写真館だったの? でも、その写真が印象に残ってて、プロフィールをみたら結構趣味が被っていたので「面白そうだな」と思って申し込みました。

Yさんお申し込みをもらって、Mさんが通っていた大学の場所に縁があったのと、趣味が似ていて気が合いそうだなと思って会ってみようと思いました。

初めて会ったのはいつですか? 会ったときの印象を教えてください。

Mさん2021年8月ですね。ちょうどコロナ禍も落ち着いてきたかなというときで、まだ出歩かないほうがいいと思う方は出歩いてない時期。コロナ禍の婚活って、思うように会えない不便さはありましたけど、自分と同じ価値観の人を見つけるのが簡単でいいなという側面がありましたね。彼女と会って初めて、マスクを取った顔を見たとき、「かわいい!」と思ったんです。そして、改めてなぜあの写真を使ってるんだろうと思いましたね。

Yさんめっちゃ言うじゃん(笑)。言われてみれば、あんまり写真うつりがいい写真ではなかったけど。

Mさんでもそこが良かったんです。マスクをとったときのギャップもそうだし、自然体というか、がっついていなくていいなと思いました。

他にどんな話をしたか覚えていますか?

Mさんそのとき話したのは1時間半ぐらいだったでしょうか。ずんだシェイクをおすすめされたことは覚えています。あと、野球の話。もともと僕は巨人ファンなんですけど、ちょうどMLBで大谷選手が活躍していたので、話題にしていましたね。

Yさん私はカープを応援していて、メジャーリーグはそんなになので、この人ガチだなと思いました(笑)。

告白は何回目のデートだったんですか?

Yさん3回目ぐらいですかね。

Mさんお互い、年齢も年齢なので告白っていうよりは、「合うと思ってるならまた会いましょう。でも、もうないと思ってるんだったら、この辺で線を引いたほうがいんじゃないですか」というような話をしました。

Yさんそれを聞いたときは一般論ぐらいにしか思ってなかったんですけど、「じゃあ、これからも会いましょう」という感じでお付き合いをすることになりました。

最初からお互い結婚を意識していた

結婚を意識したタイミングはいつだったんですか?

Yさん初対面のときですかね。私は割と緊張しいなんですけど、Mさんのときは緊張せずに話せました。

Mさん僕も最初からですね。一番最初に会ったときに、指定した階を間違えてしまって。同じビルにはいたんですけどフロアが違ったので、すごく焦ったんです。でも、彼女はとてものんびりしていて「あ、この子は動じない子なんだろうな」と印象的でした。

Yさんあと、年末年始ずっと過ごしていて、長期間一緒にいても自然体でいられるって、改めていいなと思いました。

Mさんホント、特別なことをするわけでもないけど、一緒にいて肩肘を張らなくてすむというか。たとえば彼女がワクチンの副反応で熱が出たときに、食事をつくったり定期的に熱を測ってあげたり、無理のない範囲でしてあげたことに対してすごく喜んでくれたんです。一緒に過ごしていきたいなと思えたので、今年の3月に「結婚してくれますか?」とプロポーズをしました。

Yさん付き合い始めたのが9月なので、記念して9月に婚姻届を提出することになっています。

お互いどんな家庭を築いていきたいですか?

Yさん常に笑顔でいてほしいですね。普通ですけど、明るい家庭を作っていきたいです。趣味が似てるので、一緒に楽しく遊んでいきたいなと思います。あと、私が今忙しくてドロップアウトしちゃいましたけど、一緒に資格の勉強をしたりしたこともあったので、また刺激し合っていければなと思います。

Mさんずっと健康で、お互いやりたいことを見つけて一緒に前に進んでいけるような関係でいられたならと思います。

長い期間入会したふたりだからこそ伝えたいアドバイス

最後に現在、結婚相談所で活動している方や、結婚相談所を検討している方に向けて、アドバイスをいただけますか?

Mさん僕は入会してたくさんの人と出会えたんです。でも時間を作って、会うことがしんどいときもあった。活動をしていれば、うまくいくときといかないときがあって当然です。疲れたら、活動休止のサービスもあるので、それを利用しながらでも続けてほしいなと思います。諦めずに続けていれば、必ず出会えると思うので。

Yさん私も同じく成婚退会するまで6年という長い期間がかかりました。でも、その中でお会いした人たちは、普通に生活をしていたら会えないよう方で、貴重な話が聞けたりするという経験ができたのもよかったなと思っています。最終的に、趣味が合う結婚相手を見つけられたのは、コンサルタントの存在も大きかったです。いつも親身に対応してくれたので、モチベーションが上がらないときや悩んだときに、抱え込まずに相談すると、「必ずあなたに合う人はいるから」と言ってくれて、その言葉に助けられました。

Mさんなんでも相談してみるっていうのは大事かもね。

Yさん確かに、何も言わないと「うまくいってる」と思われるからね。迷ったときは、なんでも相談してみるといいと思います!


お二人の年表

2021年 8月 初対面&初デート
9月 告白
2022年 3月 プロポーズ
9月 婚姻届提出予定

関連するキーワード

  • 30代
  • 40代
  • 静岡県
  • 岡山県
  • ご紹介書による出会い
  • 初婚

(2022年5月15日取材)

希望条件のマッチング結果を
入会前に見てみませんか?