婚活・結婚相談なら結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

絶対に言ってはいけない! 男性への「ほめ言葉」のタブー2つ

絶対に言ってはいけない! 男性への「ほめ言葉」のタブー2つ

恋活サプリTOPICS【第8回】

相手を「ほめる」ことは良いことといわれますが、ほめ方を間違えると逆効果になることも。男性に言ってはいけないNGワードをチェック!

■男性が傷つくNGワードとは?

ほめたつもりなのに、相手の男性にムッとされて場の空気が悪くなったことはありませんか?

『初対面の男ゴコロを引き寄せる「褒め言葉」実践マスター』(ブックビヨンド)で、著者のリフレッシュコミュニケーションズ 代表の吉田幸弘さんは、次のようにアドバイスしています。

 

ほめ言葉は武器にもなりますが、時には凶器にもなるので注意が必要です。ここで、その例を挙げながら説明していきたいと思います。

 

・体格のいい人へのほめ方のタブー

「恰幅(かっぷく)がいいですね」

「貫禄がありますね」

 

ビジネスではほめ言葉と思われているこの言い回しですが、女性から男性に言うと、「太っている」「老けている」と思われたのではないかと男性は感じますので注意が必要です。

「胸板が厚いですね」と、胸板に意識が向けられたほうが男性としてはうれしいものです。

 

・以前よりカッコよくなった人へのほめ方のタブー

「前のほうがよかったですよ」

 

髪形を変えてみた、トレーニングで体を引き締めた、そのような努力を否定してはいけません。人は認められたい願望があります。

女性に「キレイになりましたね」と伝えるのはNGのほめ言葉ですよね。でも、男性は気にしません。「カッコよくなりましたね」と言えば、俺カッコよくなったかなと前より進歩していることを喜びます。

(『初対面の男ゴコロを引き寄せる「褒め言葉」実践マスター』より抜粋)

■他にもある! 気をつけたいNGワード

そのほか、男性との会話で使わないほうがいいNGワードとして吉田幸弘さんが挙げているのが……

 

・「はい、はい、はい」

→3回以上、相槌を繰り返すと「早く話を終わらせて欲しいというサイン」になり、相手が気分を害する。

 

・「それは知ってる」

→「知っているから話さなくていいよ」とシャットアウトされたように感じる。

 

・「でも」「どうせ」「だからさぁ」

→これらの否定ワードを使われると、話が止まってしまう。

 

どれも、つい使ってしまいそうな言葉。自分では意識していなくても、上から目線に受け取られないよう、気をつけたいですね。

 

『初対面の男ゴコロを引き寄せる「褒め言葉」実践マスター』には「ほめるポイント」や「相槌の打ち方」、「TPO別ほめフレーズ集」なども書かれています。「ほめ上手になりたい」という方は、参考にしてみて!

 

(Text:『恋活サプリ』編集部 掛川ゆり)

連載 恋サプリTOPICS

関連する投稿

ライタープロフィール

恋 サプリTOPICS

恋サプリTOPICS

「恋活」「婚活」に関する気になるテーマ、旬のトピックスを取り上げるコラムです。

恋サプリ新着記事一覧
  • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

  • 恋愛力の強みと弱みを数値化

  • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

  • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

恋サプリの処方箋 一覧
恋サプリライター一覧