婚活・結婚相談なら結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

アラサー女子の悩み・「恋愛がめんどう」に感じてしまうのはなぜ?

アラサー女子の悩み・「恋愛がめんどう」に感じてしまうのはなぜ?

■カラダは男性を求めていても、心では……

 

10代から20代前半の頃は、おしゃれや恋愛をがんばっていたのに、20代後半から疲れてしまった……。

そんなアラサー女子の心の疲れには、どんなことが関わっているのでしょうか。

恋愛科学研究所 所長の荒牧佳代さんは、著書『「こじらせ女子」のLOVEサイエンス♥セラピー』(ブックビヨンド)の中で、「アラサーは自分の人生を振り返り、考えはじめる心の女子力メンテの世代」と語っています。

 

20代後半から30代前半になると、生殖としての活動がピークに差し掛かってきますので、男性に対する意識も本能的に求めてはいるもののトーンダウンしてきます。20代の頃に恋愛もがんばり男性に対してアピールし続けてきた女性も、恋愛に対してどこか冷めた心で見るようになります。

 

巷では、この状態を「女子力低下」と表現します。女子力低下は、カラダの魅力の低下ではなく、心の問題なのです。カラダはむしろ、男性を受け入れるという意味では、アラサーの女性のほうがもっとも楽しめるでしょう。そんな矛盾した心とカラダのアンバランスさは、男性との駆け引きで起きる疲れが原因です。

※『「こじらせ女子」のLOVEサイエンス♥セラピー』(ブックビヨンド)より抜粋。

 

心が疲れてしまうと、「自分なんて…」と自信がなくなってマイナス思考にハマッてしまうことも。

その状態から抜け出すには、どうすればいいのでしょうか。

 

■男性との関わりで「女」として成長できる

 

荒牧さんは、恋愛から遠ざかるほど、心をこじらせてしまう可能性があると、この本で伝えています。

 

女性の恋愛は、はまる男性なくして語れません。男性との恋愛経験があってはじめて自分の男性に対する「女」としての心が成長できます。ですから、何らかの原因で、男性とずっと距離を置き続けていると、「自信がもてない」「うたぐり深い」「甘えベタ」になって、心をこじらせます。

「自信がもてない」のは、男性との関わりで支持してくれる「自分の良さ」を意識して磨くと自信につながります。

女性が「うたぐり深い」のは、受け入れる性だけに受け入れるものには慎重になるくらいがむしろ自然です。長く頻繁に会い続けてくれる男性との「信頼関係」からうたぐり深さは解消されます。

「甘えベタ」なのは、意図的なものではなく自然なものです。信頼のおける男性に「小さなお願い事」を少しずつ頼む習慣を身につけてみましょう。

※同書より抜粋。

 

 

男性は、「頼られる」ことに喜びを感じるといわれています。

本当は自分ひとりでできることでも、思い切って男性に甘えてみることで一歩踏み出せるかもしれません。

この本では、「恋が何なのかわからない」「見た目にコンプレックスがある」「セックスレス」など、さまざまな女性の悩みに荒牧さんが答えています。恋愛で誰にも相談できないモヤモヤを抱えている人は、チェックしてみて。

 

文:『恋活サプリ』編集部

連載 恋サプリTOPICS

関連する投稿

ライタープロフィール

恋サプリTOPICS

「恋活」「婚活」に関する気になるテーマ、旬のトピックスを取り上げるコラムです。

恋サプリ新着記事一覧
  • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

  • 恋愛力の強みと弱みを数値化

  • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

  • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

恋サプリの処方箋 一覧
恋サプリライター一覧