婚活・結婚相談なら結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

円満な夫婦になるために、絶対に言ってはいけないNGワード5つ

円満な夫婦になるために、絶対に言ってはいけないNGワード5つ

恋活サプリTOPICS【第11回】

あなたは、パートナーのちょっとしたひと言で傷ついた、または傷つけてしまった経験はありませんか?

付き合って長い時間を一緒に過ごしていると、遠慮がなくなって感情的な言葉を使ってしまい、それがもとで2人の仲が険悪になってしまうことも……。

「親しき仲にも礼儀あり」ということわざがあるように、大切なパートナーだからこそ、日頃の言葉づかいに気をつけたいですね。

 

では、パートナーに絶対に言ってはいけないNGワードとは?

ゲンナイ製薬が行った「夫婦の関係と夫婦の会話に関する調査」(対象:配偶者がいる20歳以上の男女・1000名)の、「もしもパートナーの口から発せられたら終わりだと思うセリフ」ランキングをご紹介します。

 

■NGワード上位は「人生を返して」「触れないで」

 

◆Q:「もしもパートナーの口から発せられたら終わりだと思うセリフ」は?

 

1位 「結婚しなければ良かった/人生を返して(結婚を後悔)」46.6%

2位 「触れないで!/生理的に無理(スキンシップを拒否)」36.4%

3位 「誰の稼ぎで生活していると思っている!(稼ぎを笠に着て強く出る)」29.1%

4位 「出て行け!/実家に帰る!(別れを匂わせる・宣告する)」29.0%

5位 「稼ぎが少ないくせに!(収入を批判)」23.7%

 

これらのセリフを読むだけでも、マイナスな気分になりませんか?

1位の「結婚しなければよかった」という後悔のセリフは、まるで「あなたを選んだのは間違いだった」と否定されたようで、冗談でも傷つきますね。

また、男女別にみるとランキングが変わり、男性の1位は「触れないで!/生理的に無理」が(42.0)%で、女性(30.8%)よりも高い割合だったそう。スキンシップ、好意を拒否する言葉は、相手に「愛情がなくなった」と受け取られる可能性があるので、使い方に注意したいですね。

さらに、「誰の稼ぎで生活していると思っている!」や「稼ぎが少ないくせに!」という収入についてのセリフも相手のプライドを傷つけてしまうNGワードです。

 

■円満な関係を保つために伝えたほうがいいことは?

 

では、パートナーから言われてうれしいのは、どんなセリフなのでしょうか?

同じ調査の「パートナー(夫・妻)に対して、思っているけど照れくさくてなかなか言えないセリフ」のランキングを見ると……

 

1位 「いつもありがとう/感謝しているよ」(41.7%)

2位 「愛している/大好き」(34.9%)

3位 「結婚できて良かった/幸せ」(23.7%)

4位 「一緒にいると落ち着く/安心できる」(16.2%)

5位 「あなたしかいない/あなたが一番」(15.6%)

 

これらはどれも相手の存在を肯定するセリフ。心の中に留めるのではなく、言葉にして伝えることで、お互いに愛し合っていることを実感できそうですね。

2位の「愛してる」は照れくさくてなかなか言えなくても、1位の「いつもありがとう」「感謝しているよ」は、すぐに言えるセリフなのではないでしょうか。

「家事を手伝ってくれた」「プレゼントをくれた」など、特別なことをしてもらったときに限らず、日々の当たり前のこと、例えば「料理をいつも作ってくれてありがとう」「家族のためにがんばって働いてくれて、感謝しているよ」と、伝えてもいいですね。

 

※参考データ:「夫婦の関係と夫婦の会話に関する調査」(ゲンナイ製薬調べ)

 

(文:『恋活サプリ』編集部)

連載 恋サプリTOPICS

関連する投稿

ライタープロフィール

恋サプリTOPICS

「恋活」「婚活」に関する気になるテーマ、旬のトピックスを取り上げるコラムです。

恋サプリ新着記事一覧
  • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

  • 恋愛力の強みと弱みを数値化

  • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

  • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

恋サプリの処方箋 一覧
恋サプリライター一覧