婚活・結婚相談ならイオングループの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

「ゆるい服」ばかり着ると、ボディまでゆるむって本当!?

「ゆるい服」ばかり着ると、ボディまでゆるむって本当!?

ワタナベ薫の「ありのままの私で幸せになるエッセンス」【第11話】

ウエストがキツくなったから、ゆるめの楽なスカートやパンツを選ぶ……。その「服選び」に、体のたるみをつくってしまう原因があるのかも!?

メンタルコーチのワタナベ薫さんが、理想のボディラインをつくる、とっても簡単な方法を教えてくれました。

■ゆるい服ばかり着て楽をするとボディラインが崩れる

肌があらわになる季節になりましたね。この季節に慌ててエクササイズをしたり、痩身のエスティティックサロンに行ったりする方もいらっしゃるようですが、肌があらわになる以前から常に引き締まったボディを意識し、そしてキープしていたいものです。

 

年齢とともに、体のラインは変わってきます。基礎代謝が落ちるので、以前と同じ食生活、運動をしていても、なかなか脂肪が燃焼せず、たるんだりポッチャリしてきたりします。20代の頃は、「あれ? ちょっとポッチャリしてきた。痩せなきゃ」……なんて思っただけで、簡単に2、3kgは痩せることができましたが、30代後半くらいからは、「2kgの壁」と私は呼んでいますが、なかなか最初の2kgが痩せないものです。

 

そんなとき、ウエストがキツくなったからといって、そのウエストに合わせた洋服に買い替えていませんか? それが元のサイズに戻らなくなる大きな原因となります。

 

心をゆるめるために、体をゆるめる。そして、締め付けないゆるい余裕のある服を着る、なんてことがすすめられています。締め付けがない下着や服装は、本当に本当に楽でして、体もまたどんどん楽な方に向かっていきます。

 

簡単に言えば、着用した服のカタチやサイズに体はなろうとしていくのです。ですから、ゆるい服ばかり着ていますと、どんどんボディラインが崩れていくのです。特にウエストは、数日間で影響が出ます。ゴムのスカートやパンツばかりを履いていますと、くびれがすぐになくなります。

■太ったからといって、服のサイズを変えていくと……

体は非常に素直です。服のサイズに体が合わせようとします。私たちは、太ると、すぐに体に合わせたサイズの服にチェンジします。だから、体はもっともっと大きくなるのです。普段、体のラインを見せず、隠してばかりいると、体は怠けて、服のラインに合わせたボディラインになっていきます。

しかし、「意地でも、このサイズ以上大きくならない!」と決めて、そのサイズに体を合わせようとしてみる。するとどうでしょう? 体は、「あれ? これ以上、広がれないの? じゃあ、この辺で止まっておくか」というようになるのです。しかし、逆に、ちょっとキツくなったくらいで、サイズを大きくすると、体は、そのサイズに合わせようとします。

 

また、最近では、量販店から出ているブラ付きキャミソールたるものが大人気です。しかし、それらのブラキャミは、バストの脂肪が正しい位置に固定されませんので、いつの間にか、バストさえも、脇に脂肪が流れて行き、メリハリがなくなっていくのです。なんだか怖いですね(笑)。

そのことを実証する一つの実験がありました。それは、あるTV番組の主婦数人による実験で、ウエストをある一定の時間、ロープかヒモで縛って生活するというもの。その後のウエストに変化があるかどうかを調べていました。

 

結果は、全員ウエストが細くなったのです。ほとんどが3cmから5cmくらいは痩せていました。そのロープを縛った位置はウエストである!という意識は、そこに脂肪を寄せ付けないのかもしれませんね。

■Sサイズも夢じゃない!?  なりたいサイズの服を家で着てみる

私が皆さんに理想のボディラインをゲットするために、おすすめしている方法があります。私はそれを、『リアルイメージトレーニング』と呼んでいます。何をするかと言いますと、なりたいサイズの服を買って眺めてみたり、ときどき着用してみたりします。

私は、以前、下半身だけがLサイズでした。特に太ももがこれまたすごい太い。しかし、ある日、決意したのです。「履きたかったのに避けていたスキニーを履きこなす! スキニーを履いて、ブーツインする!」と。そのときにやったのが、この方法。ワンサイズ小さな、ストレッチがきいたスキニーを家で履き続けることです。

最初ピチピチだったLサイズのスキニーはいつの間にかMになり、Mが普通にはけるようになると、さらに次はSサイズにチャレンジ、最初キツくても、体はSサイズになろうとがんばりました。

体は、そんなふうに服に合わせてくれるものなのです。(ただ、長時間の締め付けはおすすめいたしません。血流やリンパ液の流れなどが滞ってしまうからです)

意外に簡単なダイエット方法ですよね? 意識が変わると、体型も簡単に変わるものなのです。

そして、最終目標の小さなサイズの服は、ちゃんとしたお高い物にすることをおすすめします。なぜなら、せっかくの高くてお気に入りの服が、着られなくなったらイヤですよね?

「せっかく買った高い服を無駄にしたくない!」というのがある種のモチベーションになり、心も体もその服を着られるように求めていくのです。

ゆるい服を着るのはリラックスするときくらいにしていて、普段の活動する時間には、体のラインがある程度出る服で過ごしてみてください。これが体のラインをキープする方法なのです。

連載 ワタナベ薫の「ありのままの私で幸せになるエッセンス」

関連する投稿

ライタープロフィール

ワタナベ薫

ワタナベ薫

メンタルコーチ。(株)WJプロダクツ代表取締役。美容、健康、メンタル、自己啓発、成功哲学など、女性が内外面からキレイになる方法を独自の目線で分析し、配信している。著書は、『生きるのが楽になる「感情整理」のレッスン』(廣済堂出版)、『探すのをやめた瞬間、“運命”の人はやってくる』、『なぜかお金を引き寄せる女性39のルール』(ともに大和出版)など多数。
公式ブログ:『美人になる方法』

http://ameblo.jp/wjproducts1/

恋サプリ新着記事一覧

  • イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

  • 理想の相手と出会うために
    まずは、自分の恋愛傾向を知ることから。

恋サプリの処方箋 一覧

恋サプリライター一覧